信頼できるフランチャイザーの選び方

ポイント(この記事は2分で読み終わります)
  1. 歴史・規模・売上をチェック
  2. 制度が自分に合ったものかをチェック
  3. フランチャイジーにとってフランチャイザーの倒産が最も痛い

フランチャイザーを選ぶ際のポイント

フランチャイズ経営を始めるとしてどういったフランチャイザーを選べばよいのでしょうか。最低限重視すべき点は以下のとおりです。

〇加盟店数
〇業歴
〇1ヵ月あたり平均売上
〇ロイヤリティの課金体系

加盟店数が多いことは何よりもそのフランチャイズに加盟することによってビジネスとして成立させている人が多いことを意味します。また、フランチャイズにも相当なノウハウが溜まっているはずですので、手厚いサポートが期待できます。ですので、一番重視すべきポイントかと思います。業歴に関しても同様のことがいえるかと思います。

また、1ヵ月あたりの平均売上も重要なポイントです。平均的な売上が大きいと、その分ロイヤリティーも高くなるという関係が成り立ちます。その際も、できるだけ詳細なエリアごとの平均売上を確認し、自分が開業したい店舗形態に近い条件のデータを入手する必要があります。

ロードサイド型店舗と駅前型店舗では、大型店と小型店では、人口密集地と郊外地では、同じブランドでもほとんど「別業態」と言えますし、全国展開している場合には都道府県によってそもそも消費者の生活水準が全く異なります。

利益計画を立てるにあたって一番の基礎になるのが、「売上計画」ですから、このデータをできるだけ自分の出店

残り658文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

関連記事