経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

大分県でIUJターン・移住・起業する方必見!押さえておくべき基礎知識

ポイント
  1. 大分県の気候、観光・地域資源、交通情報
  2. 大分県の主要産業、有名企業
  3. 大分県で起業するために役立つ情報

目次 [非表示]

概要

iStock-175554273

大分県は九州地方の東部に位置し、面積は6340㎢、人口約120万人が暮らしています。西部には九重連山、南部には祖母山・傾山がそびえており、山地の占める割合が大きく、平野部は大分市や中津市、佐伯市の周辺などごく限られた地域に分布しています。

大分県は温泉県として有名で、その源泉数は4,538ヶ所と日本一の数を誇っています。さらに湧出量も291,340L/分とこちらも日本一です。全国的にも有名な「別府温泉」や「由布院」など多くの観光客が集まります。

また、地熱発電の発電量も日本一で、栽培、養殖などの産業、食文化、美容やと医療に至るまで豊かな温泉の恵みが幅広く活かされています。「日本一のおんせん県おおいた」をキャッチフレーズに大分県をアピールするキャンペーンを行なっています。

気候

大分県の1年の平均気温は17.6℃と温暖な気候であることが言えます。県内の気候は4つに分布されており、北部・中部・西武・南部によってその特徴は異なります。

北部は、関門海峡からの北西の季節風の影響を受け冬季は曇りの日が多いのが特徴です。中部は、北西部にある山地の影響で、冬季は北部や西部に比べて天気がよいとう特徴があります。西部は県の内陸部に位置しており、夏季は雷雨が多く、秋から初冬にかけて盆地で霧が発生します。南部 は県内では最も温暖多雨で、夏季に大雨が降ることがありますが、冬季は晴天が多いという特徴があります。

交通

iStock-531755789 (2)

大分県へ行くには飛行機での移動がおすすめです。東京ー大分は、約1時間55分で移動することが可能です。大分から大阪までは約1時間。名古屋までは約1時間15分と主要都市へ比較的短時間でのアクセスできます。さらに、福岡県から別府駅までは新幹線で約1時間25分ほどでの移動が可能です。

観光

iStock-1081391114 (1)

大分県は前述したように、温泉が多いことで全国的にも有名です。「由布院温泉」は、国民保養温泉地に指定されており、すぐそばに聳える標高1,584mの由布岳の恵みを受けた豊富な湯量を誇っています。

さらに、標高1,375mの鶴見岳とその約4km北にある標高1,375m伽藍岳標高の2つの火山によって湧き出ている「別府温泉」の全国的に高い知名度を誇ります。自然湧出の源泉をめぐる「別府地獄めぐり」なども行なっており、別府市には毎年800万人を超える観光客が訪れています。

主要産業

大分県の主要産業は、鉄鋼業、化学工業、石油製品・石炭製品です。武器用火薬類、酢酸ビニルモノマー、医療用品などの出荷額が全国で1位となっています。高度成長期に大分市が新産業都市の指定を受けて大分臨海工業地帯が形成されたことから、全国平均に比べ第二次産業の占める割合が高いという特徴があります。

また、近年では、大分市や大分空港周辺に電子工業等の立地が進む一方で、県北部では、隣接する福岡県東部とともに、自動車関連企業が集積しています。

農産物では、干し椎茸及びかぼすが生産量日本一で特産となっています。中でも、高級品として珍重される身が厚く表層に星型の亀裂が入る干し椎茸の冬菇(どんこ)が名産です。野菜の産出額は、白ねぎ、こねぎ、トマト、いちご、ブドウ、ハウスみかん、かぼすなどの収穫も行われています。

起業情報

大分県では12600人の起業家が活躍しています。

創業支援施設(ベンチャーファクトリー大分)入居者向け補助金

民間賃貸オフィス等の施設を「大分県ベンチャーサポート施設」として指定し、これら施設に入居し、創業、新事業展開する事業者等に、入居賃料や事業経費の一部補助などを実施することにより、創業期における課題解決に向けた支援を行っています。

対象者
・創業予定者、または申請時点で創業5年を経過していない者      
・指定施設(当補助金の募集期間内に追加で指定された施設を含む)に本社機能(個人事業 の場合は事業拠点)を置く者、またはその予定の者
・入居予定者においては、認定後、早くに指定施設への入居手続きが可能な者
・事業計画に新規性・将来性・成長性・公益性などが認められる者
・県税の滞納がない者
・本事業の趣旨を理解し、県及び施設運営者が実施する支援事業等に協力をする者
・暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条 第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)または暴力団(同法第2条第2号に規定す る暴力団をいう。以下同じ。)若しくは暴力団員と密接な関係を有する者でないこと。

大分県のHPより抜粋)
 

iStock-910081140 (1)

移住に関する情報

大分県では各市町村ごとに移住に関する支援を行なっています。

豊後大野市宅地分譲

豊後大野市では、坪1万円!という低価格で宅地を分譲しています。さらに、UIターン希望の方が住宅を建設する場合、市内業者による建設だと、150万円の持家取得助成金を受けることができます。さらに、引越費用補助金もあり、最大で20万円までの補助を受けることができます。移住奨励金の制度もあり、最大で10万円を補助を受けることができます。

お試し暮らし施設

各市町村では、移住前に大分県での暮らしを体験する頃ができる移住体験施設を常設しており、移住に関する情報を得ることができるイベントを行なっています。

詳しくは、大分県移住・交流ポータルサイト「おおいた暮らし」をご覧ください。

おすすめの関連記事

九州での起業を考えている方!
鹿児島県でIUJターン・移住・起業する方必見!押さえておくべき基礎知識!

地方×ベンチャー起業
福岡県や福岡市のベンチャー起業支援を考える

関連記事