弁護士法72条等の規制との関係について

弁護士法72条の規制との関係

当社が運営する起業メディア「助っ人」(以下「本プラットフォーム」といいます。)において提供するサービス(以下「本サービス」といいます。)は、弁護士法72条の規制に違反するものではありません。

弁護士法72条

弁護士法72条は、「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない」と規定しています。
本サービスを利用する会員(以下「サービス会員」)は、、本プットフォーム「助っ人相談」を通じて専門家会員である弁護士等の士業に相談し、契約書の作成など等の業務を依頼することができます。専門家会員である弁護士等の士業への個別の案件において、当社はサービス会員、専門家会員いづれからも対価を受領するものではありません。
また専門家会員、サービス会員が本プラットフォームを有料会員として利用する場合は、当社へ定額のシステム利用料を支払うことになります。しかし定額のシステム利用料は、有料会員向けサービスを利用する上で必要な対価であり、個別の案件と対価性はありません。
よって、当社が本サービスを運営するにあたり弁護士法72条が規制する法律事務の周旋について報酬を得るものではありませんので、同条の規制に違反するものではありません。

ページ最上部へ

メニューを閉じる

パスワードの再発行はこちら


新規登録はこちら