創業の仕方、事業の創り方が確実に変わる?

ポイント
  1. 127万社もの後継者不足

目次 [非表示]

2025年時点では、6割以上の経営者が70歳以上となり、127万社が後継者不在といわれています。参考:大廃業時代の足音 中小「後継未定」127万社(日本経済新聞)

これはすごいチャンスです。今までの事業承継といえば、親族内での承継がメインだったわけですが、親族が承継しないということが当たり前になってきたわけです。M&Aの会社もありますが、基本的には事業構造的に価格の高い案件をやったほうが手数料的に良いので小さい規模の事業の売買というのはマーケットとしてはこれからです。

何か事業をやってみたいという人はたくさんいます。でも明確なアイデアは持っていない。明確なアイデアがある人はそのアイデアにもとづき、事業をはじめたらよいと思います。しかし、アイデアがない人であっても、何か商売をしてみたい人は、これまででいえば、フランチャイズ(FC)や、のれん分け的な感じで事業をやっていたわけです。

それが、いろいろな進歩があり、副業という選択肢がメジャーになりはじめたり、複業する人が増えたり、フリーランスが当たり前になったりしてきました。更に、0から事業を創るという必要はもはやないんだと思います。(アイデアがある場合にはそのアイデアでOK)なぜなら、既に形になっている事業が127万個もあるということです。これを引き継いで事業をスタートすればよいわけなのです。

この記事には続きがあります

続きを読むにはメルマガ登録(無料)が必要です。
入力はメールアドレスだけ!10秒で登録完了!

メルマガ登録がお済みの方はこちらからログイン

メルマガ登録

登録することで、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものと見なされます。

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

慶應大卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、 資本金5万円で起業。 お金がなかったため、知恵を絞った伊藤独自のマーケティング手法を多数考案。 8年間で、累計10,000件を超える起業・その後の事業支援に関わり、 全国、北海道~沖縄までコンサル先累計500社超を抱えるまでに成長。 全然売れていない(月商0-100万円)小さい会社や個人事業主の売上を 数か月~2年の間で、年商数千万円~10億円を超えるところまでに持ち上げた実績でいえば 国内でも間違いなくトップクラス。  2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書5冊 NHK、日経新聞、エコノミスト、夕刊フジ、日刊工業新聞、CCTVなどメディア出演多数。