経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

劇的に変わった事業の立て方。起業のコストやリスクはアイデア次第

ポイント
  1. 事業の立て方が変わってきている
  2. クラウドファンディングのいいところ

目次 [非表示]

変わる?!事業の立て方

今年、大阪のお客さんと一緒に心斎橋の軒下や駐車スペースで飲食サービスを仕掛けようと思っています。明らかに事業の立て方が変わってきています。

優先順位として、まず最初に不必要なリスクは負わないで、しっかりと美味しいラーメンをつくれるか?に集中します。多くの起業家が美味しいラーメンをつくることができないのに、トイレにウォシュレットをつけるかどうかのような議論をしています。優先順位が全く違いますよね。(本当に大切なことに決定的に集中しましょうの意味)

これはいつの時代でも共通のはずです。

ここで言っている不必要なリスクというのが、飲食を僕がやる場合には、まず、店舗を出してなどということはありません。まず最初にリヤカーや移動販売のような形、もっといってしまえば、店舗なくして、商品を見てもらい、食べてもらい、それがマーケットにフィットするかを最速で、最優先で確認をします。

常設の形で、固定費を持つ必要がないですし、いわゆる一般的な不動産を借りる際にかかるような初期の大型のコストは一切かかりません。例えば、食フェスやイベントなどに出してみてマーケットにぶつけてみるということでもよいかもしれません。また、今の時代であれば、シェアリング系のサービスを使うだけで1日たった数千円で場所を確保することもできるわけです。

参考:私に使わせて! 空き場所にニーズ(ここ掘れ日本の宝)

資金だけじゃない!クラウドファンディングの良いところ

かつての飲食店をやろうとした場合には、博打的に飲食店をやっている人が多かったわけです。自己資金を貯めて、店舗を借りて、内装かけて、設備を整えて、不足分は公庫や保証協会融資で借入してのような形で。うまくいくかは、誰も知らない。お店を開いてみなくてはわからないという感じで。

今だったらどうでしょうか?

この記事には続きがあります

続きを読むにはメルマガ登録(無料)が必要です。
入力はメールアドレスだけ!10秒で登録完了!

メルマガ登録がお済みの方はこちらからログイン

メルマガ登録

登録することで、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものと見なされます。

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

株式会社ウェイビー代表取締役社長
徳島大学客員教授
世界経済フォーラム(ダボス会議)メンバー


慶應大学卒業後、23歳の時、病気をきっかけに、小学校親友4名、資本金5万円で起業。

10年間で10,000人を超えるスモールビジネス支援の実績を誇り、
スモールビジネスが、「早く、大きく、強く」育っていける01クラウドシリーズを展開。

経営、マーケティング、マネジメント論に定評があり、全国多数の経営者に慕われ、
銀行、経営者団体、上場企業などからの講演実績も多数。

「自分で稼ぐ力を身につける本」や「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書6冊。
日経新聞、エコノミスト、NHKなどメディア出演多数。