経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

1対Nの商売から、1対1の商売へ転換できるか!?

ポイント
  1. オーダーメードスーツの話から見る1対1の重要性

目次 [非表示]

飲食店でアルバイトをしている大学4年生が、社会人になるにあたって、スーツを新調したいと思いました。しかもオーダーメードスーツで。忙しく採寸などする時間を確保できない、したくないということもあって、バイトの合間に、出張で来てくれるオーダーメードスーツの会社に発注。かつては、納品まで1か月程度かかり、値段も10万円と、とても使い勝手がよかったとはいえないオーダーメードスーツでしたが、現在では、1週間程度で納品、値段も3万円程度でできるそうです。

大手もどんどんオーダーメードスーツの市場に参入していきます。

僕の後輩でも参入障壁が圧倒的に低いこともあって、3社程度オーダースーツもやっている後輩がいます。このメンバーは経営者層に絞って、個人的な関係性で販売をしています。(保険の営業マン的な位置づけですね!)そのため、生き残ることはできると思いますが、商売のスケールという観点ではなかなかに難しいと思います。

ゾゾスーツ然り、完全に1対N(不特定多数)の時代から、11の時代に入ってきました。しかもその1が、場合によっては、本人すら気が付いていない、希望だったりするわけです。(ビッグデータなどを利用)

産業関係なく、1対Nで商売をやっていた会社が、今後、11の形にできるか?というのは、大きな生き残りをかけたポイントになるのだと思います。

この記事には続きがあります

続きを読むにはメルマガ登録(無料)が必要です。
入力はメールアドレスだけ!10秒で登録完了!

メルマガ登録がお済みの方はこちらからログイン

メルマガ登録

登録することで、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものと見なされます。

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

株式会社ウェイビー代表取締役社長
徳島大学客員教授
世界経済フォーラム(ダボス会議)メンバー


慶應大学卒業後、23歳の時、病気をきっかけに、小学校親友4名、資本金5万円で起業。

10年間で10,000人を超えるスモールビジネス支援の実績を誇り、
スモールビジネスが、「早く、大きく、強く」育っていける01クラウドシリーズを展開。

経営、マーケティング、マネジメント論に定評があり、全国多数の経営者に慕われ、
銀行、経営者団体、上場企業などからの講演実績も多数。

「自分で稼ぐ力を身につける本」や「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書6冊。
日経新聞、エコノミスト、NHKなどメディア出演多数。