エンジニアの副業・複業に【2018年度版】プログラミング講師の募集要項まとめ20選

ポイント(この記事は8分で読み終わります)
  1. 時間も場所も自由!オンライン講師
  2. 小学校必修化で需要が高まるか?子ども向け講師
  3. 本格的な指導スキルを身に付けよう。対面講師

エンジニアが不足している昨今、「プログラミングを人に教える」「エンジニアを育てる」技能はこれからさらに評価されていくことが予想されます。この技能を伸ばすことができる仕事が「プログラミング講師」です。

開発受託だけではなく、新しい分野で使える技能を増やしたいと考えているエンジニアは、副業・複業のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか?

今回は20のプログラミングスクールの募集要項をカテゴリ別にまとめました。(2018年11月現在の情報です。)

オンラインプログラミングスクール

本業の合間にプログラミングを学ぶ社会人が増え、時間や場所の制約を受けづらいオンラインのプログラミングスクールの需要が高まっています。講師として働く上でも、時間や場所の制約がないのは大きな魅力です。

孤独になりがちな自宅での開発の合間に、受講者への指導をすることで良いリフレッシュになることもあるそうです。

1.CodeCamp


引用:https://codecamp.jp/lecture_offer

勤務地 不問

報酬

時給換算¥2,700〜¥4,200
最低出勤頻度 不明(10:00~23:30のレッスン時間に登録)
言語・スキル

HTML5・CSS3・JavaScript・jQuery・PHP・MySQL・Bootstrap・Ruby・Rails・WordPress
Java・Android・Swift・Unity
Photoshop・Illustrator
Python

・担当言語による開発経験が1年以上
・複数言語の掛け持ち歓迎、1言語のみでも担当可能

CodeCampでは、Googleハングアウトを使用してオンラインでレッスンを行います。カリキュラムは教科書に基づいており、様々な言語での開発経験が役立ちます。

23:30まで開講しており、企業に勤めている人でも就業後にレッスンを行うことが出来るためスキマ時間で副業を始めたい人にはピッタリです。

2.TechAcademy


引用:https://techacademy.jp/jobs

勤務地 不問

報酬

不明
最低出勤頻度 週2回(15:00~23:00のレッスン時間に登録)
言語・スキル

Ruby/Ruby on Rails・PHP・Laravel・フロントエンド・WordPress
・iPhoneアプリ・Androidアプリ・Unity・Java・ブロックチェーン
・Python/機械学習・Webデザイン・UI/UXデザイン・Webディレクション・Webマーケティング

TechAcademyの業務には、1回30分間受講生とオンラインで行う「マンツーマンメンタリング」、チャットツールのSlackで受講生の疑問に回答する「チャットサポート」、受講生が取り組んだ課題をレビューする「課題レビュー」の3つがあります。

募集ページに報酬は記載されていませんが、参考収入モデルが掲載されています。スキルや講師歴によっては、高収入が望めるかもしれません。


引用:https://techacademy.jp/jobs

3.侍エンジニア塾

引用:https://corp.sejuku.net/recruit/

勤務地 不問

報酬

不明
最低出勤頻度 週10時間〜 (レッスン時間 8:00〜22:00)
言語・スキル

Rails、Python(WEB、データ解析、人工知能)、Ruby & Ruby on Rails、Swift、Unity
キャリアカウンセリングやコンサルティングの知識
ドキュメントや教育資料(教材)の制作経験
コミュニケーションスキル
開発プロジェクトや組織でのマネジメント経験
新人や学生などプログラミング未経験者への指導経験(言語、DBなど問わず)
オリジナルアプリ開発やスタートアップベンチャー企業の事業立ち上げ経験(いずれかの経験)
開発言語
JavaScript / PHP / WordPress / Ruby / Ruby on Rails / Java / Spring / Python / Django / swift / Unity その他MVCアーキテクチャのWEBフレームワークの使用経験(いずれかが使用できる) DB
MySQL / PostgreSQL

侍エンジニア塾は、2013年にサービス開始した日本初のオンラインプログラミングスクールです。完全にオンラインではなく、受講者によっては対面でのレッスンを行うこともあるようです。

子ども向けプログラミング教室

2020年度から必修化される小学校でのプログラミング授業に先駆けて、子ども向けのプログラミング教室やロボット教室が続々とオープンしています。フランチャイズ出店の募集や個人経営で運営している教室も多いため、自ら運営することを視野に入れるのもありです。

一般的なプログラミング言語を教えるのではなく、論理的思考能力や創造性を育てることを目的とし、Scratchなどの子ども向け言語やArduino、Raspberry Piなどのホビー用基盤を使う教室も多いようです。「プログラミングと子ども」はこれから需要の伸びそうな組み合わせなので、副業・複業として経験してみても良いかもしれません。

4.ステモン


引用:https://en-gage.net/viling/

勤務地 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県 各校

報酬

1コマ:2000円~3400円
最低出勤頻度 週1回〜(レッスン時間は16:00〜18:00)
言語・スキル

資格・学歴は問わない

STEMONのプログラミング教育は公立小学校でも導入されています。マサチューセッツ州の児童理工カリキュラムが導入されているため、児童教育の最先端に触れることができるかもしれません。

5.リタリコ


引用:http://litalico.co.jp/recruit/parttime/

勤務地 【LITALICOジュニア各教室】
東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、京都、大阪、兵庫
【LITALICOワンダー各教室】
東京、神奈川

報酬

時給¥1,000〜¥1,300
最低出勤頻度 不明
言語・スキル

・人とコミュニケーションを取るお仕事が好きな方 
・教育・発達・心理の領域に関心をお持ちの方
・プログラミングやロボットが好きな方 
・お子さまとの関わりや教えることが好きな方

2018年11月現在、募集しているのは6歳以下を対象としたクラスのリタリコジュニアとIT×ものづくり教室のリタリコワンダーの講師。リタリコはプログラミング・ロボット教育だけではなく障害者支援や児童療育なども行っている企業なので、自らの領域を広げることに繋がりそうです。

6.スタープログラミングスクール


引用:http://www.star-programming-school.com/recruit/

勤務地 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県 各教室

報酬

【関東】
時給1,050円~1,500円
【関西】
時給1,000円~1,450円
最低出勤頻度 週2回から(10:00~21:30(内4~6時間の勤務シフト制))
言語・スキル

・子ども達へプログラミング教育を届けたいという想いのある方
・タブレット型ビジュアルプログラミング教材、Scratch、ロボットプログラミングのいずれかのご経験をお持ちの方、もしくは興味がある方
・プログラミング経験者及び講師経験者は大歓迎

スタープログラミングスクールの特徴は、少人数クラス制と、未就学児から中学生までという指導対象の幅広さ。様々な年齢の子どもへのプログラミング指導経験は、これから重要視される経験になるかもしれません。

7.スイミー


引用:https://www.sai.co.jp/swimmy/recruit/

勤務地 東京都高田馬場

報酬

1コマ(60分)1,500円 
最低出勤頻度 応相談(土曜・日曜 10:00~15:00 )
言語・スキル

・次世代の子供教育に関して熱意を持って考え、プログラミング教育に興味関心がある方。 
・プログラミングの知識は不問ですが、教材について学ぶ意欲がある方。 
・業務に対し、責任を持って取り組める方。

現役大学教授・大学講師がカリキュラムを作成しているスイミーでは遊びながら能動的に学ぶことをコンセプトにしています。子どもの興味を引き出せる遊び方・能力の伸ばし方の追求は大きなスキルに繋がるでしょう。

8.テント


引用:http://www.tento-net.com/staff/computer_programming_instructor

勤務地 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、大阪府

報酬

不明
最低出勤頻度 週1コマ以上(開講日は教室によって異なる )
言語・スキル

・最低 1つのプログラミング言語を扱えること
・現在 業務でプログラミングを行っているソフトウェアエンジニア
・過去に業務でプログラミングに関わっていた方 (現在 専業主婦の方など)
・大学・大学院でソフトウェア開発に関わる専攻を選択, または研究中にソフトウェア開発を行っている学生
・そのほかこれに準ずる方

テントは2011年に設立された日本初の子ども向けプログラミング教室です。子どもの年齢や発達に合わせてスクラッチなどの教育用言語からPython、PHP、Rubyなどの一般的な言語まで指導します。普段扱っている言語を子どもに指導するのは日常では感じられないやりがいがありそうです。

9.Tech Kids School


引用:https://techkidsschool.jp/qureo/business/

講師募集とは異なりますが、自分で子ども向けプログラミング教室を開く場合には株式会社CA Tech KidsのQUREOの導入が役立つかもしれません。オンライン学習用のツールですが、学習塾や学童、プログラミング教室で使われているようです。

対面型プログラミング講師

対面での指導は、個別指導の場合もあれば、講義の場合もあります。どちらも直接人と触れ合ってプログラミングを教えることになるので、「気持ち良く、分かりやすく教える能力」が問われるでしょう。

スクールで実力をつけて、講師として個人でセミナーを開くのも良いかもしれません。

10.DIVE INTO CODE


引用:https://diveintocode.recruitment.jp/parttime/job/

勤務地 東京都渋谷

報酬

 

時給 1,000円~2,500円

最低出勤頻度 週3日20時間以上(営業時間10:00-22:00)
言語・スキル

・教育への興味関心
・無料のオンライン学習サービスでRubyやPythonを学習した経験
【あれば尚可】
・Pythonエンジニア認定基礎文法試験合格
・Rails技術者認定試験合格

DIVE INTO CODEでの業務の1つ、受講生へのサポートは対面とオンラインの両方で行われるようです。サポートの他にもテキストの改修が業務に含まれるようなので、より効率的な教え方・より実践的な教え方を追求できる環境かもしれません。

11.Maid Academy


引用:http://www.maid-vr-school.com/maidwanted

勤務地 東京都渋谷、早稲田

報酬

日給5,000円
最低出勤頻度 月1〜2回出勤シフト制
言語・スキル

・Python経験者、Pythonを初心者の人に教える事が出来る方
・ネットに顔出しできる方

メイドのコスプレが特徴のMaidAcademyでは、Pythonを指導できる人を募集しています。福利厚生として、VR.Unityの講習を無料で受講することができ、さらには勤務中の自習やノマドワークも可能です。少し変わった仕事ですが、人に教える能力を養いながら個人の能力も伸ばすためには非常に恵まれた環境といえます。

12.リカレント


引用:https://www.recurrent.jp/entry-instructor.php

勤務地 東京都新宿

報酬

1コマ 3000円~5000円
最低出勤頻度 不明
言語・スキル

・JavaもしくはPHPで2年以上の開発経験があること
・歓迎する資格:OracleのJava系資格

社会人再教育をメインに行っているのがリカレント。エンジニア教育に歴史のあるリナックスアカデミーを運営しています。プログラミングの法人研修や社会人指導はこれからも需要が高まり続けそうです。

13.神田ITスクール


引用:http://www.kanda-it-school.com/kojin/parttimeinstructor.php

勤務地 東京都 神田

報酬

時給 1,000円~2,000円
最低出勤頻度 毎週土曜(実働6時間 )
言語・スキル

・JavaもしくはPHPでの開発経験を3年以上お持ちの方
【歓迎スキル】
・Android開発、iPhone開発の実務経験のある方
・塾講師、家庭教師などの経験のある方

初心者への個別指導と教材・課題の開発補佐が業務となっています。講義ではなく、個別指導なので受講者が何でつまずいているのか?何がわからないのか?をヒアリングする能力が伸びるのではないでしょうか。

14.GEEK JOB


引用:https://www.wantedly.com/projects/193466

勤務地 東京都 九段下

報酬

不明
最低出勤頻度 不明
言語・スキル

不明

GEEKJOBは九段下に学習スペースを設けているほか、オンラインでの指導も行っています。エンジニアへの転職を前提に学ぶコースとWebアプリ作成のために学ぶコースに分かれています。教え方や伝え方、マナーなどの研修が受けられるので、人に教えるのが初めての方でも挑戦しやすいでしょう。

15.KENスクール


引用:https://www.kenschool.jp/employment/01.php

勤務地

新宿、横浜、池袋、北千住、梅田、名古屋、福岡、札幌(各校)

報酬

月収18万円~50万円
最低出勤頻度 完全シフト制(平日:10:00~21:30、土日祝日:10:00~18:00)
言語・スキル

・現場経験のある方
・営業経験のある方
・IT/CAD/Officeスキルのある方歓迎

北海道から福岡まで全国に展開しているスクールです。業務は個別レッスンとなっており、Webデザインからネットワークまで様々なコースが用意されています。

16.システムアーキテクチュアナレッジ


引用:https://www.networkacademy.jp/about/staff.php

勤務地 東京都新宿、秋葉原

報酬

1レッスン2000円~8000円/時間
最低出勤頻度 1回2.5時間、週1日から(土・日曜可、昼のみ可)
言語・スキル

・Linux、Cisco、Windows、Security、Database、Programingによる設計・構築業務に5年以上の経験を持っていること
【歓迎資格】
・LPIC レベル1、LPIC レベル2、LPIC レベル3、CCNA、CCNP、CCDA、CCDP、ITIL、MCSE、MCP、OracleMaster

ネットワークエンジニア・サーバエンジニア教育にも力を入れているスクールです。講師が現役のエンジニアであることに重きを置いているため、エンジニア同士の交流もできるかもしれません。

17.サークルアラウンド


引用:https://circlearound.co.jp/recruit/

勤務地 不明

報酬

時給1000円程度
最低出勤頻度 週2日程度
言語・スキル

・Ruby on Railsでの開発が行えること
・Ruby on Rails / JavaScript / HTML5 / CSS3 などを活用したシステム開発について他者に教えることができること(いずれかで可)

運営企業であるサークルアラウンド株式会社のコアメンバーはすべて講師兼プロダクトの開発メンバーとのこと。業務と指導を両立することにより個人のスキルアップに繋がると考えているようです。ひとりの受講者に対して専属のトレーナーとして指導するのも大きな特徴です。

その他のプログラミング講師

プログラミング講師になるための手段は様々です。スクールや教室以外でプログラミングを教えるための方法を見てみましょう。

18.ストアカ


引用:https://www.street-academy.com/teach

ストアカは約240,000人の生徒を抱えるスキルシェアサイト。プログラミングや開発に関する教室も多数開催されています。どのような需要に答えれば多くの受講生を集められるか、どのような指導ならリピートしてくれる受講生が増えるかなど多くのことを考える必要があり、エンジニアとしての実力の他にも商才が問われるやり方ですが、一度挑戦してみても良いかもしれません。

19.Udemy


引用:https://www.udemy.com/ja/teaching/

Udemyは、自分のビデオ講座をインターネット上で販売できるサービス。アメリカのサービスですが、日本語にも対応しています。プログラミング技術・教える技術の他にも撮影技術が必要になりますが、一度ビデオ講座を作成すればずっと販売することができます。ロングセラーになる講座を作れば長期的な収入に繋がります。

20.ビザスク


引用:https://visasq.co.jp/advisor

講師とは少し違いますが、ビザスクではスポットコンサルとしての登録ができます。システム開発やアプリ開発などのエンジニア領域のカテゴリがあるため、自分の得意分野を登録しておけば誰かの役に立てるかもしれません。IT/システムのカテゴリの相談料は8,000円〜15,000円の案件が多いようです。

エンジニアの新たなキャリアとなるか

プログラミングの指導は、未来のエンジニアを育てる仕事。副業・複業として始めてみて、もしフィットするようなら他では得られないやりがいを感じられるはずです。

他の業種に比べて副業・複業が一般的なエンジニアはキャリアの幅を広げるチャンスが多いといえます。時には、普段行っている業務とは毛色の違う仕事に挑戦して自分の可能性を探ってみるのも良いかもしれません。

おすすめの関連記事

―気になる副業がきっと見つかるはず副業で稼ぎたい人に
オススメの副業45選!【2018年度版】〜メリット・デメリットを掲載〜

―空き時間でできる他の副業を知りたい人は―
スキマ時間で稼げる副業18選と時間を有効活用するための工夫

―確定申告や会社バレについて調べるなら―
【副業する人必見】確定申告をしたら副業はバレる?徹底解説!

- 本気で1億円達成したいなら -

無料会員に登録すると、起業家が年商1億円を達成するために必要なノウハウや会員限定向けの起業家インタビュー、注目の新刊本レビュー、助成金に関するニュースなどが毎週メルマガで届きます。
年商1億円を達成したい経営者はいますぐ登録しよう。すでに5,000人以上の経営者が読んでいます。

メールアドレスで登録

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーポリシーに 同意したものと見なされます。

類似記事

関連記事