総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

起業のアイディア生み出そう!ブレインストーミングの正しい使い方!

ポイント
  1. ブレインストーミングとは?
  2. ブレストはどんな時に使う?
  3. ブレストの正しい使い方

目次 [非表示]

新サービスや新商品についての会議をしてもなかなか斬新なアイデアが出てこない。時間だけがダラダラと過ぎて、メリハリのついた会議が出来ない。そんな時にぜひ実践してほしい会議方法がブレスト。今回はそんなブレストの使い方を紹介してみたいと思います。

ブレインストーミングとは?

ブレストとはbrain stormingの略で、アレックス・F・オズボーン氏によって考案された、自由な会議でより良いアイディア出しを可能にしようという会議方法です。参加者の自由な発言をみんなで発展させ、独創的なアイディアを生み出すことを目的としています。

こちらもあわせてお読みください。
起業のアイディアを生み出そう!なぜなぜ法の正しい使い方!

ブレストはどんな時に使う?

ブレストといえば、新サービスや商品開発についての会議にももちろん有効ですが、例えば既存のSNSサービスに新たな機能を追加する場合や、商品の改善案を出す場合など、従来のコンテンツの改善案を出したり、システムの問題解決についての会議でも力を発揮するので、様々な面で活用することができます。

ブレストの正しい使い方

それではさっそく具体的な使い方を見ていきましょう。
ブレストには必ず守ってもらいたい4つのルールがあります。

1.批判しない
出たアイディアに対して良し悪しの評価はしない。どんなアイディアでも絶対に批判しないことが大切です。批判しないことによってどんな案でも言いやすくなります。その雰囲気が思いもしない独創的なアイディアを生み出す一歩です。

2.自由奔放
馬鹿げたようなアイディアでもとにかく発言してみることが大切です。くだらない、しょうもない、実現不可能だ、など自分で決めつけて発言しないのではなく常識にとらわれずに自由に発言していきましょう

3.質より量
当たり前の案でも次々にリズムよく出していくことも大切です。優れたアイディアだけを出そうとするのでなく片っ端から出し尽くしていくイメージでやりましょう。もうこれ以上出ないのでは、と思った時にぽろっと出たアイディアこそ、独創的なものになることも。

4.結合改善(便乗歓迎)
ブレストの最大の特徴は自分一人で思い浮かばないことを他の人のアイディアと組み合わせて新たな発想に転換するというところにあります。なので誰かの出したアイディアにはどんどんのっかって行きましょう。例えばそのアイディアは金銭的に無理じゃないか、と思った場合はこうしたら金銭面の問題を解決出来るのでは?という風にそのアイディアに自分のアイディアを結合させ、改善していきます。

この4つをきっちりと守ることで初めてブレストは機能します。
人数は3〜10人程度が良いとされています。立場や年齢、職業などは問いません。むしろバラバラな方が新しいアイディアが生まれやすいとも言えます。ブレストをするにあたって突然始めるのはあまり効果が期待できません。やる前にはきちんと予告して事前準備をすることをお勧めします。目的を事前に提示してあげることによって期待できます。

ブレストをする際には時間を決めて行うと良いでしょう。短時間で集中してすることにより、気合いも入りますし、メリハリもつきます。出たアイディアはホワイトボードに羅列して視覚化すると分かりやすいですね。

まとめ

いかがでしょうか?
ブレストは相手が言ったことから発展させることで自分だけでは思い浮かばないアイデアを出すことができます。つまり、立場や年齢や職業などがバラバラであればあるほどそう言った化学反応は起きやすくなるのではないでしょうか?
自分が発言した何気無いアイディアが膨らんで行くのを見ると自信にも繋がりますよね。とにかく恥ずかしがらずリラックスしてやりましょう。意見を出しやすい雰囲気作りを心掛けて行うとアイディアもどんどん思い浮かぶこと間違いなしです!

おすすめの関連記事

ーアイディア1つで起業が変わるー
起業のアイディアを生み出そう!欠点列挙法の正しい使い方!

ーセブンクロス法を駆使して新しいアイディアを生み出そう!ー
起業のアイディア生み出そう!セブンクロス法の正しい使い方!

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事