経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

社長自身の現場仕事8割減しつつ、コロナの中でも昨年対比売上増を実現!

今回は01組織クラウドのユーザーインタビューということで、Harriet Ginza [ハリエット ギンザ] 代表関口さんにお話を聞かせて頂きました。

 

伊藤
鍼灸業界で飛ぶ鳥を落とす勢い、かつ、代表関口さんの著書である「月曜断食」が30万部超の大ベストセラー。今日はそんなハリエットさん、関口さんになかなか聞くことができない、経営上、うまくいっていなかったことや、それをどうやって解決したのか?ということを赤裸々に聞いていきます。よろしくお願いいたします。まず簡単に事業を教えてください。

関口
弊社は『ハリエットを通して人々の暮らしを豊かにし続ける』という理念のもとに、クリエイトバリューのビジョンを掲げ、健康、美容領域において、鍼とダイエットをかけて「ハリエット」という独自の価値を提供するべく、現在は鍼灸院事業(国内3店舗、間もなく4店舗へ)、ヘルステック事業、コンサルティング事業を展開しており、新たに2021年にITコンテンツ事業を設立いたしました。

伊藤
まず、01組織クラウド活用以前で、会社経営の中で、課題や問題点として感じていたことは何でしょうか?

関口
色々あるのですが、下記の3つが大きな課題、問題として感じていました。

  1. 会社の目指す組織は社員主役、社員中心の組織です。しかし、実際は社長である自分自身のパワーで売上ができているという状況でした。
  2. 1の問題にも通ずるのですが、「社員の役割が不明確」でした。そのため、誰がどのような責任を持ち、目標を持ち、行動をするべきなのかがありませんでした。
  3. 社長がとりあえず決めたエイヤー型の目標設定しか出来ていなかったので、そもそも何が良いのか何が悪いのかという判断ができていませんでした。

伊藤
小さな会社の場合には、社長自身がとにかく頑張って気がついたら社員がいたということが多いので、結果として上記のような問題が起きてしまいますよね。
01組織クラウドを活用していく中でどのようなことに気が付かれましたか?

関口
1番は社員の役割、やることを明確に言語化しなければいけないということです。
具体的な組織の行動指針がなければ、社員に主体性を持ってと口でただ言っても何したら良いかわからないということを痛感しました。
また01組織クラウドの中でよく言われることですが、プロダクト化(=属人化しない、誰でもできる商品やサービスで、お客さん満足も高いもの)しなければいけないことに気がつきました。

伊藤
本当その通りですよね。
01組織クラウドのお客さんにはまず徹底的に社長の頭の中を言語化してもらっています。
社長は誰よりもお客さん想いで、ずっと最前線で、全てのことをやってきていますので、営業、コミュニケーション、お客さんサポート、クレームなど、どんなことが起きてもどう動けばよいのかということが瞬時にわかっています。
しかし、社員にはそれが全くわからないわけです。そこで何が必要かといえば、間違いなく、まずは社長の考え、経験、動作などを言語化することになるのです。
この言語化の作業は大変なのですが、言語化できると社長しか知らなかったことを、他の人が知り、できるようになっていくと社長の2世、3世が生まれていくわけですよね。

伊藤
01組織クラウドの活用によって、社長としてどのような成長をしていますか?また、組織としてどのような成長をしていますか?

関口
01組織クラウドを活用したことにより1番は自分=社長の仕事が何なのかということが明確になり、これまでやっていた社長の仕事でない仕事が8割ほど減ったことが本当に大きいです。
視点を変えると8割は自分じゃなくてもできる仕事だったと気付くことができました。
自分がやっていたことを、社員ができるようになったことで、社員の成功体験が積まれスタッフはもちろん組織としても成長に繋がりました。01組織クラウド導入後、コロナ禍という不景気にも関わらず昨年対よりも業績がアップしました!

伊藤
ハリエットさんの本当に素晴らしいところは、代表ワンマンになりがちな鍼灸院などの治療業界において、代表である関口さんの現場仕事を8割カットして、さらにコロナの中であっても昨年対比で売上を伸ばされているということです。これは本当にすごいことです。01組織クラウドを活用いただき、ご自身や組織の変化を感じておられると思いますが、まだまだ、まだまだ成長の余地が残っているということに気が付かれて、経営や組織づくりが楽しいものに感じられませんか?

関口
先ほども話しましたが8割ほどの仕事が減ったことで、日々の業務に追われることがなくなり、『考えること』に時間を使えるようになりました。それによりもっと会社をこうして行きたい、これを目指したいと改めてワクワクが止まらなくなりました!

伊藤
01組織クラウドが考えている正に好循環に入ってこられていますよね。社長の仕事とは一体何なのか?役割をしっかりと理解することで、このような圧倒的に前向きな推進力を手に入れることができます。
01組織クラウドでは社長自身の成長、そのための学習をとても重視しています。社長自身が変わることや、学習において大切にしていることを教えてください。

関口
01組織クラウド活用以前は、社長としてどうしていいかわからないということが大きかったです。01組織クラウドの中でトレーニング機能があるのですが、社長としてするべきこと、してはいけないことを教科書のように教えてくれることにより学ぶべき内容が明確になります。本当に先生のような存在です。社長が学んで成長し続けることが、社員が1番主体的に動き成長することに繋がると思います。

伊藤
社長自身が率先していち早く変わる。そのために学習を重視するべきだと01組織クラウドは考えています。社長をはじめ社員にまで様々な学習をご提供できるようにパワーアップしていきます。
今後の組織としての目標を教えてください。

関口
組織として毎年昨対アップを目指すのは当たり前で、誰がどのポジションになっても変わらない仕事が出来る力をつけるボトムアップ型の組織にして行きたいと思っています。

伊藤
とてもシャープな目標設定で実現されたときの状態がワクワクしますね。
最後に01組織クラウドは一言で言うとどんなサービスでしょうか?

関口
『社長の学校』と言ったところでしょうか!僕自身もそうで多くの経営者の方が経営の勉強を学校で学ぶことは多くありません。もちろん社員も仕事を会社で学びます。その学習はもちろんどういう手順で進めていくべきかを提供してくださる事で会社はもちろん社員の成長に繋がるので本当にオススメです。

伊藤
関口さん、ありがとうございました。この1年で組織として圧倒的に盤石な体制をつくりましょうね。

社長がいなくてもまわる強い組織/仕組みを0からつくる
「01組織クラウド」はこちら

関連記事