フランチャイズの成功に欠かせない従業員満足(ES)!ESの高いFC本部を選択するための4つの視点とは?

更新日:2018.01.12

この記事は、7分で読み終わります。
ポイント1:フランチャイズの成功に欠かせないESがわかる!
ポイント2:フランチャイズのES評価ポイントがわかる!

日本のビジネス界を席巻する、従業員満足!

今日本では、従業員満足(Employee satisfaction=ES)の向上を、会社の経営方針にする企業が増えています。従業員満足(ES)とは、働く従業員の給与等の待遇面、仕事のやりがい等の業務面、人間関係等の職場環境面などに対して、従業員がどれぐらい満足しているのかを把握するもので、その向上とは、満足度の結果を反映させながら従業員が最高のパフォーマンスを発揮できる企業体質に変換することをいいます。

ではなぜ、従業員満足(ES)の向上を目指す会社が増加しているのでしょうか?それは長年、日本の企業が標榜してきた、顧客満足(Customer satisfaction=CS)を目指すだけの経営では、限界になったからです。顧客満足(CS)の代表的な「お客様第一主義」という非常に耳触りのよいフレーズは、もしかしたら日本で設立された会社ならば、少なくとも一度位は、その会社の経営方針のキャッチコピーに使用したのではないかと思われる位、それほど聞き覚えのあるポピュラーなものです。実際にわが国では、まだ多くの会社がこのフレーズを使用しています。

しかし、時代が変わりました。顧客満足(CS)という概念から、従業員満足(ES)という概念に、企業経営の指針を変更することがトレンドになり、実際、顧客満足(CS)よりも、従業員満足(ES)を目指す会社の方が、高い業績を実現しています。


あわせてこちらもお読みください。
フランチャイズオーナーが知っておきたい労務関係の基礎知識~勤務条件編~

なぜ顧客満足よりも従業員満足の方がいいのか!?

それではなぜ、顧客満足(CS)を志向するよりも、従業員満足(ES)を志向するほうが、会社経営として成功するのでしょうか?それには主に二つの理由があります。一つは、顧客ニーズの多様化です。
消費者個人の欲求が多面化したため、これまでの会社vs個人(顧客)という図式から、個人(従業員)vs個人(顧客)という図式になったことです。
 

この記事には続きがあります

続きを読むには会員登録が必要となります。

新規登録はこちら


プロフィール

中川 強

中川 強

大谷大学哲学科卒、そごう百貨店に入社。大手フランチャイズチェーン(FC)本部を経て、起業家を育成するコンサルタントとして独立。FC本部出身のコンサルタントにはない経験を磨くため、自ら飲食店系FC本部を立ち上げ計22店舗展開。自らも教育系FCに加盟し計17教室を展開した。現場に強いコンサルティング相談を打ち出し計52フランチャイズチェーンの各種FC企業の全国展開に寄与した。著書に「こうすれば成功するフランチャイズ起業」(自由国民社刊、2007年)など。


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる