総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

魔法のことば 結局は何がしたいのか?がヒット商品を生む

ポイント
  1. アイデアを研ぎ澄ましていくためのキーワード
  2. お金はあなたや会社を成長させるもの
  3. お金を使って、自己成長をしよう!

目次 [非表示]

アイデアを研ぎ澄ましていくためのキーワード

アイデアをどのようにして、研ぎ澄ましていくのか?ヒットする商品やサービスが生み出されるまでには、どのような過程を経ているのか?

アイデアは生まれたままの状態では余分な脂肪がついているような状態です。余分な脂肪を取り除くことが必要になります。余分な脂肪を落とすためのキーワードとして、「結局は何がしたいのか」ということを繰り返し、繰り返し、問うようにしてください。

結果として、「お客さんの課題が何なのか」ということがかなりシャープになっていきます。また、いろいろな人に自分のやりたいこと、やろうとしていることを話していくことも有効だと思います。なぜならば、話しているうちに説明の仕方やうまくなったり、思考が整理されたり、話している中で、口から出てきたことが、「あっ、実はそれが自分のやりたいことだ」という感じで出てくることがあります。

結局は何がしたいのか?を問いつつ、研ぎ澄まされた課題解決のために、まず圧倒的にソリューションとなりうる機能、特徴を磨いていくことをします。このソリューションはマストなソリューションです。あったらよいなというソリューションを、サービス立ち上げ当初からくっつけることはいけません。無駄に時間やコストがかかってしまったり、サービスをお客さんが見た際に、何の強みや課題解決のサービスなのかがわかりにくくなってしまいます。極めてシンプルに、でも、熱狂的にそのソリューションと使ってもらう、効果を生むことを意識しましょう。

※有名な話ですが、フェイスブックは今では1万以上の機能があると言われていますが、2004年当時の初期バージョンでは、機能としてはたったの8つしかありませんでした。メッセージや、POST機能、通知、ウォール機能などはありませんでした。あとで付けたわけです。

お金はあなたや会社を成長させるもの

僕は、会社や事業の成長=自分の成長だと思っています。あまり売上がない、良い商品やサービスをつくれないということを、何となく、客観的に捉えてはいけないような気がしています。それは、客観的な事柄ではありますが、結局はあなたが起こしている問題なわけです。そのため、全てはやはり自分の責任なんだということです。

起業家として、経営者として、常に、自分の成長、会社の成長を考えるべきだと思っています。何のための成長かといえば、お客さんを激烈喜ばすことや、良い世界をつくるため、理念の実現のための成長です。
 

こちらも合わせてお読みください
”圧倒的な自分の志を持っているか”が、イノベーションを生む確率を高める

この記事には続きがあります

続きを読むにはメルマガ登録(無料)が必要です。
入力はメールアドレスだけ!10秒で登録完了!

メルマガ登録がお済みの方はこちらからログイン

メルマガ登録

登録することで、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものと見なされます。

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

慶應大卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、 資本金5万円で起業。 お金がなかったため、知恵を絞った伊藤独自のマーケティング手法を多数考案。 8年間で、累計10,000件を超える起業・その後の事業支援に関わり、 全国、北海道~沖縄までコンサル先累計500社超を抱えるまでに成長。 全然売れていない(月商0-100万円)小さい会社や個人事業主の売上を 数か月~2年の間で、年商数千万円~10億円を超えるところまでに持ち上げた実績でいえば 国内でも間違いなくトップクラス。  2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書5冊 NHK、日経新聞、エコノミスト、夕刊フジ、日刊工業新聞、CCTVなどメディア出演多数。