外国人を雇用する際の契約書って?社会保険や条件等も合わせて解説!

ポイント(この記事は5分で読み終わります)
  1. 外国人を雇用する際の契約書を解説
  2. 日本人と契約文化である海外の契約の違いを知ろう

今の日本における現代社会では、外国人を雇用される企業も増加している事でしょう。

この場合、外国人を雇用する際に作成する雇用契約書は、作る時に注意点等があるのでしょうか?

また、外国人雇用に関する、社会保険や、条件等についても合わせて解説をさせて頂きたいと思います!

外国人を雇用する際の契約書について

まず始めに、外国人を雇用する場合の雇用契約書から見て行きましょう!

重要視して頂きたい点としましては、雇用契約書に記載される内容についてです。基本的には、日本人の社員との間に交わされる雇用契約書の内容でも構わないのですが、注意点として、入国管理局に対し、雇用する外国人と交わされた雇用契約書の写しを提出する必要があります。ですから、日本人との雇用契約書では記載されていない項目があった場合、問題となりますので、いくつかの注意点を確認しておきたいと思います。

1つ目
就業場所に関してですが、雇用した外国人が、実際に就業を果たす場所がどこであるか?と言う記載が必要となります。

2つ目
勤務の期間についてです。

どのくらいの期間、いつからいつまで勤務するのか?と言う内容を掲載する必要があります。

3つ目
職務の内容について記載します。

実際に、雇用した外国人が行う業務の内容について、しっかりと記載する必要があります。

4つ目
給与に関してですが、月にどのくらいの給与か?また、年間でどのくらいの額になるのか?や、賞与から昇給等に至るまで、詳細を記載します。

5つ目
職務をする上での地位に関して記載します。

以上のような5つの項目を記載して作成すれば、基本的には大丈夫です。

尚、上記につきましては、申請をする方の在留資格に関する審査基準をクリアしておく必要がありますのでご注意下さい。

更に、一般的な外国人の雇用契約書に関しては、次のような文言を文章に入れます。

残り2156文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事