リスクをとってメリットを享受せよ!ベンチャー・フランチャイズの魅力!

ポイント
  1. ベンチャー・フランチャイズは加盟店との距離が近い
  2. 低コストでの出店が可能
  3. 出店可能エリアも広い

空前のベンチャーブーム

日本では今空前のベンチャー企業ブームだそうです。実際に国内ベンチャー(VB)の資金調達額は2016年には初めて2000億円を突破し、事業拡大に邁進するVBが増加、求人市場もVBが主役になっています。

ベンチャー先進国アメリカでベンチャー企業への投資が大幅に鈍る中、日本のVBへの投資ブームは、過去におこった民間ベンチャーキャピタルに流入したリスクマネーによる投資ブームとは一線を画していると言われており、今回の日本のVBへの投資ブームは、当分は続くと予想されています。

それでも残念ながら現状は、中国やアメリカでは数兆円規模の投資がVBに対して行われていることを考えてみると、(それらベンチャー先進国のGDPと日本のGDPとの差額と比較してみれば)まだまだ日本はベンチャー後進国だということになります。


あわせてこちらもお読みください。
ベンチャー企業の明暗(あすへのヒント)

日本における、ベンチャーが育たない理由

では、なぜ日本ではベンチャー企業が育たないのでしょうか?(育ってこなかったのでしょうか?)それは資金調達環境の問題であるとか、学校や家庭での教育の問題であるとか諸説ありますが、根底にある一番の問題は、国民性の問題ではないかと、考えられます。

どのような国民性かといいますと、いつも買っている商品やサービスが安心できる、大きな会社の商品やサービスが安心できる、このような前例踏襲と大企業主義の国民性です。つまり、ベンチャー企業の提供する商品やサービスは、日本では売れない、もしくは売れにくいのです。商品やサービスが売れにくいから、日本では大きなリスクを取らなければいけないベンチャー企業が育たないのです。

このベンチャー企業が育たない状況は、フランチャイズ・ビジネスの世界でも同じです。

 

この記事には続きがあります

続きを読むにはメルマガ登録(無料)が必要です。
入力はメールアドレスだけ!10秒で登録完了!

メルマガ登録がお済みの方はこちらからログイン

メルマガ登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン
Googleログイン

本気で年商1億円を達成したい人のために

すでに6,000人以上の経営者が購読中のメルマガ『ゼロイチ マガジン』。
本気で年商1億円を達成するために行動する意志がある人だけ、登録してください。

メルマガ登録

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事

著者プロフィール

中川 強

中川 強