岡本 陽子

経験値が高い人材を見つける「コンピテンシー面接」のススメ

ポイント(この記事は3分で読み終わります)
  1. 採用面接を通じて、個人の適性や過去の経験値を判断し、入社後に活躍・成長してくれるような「未来を想像できる人材」を採用するには、3つのポイントがあります。

この3つのポイントを押さえておくことで、学歴などが優れた人材を採用するという視点から、「仕事の成果期待につながる人材を採用する」ことができるようになります。

「成功体験&失敗体験」でわかる努力の見分け方

成功体験よりも、「失敗体験」を質問されることがよくあります。失敗から何を学び、どのように行動したのかを仕事に当てはめて考えたいからでしょう。数多くの失敗を経験して一つの成功にたどり着く、失敗体験を聞くことは成功体験を聞く質問になるからです。

もちろん応募者も、面接で必ず聞かれるであろう王道の質問なので、きちんと答えを準備していることでしょう。成功経験からの質問は、2つのパターンにわかれます。失敗を経て成功につながったという人もいれば、難なく成功したという人もいます。前者は失敗体験と同様に、しっかり学び・行動ができた経験が見えてきます。それに対して後者は、周囲の環境が良かったから本人の学びや行動は無関係で成功した、ということになります。

同じ成功でも全く経験値が違いますよね。どれだけ立派な成功体験があっても周りの環境の良さというまぐれが重なった体験は、仕事において成果期待につながりません。

「ストレス発散法」でクセを見極める 

ストレスは、学校に遅刻する、大きな音が気になるなど時間やモノに対して抱えるストレスのほか、アルバイト先などの人的ネットワークや友人関係などの人からくるもの、さらにゴミの臭いや空気、天候など気候・科学的なものからくるものもあります。

これらのストレスを抱えたときにどのように発散しているかを知ることで、採用後のマネジメントもラクになります。

例えば、時間に対してストレスを抱え、甘いものを食べていると気が休まる、という人は、仕事上でも締め切りや納期というストレスを抱えることが多くなります。「ストレス過多だな」と感じている時には、コンビニで売っている甘いお菓子を差し入れるだけで、本人はホッと安心し、気を休めることができます。そして気持ちをリセットしてまた仕

残り1006文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事

著者プロフィール

岡本 陽子

SOARist(ソアリスト)代表 キャリアコンサルタント。1999年、大学卒業後、総合広告代理店に入社。主に求人広告営業をメインに携わり、200社以上3000名のキャリアビジョン・ヒアリングをした経験を生かし、スタッフが健やかに働くためのキャリア支援を行う。「ココロもカラダも健やかに翔(か)けていけるキャリア支援」がモットー。2016年10月に独立し、ソアリスト設立。愛知県出身。