外国人を雇用する場合にはビザの問題をしっかりと理解しよう

ポイント(この記事は5分で読み終わります)
  1. ビザは滞在目的が変わる為に変更手続きが必要だ。
  2. 外国人を雇用する場合、その職種に応じてビザのし種類が変化する。
  3. ビザなしでの雇用は故意でなくても、罰が課せられるので注意が必要だ。

ビザという名前は海外に行く場合に必要になることもあるので知っている方は多いと思います。

しかし、ビザがどのようなもので、またビザが無い場合などにどのような影響が出てくるかに関してはあまり知られていないのではないでしょうか。

今回は外国人を労働者として雇用する際には要注意のビザに関して解説していきたいと思います。

そもそもビザとはどのようなものか?

ビザのチェックは忘れてはいけない

外国人を会社に雇い入れる場合、必ずビザについて問題が発生しないようチェックする必要があります。日本国内から出た経験のない方や、短期の海外旅行しかしたことのない方、そしてもちろん外国人を雇用したことのない経営者の方にとってもあまりなじみのないものかもしれません。

ビザはパスポートではない

それではビザとはそもそもどのようなものなのでしょうか。これは日本語で言えば「査証」を意味し、入国しようとする人のパスポートが有効であることと、その人が犯罪者や危険人物などではなく入国させても問題ないことを示す書類で、パスポートとはもちろん違います。パスポートは日本語に直せば「旅券」で、持ち主の国籍や身分について公的機関が証明した書類です。どちらも外国への入国には原則として必要な申請書類であり、パスポートが証明書、ビザが保証書といった位置付けとなります。簡単に言えば前者で国籍を証明し、後者で犯罪歴などがないことを保証してもらうという手続きでしょうか。ただしどちらも海外への渡航や入国を約束するものではなく、あくまで入国審査に必要な書類の一つということは覚えておいた方が良いでしょう。通常はないことですが、両方が揃っていても入国を拒否される可能性はゼロではありません。また、発行の主体も異なります。私たち日本人は日本の公官庁でパスポートを発行してもらいますが、ビザは渡航先の国家が発行します。入国させても良い人物であるかどうか、渡航したい国に身元審査をしてもらうということです。

しかし、日本人の多くの方はパスポートは持っている、または海外旅行の際に使ったことがある一方、ビザについては発行したことも現物を見たこともないという方がほとんではないでしょうか。これは短期間の渡航や観光目的の場合は査証免除となる対象国が多いことが理由です。特に日本のパスポートは国際的な信頼性が高く、査証免除で渡航できる国の数が非常に多いため、普段目にする機会が少ないのです。

ただし観光目的でも長期間の滞在となる場合や海外で就労する場合、また留学する場合などには提出が必須になる場合が多く、渡航目的に合わせたものを取得する必要があります。多数の種類があり、日本には外交査証や公用査証、就業査証、留学査証、観光査証、医療滞在査証、通過査証などが存在しています。日本に滞在する外国人がこれらの査証を取得する必要がある場合、入国管理局への申請が必要となります。基本的には本人が入国管理局へ出向き、必要書類を提出することで申請自体は完了になります。ただ就労の場合、最初の申請の際に雇用先からの雇用条件通知書が必要となり、また従事する仕事の内容と申請書類の内容が一致しているかということもチェックされます。

滞在目的が変わればビザの変更手続きも

また、パスポートが一度発行したら有効期限内は特に申請したり変更したりする必要がない一方、ビザは滞在期間中に滞在目的が変わった場合に変更手続きをしなければなりません。例えば日本の大学で学ぶ外国人留学生は留学査証を所持していますが、留学査証では1週間に28時間までのアルバイトしか認められません。大学を卒業した後そのまま国内で就職する際は、就業査証に変更しなければならないのです。

このように、ビザはパスポートに比べるとやや煩雑で、手続きについてもわかりづらくまた時間もかかる傾向にあります。滞在先の国家が発行し、また証明書としての役割を持つパスポートと異なり身元審査の性格を持つ書類である以上仕方のない側面もあります。よくある勘違いとして、必要有無を滞在期間だけで判断してしまう雇用主がいることです。数か月の雇用であればいらないだろうとか、短期のアルバイトだから観光用のでも大丈夫だろうとか、そのような勘違いをしている経営者がしばしばいます。日本においてビザは期間に関係なく、就労となった場合に必ず必要となる書類ですので、外交人を雇い入れる際には必ず注意しておかなければならないポイントなのです。
ーこちらもおよみください

残り2441文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

関連記事