1から教える!脱サラから始めるフランチャイズ起業の独立成功術

ポイント(この記事は4分で読み終わります)
  1. フランチャイズ初心者向け
  2. 起業・独立・開業の成功ポイントがわかる
  3. フランチャイズの成功率が高いものを理解する

終身雇用制度が崩壊してきた中、このまま会社にいていいんだろうかと悩んでいませんか。でも何をしたらいいかわからないという方必見です。ぜひフランチャイズ起業を検討することをオススメします。実はフランチャイズは起業の中でも失敗することが少ないのです。

今回は1から教える!脱サラから始めるフランチャイズ起業の独立成功術をお伝えします。

フランチャイズの特徴を知る

フランチャイズ加盟店になることと、自営業で開業することの大きな違いは何でしょうか。フランチャイズで起業することによって以下の4つを手に入れることができます。

1)ブランドを利用できる

誰しもが知っている看板を手にすることができます。もしあなたがカフェを開業しようとしても知名度がありません。

ですが、ドトールの加盟店に入り、ドトールとしてオープンしたらどうでしょうか。ブランドの知名度と安心感で、お客様は躊躇なく来店してくれます。この信頼性を利用できるのは大きなメリットです。

2)経営ノウハウが得られる

従業員のマネジメントや会計システム、広報活動等、経営者はやることがたくさんあります。そのノウハウを最初から利用できるのはとても大きいことです。よって手間や時間のコストを削減でき、失敗するリスクを軽減することができます。

3)コンサルタントがつく

フランチャイズに加盟するとアドバイザーが巡回してくれます。アドバイザーはフランチャイズオーナーと一緒にどのようにすればより売上が向上するかを検討してくれます。実際、個人でこのようなサポートしてくれるコンサルタントを付けると費用はいくらかかるでしょうか。

例えば日系大手コンサルタントであればシニアアドバイザーは月40万円、ジュニアコンサルタントで月10万円はかかるそうです。フランチャイズだと、このようなコストをフランチャイズ手数料だけで得ることが可能です。

4)加盟店の仲間ができる

経営者は孤独です。自営業だと同業者になかなか相談できないものです。ですが、フランチャイズであれば加盟店が多く存在し、大手コンビニでは加盟店オーナーの交流会を実施しています。そのような同じ境遇の仲間に相談できる機会も得れます。

フランチャイズについてはこちらをご参照ください 
必見!個人が始めるフランチャイズのススメ

フランチャイズで成功するには認識を変えること

サラリーマンから、経営者になるにはマインドを変える必要があります。今まで雇用されていた立場から人を雇う立場に変わります。自分自身で判断することが多くなります。考え方として大事な要素とはいったい何でしょうか。

1)人任せにしない

今までは、上司や会社の方針の通りに動けば、少なからず身分保障されてきたはずです。ですが、起業するということは、自分がした分だけ自分に返ってくることになります。誰かが言ったからと人任せにしても失敗も文句は言えないのです。

2)判断基準を持つこと

起業すると様々な方面からアドバイスをもらう機会が増えます。フランチャイズ本部や同業者、コンサルタント等から、改善案をもらった時、自分と考えがそぐわない場合も多々あります。なんでも聞いていたら本当はこういうコンセプトなのにと不満を持ちながらすることになるでしょう。

ぜひ意見を聞くことも大事ですが、自身の経営理念や判断基準をもつことをオススメします。

3)お客様目線に考える

経営者になるということは自身の判断が売上に直結するということです。そのため、出店場所の立地を考えるところから、実際の経営での判断もお客様であればどうするだろうという目線をいれてみる必要があります。

前者であれば、この立地は道から店舗へ導線がいいだろうか、この時間はどんなお客様が通行するだろうか等です。後者であれば、お客様のニーズを考えメニュー時間によって変えてみようと考えてみます。この商品を売りたいから売るという考え方は捨てましょう。

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事