会社の潰れる原因などをまとめてみた

ポイント(この記事は3分で読み終わります)
  1. 倒産しないために考えてほしい8つのこと

とある回転寿司屋の倒産原因として3つほどあがっていました。

もともとの低い利益率
円安による仕入れ価格の高騰
設備投資がかさむようになってきたこと

原因は消費者がどんどん新しいものを求めることによって、常に変化を提供しないといけなくなってきました。また、他の回転寿司の競争激化によって、ただの回転寿司ではダメになってきたこともあります。オリジナルレーンなどで高速で寿司が届くとか、寿司が近づくと音声でアナウンスしてくれる、タッチパッドでの注文などによって設備投資などがかさむように。このことによって中堅の回転寿司会社は、なかなか投資ができなくなり、強みや他社との違いを打ち出せないところが倒産をする結果に。

活路を見出そうとした新規事業で失敗する

もともとの主業の調子がいまいち調子が悪くなったことによって、新しい事業を画策することはよくある話です。しかし、新しい事業というのは、往々にして当たり前ですが、オペレーションなど不完全であったり、開始当初の想定やリスクヘッジが甘いことが多々。その結果として、新規事業で大きなトラブルを抱えてしまって、一気に主業とともにダメになってしまいます。

急激な人員増などは、マネジメント上の混乱を招く

急拡大によって、マネジメントが混乱します。企業の成長のスピードをどのように考えるか?はとても大切なテーマになります。

この山場をしのぐことができれば何とかなる

この急場や難所を乗り越えることができれば、回復できるというような腹積もりはよくある話。乗り越えるために、一時期的にと思って消費者金融などから借り入れをしてしまうことによって、悪条件での返済スケジュールや条件によって返済ができなくなります。

100年経営起業に共通する3つのポイント

1、事業承継が円滑にできるかどうか

2、取引先との友好な関係があるかどうか

残り1057文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事