経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

フランチャイズで成功するためには失敗例から学ぶことが重要

ポイント
  1. 失敗例を研究することで成功率を上げることができる
  2. 失敗例からわかるのは、コミュニケーションが大事ということ
  3. サラリーマンの感覚では起業は出来ない

目次 [非表示]

2.フランチャイズの失敗例は、「サラリーマン気質」と「コミュニケーション不足」に分けられる

フランチャイズの失敗例はよくよく見ていくと、大きく「サラリーマン気質」と「コミュニケーション不足」の2種類に分けることができます。失敗例①・③・⑥が「サラリーマン気質」、②・④・⑤が「コミュニケーション不足」といえるでしょう。脱サラでフランチャイズ起業しようとしている人にとっては、「サラリーマン気質」をすぐに変えることは難しいかもしれません。しかし、経営者である以上、組織を俯瞰したり、人に任せたりといった形で、目線を引き上げて仕事をする必要があります。
また、フランチャイズで起業するからには、本部とのコミュニケーションは、成功のために最大限利用したいところです。この2点を注意してみていくと、よりフランチャイズを理解することができるのではないでしょうか。

まとめ

フランチャイズの失敗例について7つご紹介しました。まさかこんな理由で、と思うようなこともありますが、人が行うことである以上、なかなか難しい問題でもあります。特にコミュニケーションの問題は、多くの場合、人との相性であることもあり、なかなか確実な対応が出来ないものでもあるのです。フランチャイズもビジネスである以上、絶対はありえません。しかし、失敗する理由は多くの場合、ほかの人にも当てはまるものです。
ぜひ、今回のまとめを参考にしながら、自分なりのフランチャイズの成功例をイメージしてみてください。

おすすめの関連記事

―起業・独立・開業の成功ポイントがわかる!ー
1から教える!脱サラから始めるフランチャイズ起業の独立成功術

―フランチャイズを最大限活用しよう!ー
独立起業するためのフランチャイズを最大限に活用する方法

関連記事