伊藤 健太
株式会社ウェイビー 代表取締役CEO

ルーティン思考は死思考であり、イノベーションは生まれない

ポイント(この記事は2分で読み終わります)
  1. アクションを起こそう
  2. 市場を知ろう
  3. 異業種の人にアドバイスをもらう

市場構造を読み解くためには、未来を予測することが求められます。未来といっても、未来が全てみえる人なんていないわけです。ここでは、見える未来と見えない未来があるということです。

自分の業界はもちろん、国、政治、地域、技術、国民の考え方、人口、社会インフラなどいろいろな見方で未来がどうなるのか?ということを考えるべきです。最初から未来が見えるなんてことはないと思います。そのため、各業界などで信頼されている論客などの意見を大量にインプットし、共通点などを見ることができるようになることが最初のポイントかと思います。何もしないということはあってはいけないと思います。

アクションを起こそう

色々な方法(本、ネット媒体、人に会う、セミナーに参加するなど)を徹底活用して、情報を得ることを考えてください。また、他国に行ってみるということも大切です。日本よりも技術的に進んでいる国や地域はたくさんあります。ある意味、そこは近未来の日本と言えるかもしれません。実際に自ら足を運んでみて、体験してみるということも大切でしょう。

何かを座して待つなんていうことはダメです、さぁ、アクションをしましょう。社会構造の変わり目などは、ニーズや課題が新しく生まれるタイミングなので、この機会を掴むことが起業家にとってとても大切なわけです。この話に関連して、日本のとある分野におけるトップの職人のお客さんがいます。その人と話をしていて強烈に感じたことが「圧倒的なこだわり」でした。

何故、これが良いもので、これは良くないものなのか、絶対にこっちのほうがよい、何故なら〇〇という話を楽しそうに延々してくださるわけです。そのような熱のこもったお話を聞いていると、僕自身とても楽しく、聞き入ってしまいます。その反面、ご本人の悩みでもあり、僕も課題だなと思ったことがあります。

それは、市場がとてもニッチであり、その市場自体が一層先細っているということです。今までのこだわりを大切にすることによって、手がとてもかかり、価格は高騰していき、一般大衆の買うことのできない価格にどんどんなってしまいます。結果、市場が一層縮小していくという悪循環に入っていると。

こちらも合わせてお読みください
アクションを起こすことで見えてくるお客さんが本当に求めていること

続きを読むには会員登録(無料)が必要です

お名前

メールアドレス

パスワード

利用規約

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

株式会社ウェイビー 代表取締役CEO

中卒ながらもとても頭の良い父と、少しグレていたけど人の王道を教えてくれた母親のもと、1986年11月21日生まれ。 慶應義塾大学3年時にリクルート主催のビジネスコンテストで優勝し、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、資本金5万円で起業。 起業当初お金がなさすぎて、カードで借金生活を送る。お金がなかったため、知恵を絞った伊藤独自のマーケティング手法を多数考案。 8年間で、累計10,000件を超える起業、起業家のアクセラレーションに関わるようになり、日本屈指の起業支援の会社と言われるまでに成長。 月間20万人以上の商売人をお助けしているポータルサイト「助っ人」や全国500人以上の商売人が参加している、世界で一番お客様を喜ばす商売人輩出のアクセラレーションコミュニティー「チャレンジャーズ」を主宰。 2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 全国の小中高校への出前授業や、次世代の教育の在り方を問うシンポジウムなどを開催。 最近では、地方自治体の首長からご指名をいただき、起業家の力で地方にイノベーションを起こすべく、徳島県美馬市、熊本県人吉市、三重県伊勢市、千葉県銚子市などと取組を開始。 元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書5冊。 NHK、日経新聞、エコノミスト、夕刊フジ、日刊工業新聞、CCTVなどメディア出演多数。