起業、「なぜ成功する人と失敗する人がいるのか!」

ポイント(この記事は3分で読み終わります)
  1. 起業するまでは「夢」、起業した後は「現実」
  2. 現実の世界を知るために必要なこと
  3. 失敗を知ることで得られるもの

起業した会社が3年以内に倒産する割合は70%~80%、このデータに何を感じるかは人それぞれだと思います。また、これから起業を目指す人にとっては特に目新しいデータではないかもしれません。むしろこのデータから知りたいのは、70%~80%に入ってしまった会社と入らなかった会社の違い、もっとシンプルに言えば、「成功した人と失敗した人」の違いではないでしょうか。

誰しもが成功を夢見て起業するにも関わらず、なぜ明暗が分かれてしまうのか?
その理由を考えてみたいと思います。

1.起業するまでは「夢」、起業した後は「現実」

まず言えることは、失敗する人の多くが「夢」と「現実」の狭間から抜けきれていないということです。起業という夢に向かって突っ走った結果、念願かなって会社を設立するまではいいのですが、その後に待ち受ける現実に対処ができていないのです。つまり、「起業がゴール」になってしまっていると言ってもいいでしょう。

では、起業における夢と現実の違いとはなんでしょうか?

こちらも合わせてお読みください
起業の失敗特集!!先人の涙を明日の希望に!

いろいろな見方、考え方があるかもしれませんが、最も大きな違いは「味方」と「敵」という概念です。起業という夢を追いかけている段階で、周りにいるのは基本的に味方のはずです。もちろん味方同士であっても意見のぶつかり合いなどはあるでしょうが、決して敵ではないはずです。

一方、現実の世界で周りにいるのは敵です。敵という表現に違和感を感じる方もいらっしゃると思いますが、「敵」=「味方以外」と考えてみてください。敵は「自分をより幸福にしてくれる」、もしくは「自分の苦痛を和らげてくれる」人の味方にしかなりません。夢を追いかけていたときに、共に汗を流した味方とは訳が違うのです。

あなたの会社は「誰を幸せにできるんですか?」、「誰の苦痛を和らげることができるんですか?」

このように失敗する人の多くは夢と現実の世界、つまり味方と敵の世界の違いを知らないまま、起業しているのではないでしょうか。

2.現実の世界を知るために必要なこと

「夢と現実は違う」、一見すると当たり前のことであり「何を今さら」と感じている方が多いかもしれません。しかし、多くの会社がこの「違い」に翻弄され短期間で倒産しているのも事実なのです。

夢を追い、味方だけの世界で想定してきたことと、敵がいる現実の世界で起きることには必ず違いが出てるものです。であるならば、できるだけ現実の世界を知ることが起業を成功させる鍵と言えるのではないでしょうか。

では、どうすれば現実の世界を知ることができるのでしょうか。

冒頭において、起業した会社が3年以内に倒産する割合が70%~80%というお話をさせていただきました。逆に言うと、多く見積もっても30%の会社しか存続しないということです。ではここで考えてみましょう。

より現実の世界を知るために必要なことは?

  • 30%の割合で起こった成功事例
  • 70%の割合で起こった失敗事例

意見の分かれるところかもしれませんが、70%の割合で起こる失敗事例を知ることではないでしょうか。つまり、起業において現実の世界、敵がいる世界を知るためには「成功事例」ではなく、「失敗事例」を学ぶことが大切なのです。起業に成功した人、30%の中に入った人も、そこに至るまでには多くの失敗をしているはずなのです。

成功事例を知ることを否定するつもりはありませんが、肝心なのは失敗事例から、「成功への鍵を知る」ことなのです。ここに成功する人と失敗する人との違いがあるのではないでしょうか。

3.失敗を知ることで得られるもの

起業で成功する人と失敗する人との違いが「失敗を知る」ことにあるとすれば、成功する人は、先人の失敗から何を得たのでしょうか。より深堀してみたいと思います。

起業を目指す人、起業した人にとって、やるべきことはたくさんあるはずです。

  • 事業計画作成
  • 資金調達
  • 営業
  • 広告・プロモーション
  • 経費・税金処理
  • 採用・・・

さらに、それぞれのやるべきことを、「最善のタイミング」で、「最善の場所」で、そして「最善の方法」で実行するのです。しかし、本当にそれが「最善」なのかどうかは実行時点では分かりません。結果が出て初めて分かるものなのです。そして、その結果によっては会社が倒産する危険性もはらんでいるのです。

しかし、失敗を知ることができている人は、本当に最善なのかどうか、もしかしたら最善ではなく「最悪」なのかを知ることができているのです。

また、やるべきことを突き詰めていくと、いくつかの作業に分類することができると思いますが、中には「やらなくてもいいこと」、むしろ「やらないほうがいいこと」などがあるはずです。そのようなことも失敗を知ることで理解することができるのです。

起業を目指す人、起業をした人にとって、「時間」がいかに大切であるかは言うまでもありません。1日24時間という制約の中で、やるべきことの取捨選択ができている人とできていない人は、そのまま成功する人と失敗する人に分かれるといっても過言ではないのです。

4.まとめ

起業においては70%~80%の人が3年の間で失敗しています。一方、人間は誰しも失敗などしたくはありませんし、仮に失敗したとしても、そんなことは誰にも話したくないのが本音だと思います。ということは、それだけ「失敗を知る」ことは貴重であるということなのです。

「失敗は成功のもと」なのです。

次回からは「起業の失敗」をより具体的にお届けしたいと思います。

おすすめの関連記事

ー年代別のパターンをチェックー
起業する年齢別の問題やパターンについて10代-50代まで

ー時には見方を変えてみるー
どうせ失敗するから起業は怖くない!?発想の逆転で起業を成功させろ!

- 本気で1億円達成したいなら -

無料会員に登録すると、起業家が年商1億円を達成するために必要なノウハウや会員限定向けの起業家インタビュー、注目の新刊本レビュー、助成金に関するニュースなどが毎週メルマガで届きます。
年商1億円を達成したい経営者はいますぐ登録しよう。すでに5,000人以上の経営者が読んでいます。

メールアドレスで登録

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーポリシーに 同意したものと見なされます。

類似記事

関連記事