総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

公認会計士さんのマーケティング戦略

目次 [非表示]

 今回は公認会計士が集客・マーケティングで成功する方法を整理してみたいと思います。

公認会計士の経営戦略

 まず、公認会計士の経営戦略として重要なのが売上を増やすことです。具体的には、顧客数を増やすこと、単価を上げることがポイントになります。そのためには、以下のようなマーケティング方法が効果的だといえます。

①インターネット集客

 最近では、高齢者の方も含めて、多くの人がインターネットを活用しています。多くの人の目に触れるビジネスを展開するためには、インターネットの集客対策は力を入れるべきところになってきます。

 現在は、多くのウェブサービスを活用できます。例えば、youtube、Facebook、Twitterなどがあげられます。これらのソーシャルメディアを利用する人が増加を続ける傾向にあるため、ホームページを上手に利用した集客が重要です。

 ちなみに、沢山のソーシャルメディアの活用も大切だと言えますが、多くのものに手を出してしまうと、どれここれも中途半端になってしまう可能性が出てきます。そのため、1つずつ積み上げていく感覚で、インターネット集客の対策を進めることをお勧めします。余裕が出てきたり、人手があったりといった場合に、ソーシャルメディアの活用に着手していきましょう。


ここで、ホームページ(HP)集客の方法について具体的に見ていきます。

 まず、ホームページを作る際、集客・マーケティングの知識を最低限身につける必要があります。最近では、ホームページを持っているという会計事務所も増えていることから、ただページを作ってみただけでは競合に飲まれてしまい、集客にはつながりません。

 ホームページを作る際に注意しなくてはならないのは、その事務所の特徴や魅力を伝えられるページになっているかということです。差別化戦略をしっかりと立て、それをきちんと見える形にできているか確認をしましょう。

 また、ホームページを作った後は、それでおしまいではありません。そのホームページを多くさんの人に見てもらうためにはきちんと対策を練る必要があります。例えば、たくさんの人に見てもらうために、アクセスを集める主要手段として「SEO」と「リスティング広告」があります。

 SEOとは、特定の検索キーワードで上位に表示するための対策になります。また、リスティング広告は特定のキーワードで広告を出稿するための対策になります。これらのことにまんべんなく対策を打って初めて、費用対効果の合う効率的な集客を行うことが可能になるのです。インターネットからの集客を極めて1人勝ちをしている事務所もあります。

②ブログ集客

 ホームページ以外の主要な集客方法としてあげれるのが、ブログです。良い会計士を探している、現在の会計士で困っているなどの場合、検索するキーワードは様々になります。こうしたことからブログでは、多くのキーワードに狙いを定め、記事を作成することで、人の目に触れる機会を増やすことができます。

 ほかにも、セミナー集客、新聞への広告、新聞折込チラシ、ポスティング(チラシの配布)、看板、電車内広告なども効果的なマーケティング方法になります。

まとめ

 会計士のマーケティング方法は意外に色々な手段があります。これらの手段を利用するときは、ある程度をきちんと狙いを定めて、広告を打つことが重要です。誰に向けた広告を打ちたいのか、どの媒体を通して広告を打つことが有効かなど、しっかりと計画した上で行動しましょう。

おすすめの関連記事

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事