JAZZを身近な音楽に~JAZZを通じて、実り多く、心豊かなライフスタイルを~【第7回】段取り八分、仕上げ二分 ~経験を積む~

カテゴリ:副業女性・主婦業界別音楽起業 |  更新日:2016.10.20

ito_aya_kv

名古屋を中心に活動中、JAZZボーカル伊藤綾です。

前回の記事は、人脈を新規に広げる際、そして交流を深める際に気を付けている事、私が意識していることを書いていきました。

・自分に自信を持つ。

・自分の思い、やりたい事を周りの方に伝える。

・相手に選ばれるよう己を磨きつつ、同時に、自分自身も付き合う相手を選ぶ。

・一生涯のおつきあいを前提に、交流する。

今回は、経験不足、そして世間知らずの自分を変えるために自信をつけるために、行動した事を書いていきます。

素直であること

音楽と言えども、ビジネス。起業するための知識、経営者の考え方を身に着けるために、あらゆるを読みました。

松下幸之助さんから始まり、同じ名古屋でご縁をいただいた、アタックスの横山信弘社長など、経営者の本。7つの習慣や、ドラッカーの本。同性ということで、勝間和代さんの本。ひょんなことからご縁をいただいた弁護士の高井伸夫先生や、コンサルでお世話になった鮒谷周史さんの本など。

ビジネス本だけだと偏ってしまうので、時に心に栄養補給も必要。笑ったり、泣いたり、腹を立てたり、喜んだり、共感しながら読める小説も好きです。有名どころだと、宮部みゆきさん、東野圭吾さん、伊坂幸太郎さん、有川浩さんなどなど。書いていくときりがないので、いつかブログで取り上げるとして。

人からおすすめされたもの、ネットや雑誌で見かけて面白そうだなと思った本は、片っ端から購入。読んで、なるほどと思った事は、即実践するようにしていきました。特に気を付けている事は、素直であること。

「雨が降ったら傘をさす。」

面倒くさいな。なんて感情に負けて、やるべき事を後回しにしそうになった時、松下幸之助さんの言葉を思い出し、雨が降ったら自然と傘をさすように、素直に物事に取り組んでいくようにしてます。

判断基準を明確に

私の提供する音楽は、形のないもの。私自身が自分たちの提供する価値に絶対的な自信を持って「最高!」と思っていても、経験不足なため、なかなか相手に伝えることができませんでした。そのためまずは、自分自身の経験値をあげるために高いものを買ったり、高額なサービスを受けたりするうちに、だんだんと

「相場」

がわかってきます。例えば、下町のレストランの800円のランチと高級なレストランの5000円のランチ。1泊5千円以下と1泊5万円のホテル。その差は、何が違うのか。同じセミナーでも、3千円のものと。20万円のものでは、どう違うのか。を意識しながら経験を積むと、

この金額でこの商品?!

「お値打ち!(嬉)」

と思うものもあれば、

この金額でこの商品?!

「ぼったくり!(怒)」

自分なりの判断基準ができます。金額だけ見たら「高価」なサービスやモノに対しても、「良いものは、良い。」と感じたら、ためらいなく、お金を払えるようになりました。すると不思議なもので、お金じゃなく、価値に重きを置く方と出会い、交流する機会が増えていきます。

額面上ではなく、価値に対しての対価としてお金を払う方なので、私たちのライブやパーティーに参加し、楽しんでいただけると、心強い応援団に。少しずつファンの方が増えていくと同時に、自信もついていったように感じます。

やはり、人と会うことが一番、自分が磨かれます。この人に会ってみたい。と思ったら、その方が講演するセミナーや勉強会にはガンガン参加し、名刺交換させていただくようにしました。その際に、何かしら相手に喜んでいただく事をするようにしました。例えば本を出版されてる方なら、お会いする前に本を読み、名刺交換させていただく際に読んだ感想を伝え、サインを求めると大抵の方は、喜んで応じてくださいます。

中でも一番、この方はすごいなと感激したのは、弁護士の高井伸夫先生。

高井先生のブログ、「無用の用」

http://www.law-pro.jp/weblog/

高井先生とのご縁をいただいたきっかけは、長くなるので割愛しますが、初めてお会いして。名刺交換の際に、高井先生の本の中で一番好きな本、「仕事で人は成長する」を持っていき、サインをお願いしたら、

「ジャズ歌ってるの?名古屋のどこらへんで?」

「金山です。」

「じゃあ、金山にジャズが好きな人がいるから、紹介してあげるよ。携帯、貸して。」

その場でその方に電話をかけてくださり、

「高井です。今ね、金山でジャズ歌っている子と知り合ったから、代わるね。」

はい、と携帯を渡される。思いもよらない展開に、戸惑う私。え?電話の相手、どなた??どうしたらいいの??と思いながら、電話を受け取り、

「初めまして、名古屋でジャズボーカルをやってる伊藤綾です。」

ご挨拶させていただいて、電話を終えると

「後からこの人の連絡先送るから。」

とおっしゃった翌日、すぐにメールで連絡先を送ってくださったのです。ご紹介いただいた方は、とても有名な食品関係の会社の経営者様。初めて会ったばかりの、どこの馬の骨ともわからない私に、そんな方を、ぽんっと紹介してくださった高井先生。

もちろん、高井先生のように素晴らしい方ばかりではありません。利用しようと近づいてくる人もいれば、悪意なくこちらのパワーを奪う方もいます。いろんな方とお会いすると、いろんな考え方にも触れるし、いい事も嫌な事もあり、おのずと自分も磨かれていきます。

すると、だんだん相手の「本質」が見極められるようになります。経営者だからといって、素晴らしい人ばかりでもなく。逆にサラリーマンでもありながら、仕事への情熱に燃え、有能で、義理堅い方もいらっしゃいます。付き合う人を選ぶ「判断基準」が自分の中でできあがってきます。

お会いした中でも高井先生は、ダントツに素晴らしいお方。お元気かな。先生のようになりたいと思った感激を思い出し、最近の不義理をお詫びがてら、連絡しようと反省しつつ、今回の記事を終わります。

今回お伝えしたい内容

・本を読む:知識を身に着ける。

・実践する:得た知識を検証する。

・高額商品、高額なサービスを受ける。:上質なものに触れる。世間の相場を知る。

・人に会う:人脈形成と同時に、いろんな考え方に触れる。

今回の記事も読んでくださりありがとうございます。少しでもお役に立つことがありましたら、幸いです。

次回は、音楽活動においてどんな経験をつんでいったのか、書いていく予定です。お楽しみに。

今日も良い一日を。そして良いJAZZを。


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ステップメルマガ
無料相談実施中!
先輩起業家の起業ノウハウ
会員登録をして助っ人ツールを活用

ページ最上部へ

メニューを閉じる

パスワードの再発行はこちら


新規登録はこちら