起業のアイディア生み出そう!リーンキャンバスの正しい使い方!

ポイント(この記事は2分で読み終わります)
  1. リーンキャンバスとは
  2. リーンキャンバスはどういう時によく使う?
  3. リーンキャンバスの使い方

いざ起業をしようとしても、誰の何の課題を解決し、どういうサービスを開発しようかと思い悩むこともあると思います。多くのフレームワークがある中で今回はリーンキャンバスをご紹介します。
短期間で効率的にサービスの開発に用いることができるので、新規事業の立ち上げや、顧客に対する最適なソリューションを生むことができます。

リーンキャンバスとは

リーンキャンバスとは、指定されている9つの要素を埋めることで、シンプル且つ高速でビジネスモデルを作り上げることのできるシリコンバレーで主流のフレームワークです。ビジネスモデルを一目で確認することができるので、時間のない投資家が好んで提出を望みます。O’REILLY から出版されている書籍「Running Lean」にて詳しく紹介されています。

リーンキャンバスはどういう時によく使う?

投資家へのピッチは勿論のこと、プロジェクトメンバーや、開発チームへの共有のために用いられることが多いです。近年では企業の中でも取り入れられており、社内ベンチャーを起こす際などにも上司への提出資料としてリーンキャンバスは使われています。

リーンキャンバスの使い方

まず初めに、リーンキャンバスには以下の9つの要素があります。

1.顧客
2.課題
3.UVP(Unique Value Proposition)
4.解決策
5.顧客流入元
6.収益の流れ
7.費用構造
8.主要指標
9.

残り822文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事