フランチャイズ活用して定年後好きなことを仕事にするシニア起業

ポイント
  1. シニアにオススメのフランチャイズがわかる
  2. シニアが起業するためのポイント
  3. フランチャイズ活用術

近年、平均寿命が延び、定年後の生活を考える時間が増えました。年金も今の80代以上の方に比べて減少してます。そのため、孫と遊びながら楽しく旅行をしたりするとなると生活費も気になってきますよね。定年後は自分の好きなことをしたいと思い描いている方も多いのではないでしょうか。

今回は好きなことを仕事にする!フランチャイズを活用!孫と遊ぶためのシニア起業アイディアをご紹介させていただきます。

なぜ定年後に起業するならフランチャイズがいいのか

なぜ定年後に起業するならフランチャイズがいいのでしょうか。

今まで、家族のために仕事に打ち込んできた方は、自分のしたいことに時間を費やしたいという方は多いのではないのでしょうか。また、今更リスクを取りたくないと感じている方も多いと思います。また、好きなことをするには収入が必要になります。

ですが今更、稼ぐためにシルバー人材センターに通うのちょっとと思っている方は少なくはないでしょう。それであれば、好きなことを仕事にしてみるのはいかがでしょうか。もちろん、自分の趣味をビジネスにしても確実に儲かるかなんてわかりません。

しかも、定年後一定の収入がないのに借り入れは本当にできるのでしょうか。また借り入れをして失敗した場合に借金を背負うのは怖いですよね。

1)リスクを抑えることができる。

フランチャイズ本部に加盟金やロイヤリティーを支払うことで経営ノウハウと看板を得れます。また、アドバイザーが巡回してくる場合もあり、コンサルティングをしてもらえます。定年まで、経営をしたことがない方でも安心して違った業種に参入することが可能です。

2)看板があることで、来店誘致が可能になる。

例えば、趣味で、カフェの経営を始めたとしてもネームバリューのないカフェにすぐに来店誘致するのは難しいです。広告や口コミで来店者数を増やしたとしても、安定な顧客を維持するまでに時間がかかります。フランチャイズであれば、そもそもネームバリューがあるため、運営当初から来店誘致が見込めるメリットがあります。

フランチャイズカフェ運営の詳細はこちらをご覧ください。
フランチャイズで実現!あなたも夢のカフェオーナーに

3)定年がない

フランチャイズでは定年がないため、体力が持つ限り運営が可能です。自身のライフサイクルに合わせやすいため、定年前の早期退職から始める方も多くいます。

4)選択肢が多い

飲食店、教育、コンビニ、サービスなど幅広い業種があるため、自分がセカンドライフでチャレンジしたい業種が見つけやすいのが特徴です。フランチャイズ本部からのサポートも得れるため自身が経験したことない業界へのチャレンジもしやすいです。

5)借り入れが可能の場合が多い

定年になると、借り入れが難しくなるといいますが、フランチャイズでは、今までの事業実績や売上予測などが存在するため比較的金融機関から事業資金を借入しやすいです。

関連記事