総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

フランチャイズ飲食店経営で失敗しない極意

ポイント
  1. フランチャイズ本部に相談できる権利をうまく使おう
  2. フランチャイズ本部に言われたことしかやらないというのも問題
  3. 契約前に調べておくこと、確かめておくべきことを確認

目次 [非表示]

フランチャイズでよく耳にするのが飲食店。飲食業界のフランチャイズは他業界に比べ多種多様で、また、なじみ深いだけに人気です。しかし、その一方で失敗するオーナーも数知れず。今、フランチャイズで飲食業界に参入しようか迷っている方に、フランチャイズで失敗しない飲食店経営の極意をご紹介します。

フランチャイズで失敗する人の特徴


本部からノウハウを得られることで、フランチャイズのお店の失敗する可能性は低いといわれがち。しかしどの業界にも言えることですが、以下のタイプの方は失敗しやすいものです。
①人に相談できない
②人の話を聞かない

①と②に共通するのが、自分のやり方に固執しまうところです。自分で何でも解決しようとするタイプは、経営者の方に非常に多いもの。フランチャイズでは対価を支払う代わりに「アドバイスを受けられる」などのサポートがたくさんあるのです。それにもかかわらず、オーナーさんの中には、それらの権利を活用しないで失敗する方が非常に多く見受けられます。

③自分で現場を見ない、聞かない
フランチャイズは、本部からのサポートが非常に細やかなため、すべて本部に勧められた通りに実行に移してしまうという例もあります。①②と逆の考えではありますが、本部のアドバイスをすべて受け入れる必要はありません。時として、現場との乖離が起こり、失敗する引き金になることもあります。自分で考える、自分で見る癖をつけるようにしましょう。

「人任せにしない」自分で調べるべき重要な項目とは


自分の店舗でありながら、フランチャイズだからという理由で人任せにすることはよくありません。あくまでもフランチャイズはサポートですので、オーナー自身能動的に行動するべきです。特に調査が必須となる、重要な項目を挙げます。

1)フランチャイズ本部の状況


「フランチャイズの本部の状況を調べずに契約した」ということはありませんか。例えば、フランチャイズ本部に知り合いがいたので契約したら、経営がうまくいっておらず本部自体倒産してしまったという例があります。
フランチャイズ本部が、過去どのくらいの期間存続してきたか、加盟店を何店舗もっているかなど確認する必要があります。長年続いているフランチャイズであればあるほど、お客様からの支持を得ていると考えられます。もちろん、歴史の浅い本部だからといって信用できないわけではありません。その場合は実際の直営店や加盟店を調べてみるのもいいでしょう。

2)加盟店や直営店の状況


加盟店や直営店の状況確認はとても大事です。本部に相談すれば、契約前に紹介してもらえる可能性もあります。実際に訪問して、オーナーさんと話してみるとよいでしょう。もし紹介してもらえない場合は、直接、忙しくない時間に訪問し事情を話せば、状況を教えてくれるオーナーさんもいます。
また、可能であれば、業績がいい店舗とうまくいかない店舗の両方から話を聞いてみるようにしましょう。また、直営店が最近廃業してないか確かめる必要があります。例えば加盟店から直営店に切り替わったという例もあるため、総合的に把握するようにしましょう。

3)どのようなサポートを享受できるか


契約する際に、フランチャイズ手数料ばかりに目が行ってしまい、より安いところと契約して失敗したというご経験はありませんか。加盟金が高い、ロイヤリティーが高いのにはそれ相当の理由がある場合があります。サポートが整っていたり、賃料や光熱費をある程度、本部が負担してくれることもあります。加盟金が高いということは、ブランド力を持ち合わせている場合が多々あります。ブランド力のないフランチャイズに加盟しても、顧客に認知されず、売上が上がらなければ、加盟した意味がありません。
ですから、手数料ばかりに気をとられず、本部からどのようなサポートを受けられるか、それがなくても自分で経営ができるか、自分でした場合、それ以上の費用がかかるかなどを総合的に考えるようにしてください。

4)立地の状態


本部から、物件を紹介され契約したが、あまり客足がのびなかったという話を聞きます。実際、フランチャイズによっては、ほかの加盟店が辞めてしまった物件を新しい加盟店に勧める場合があります。可能であれば、勧められた物件に一度足を運んで、周辺地域を見てみることが大事です。

5)本部の戦略と自分の考え方があっているか


フランチャイズは本部の方針に左右されます。決められたルールの中でオーナーは経営しなければいけないのです。例えば、カフェの経営をする際、お客様にのんびりとよりよい時間を過ごしてもらいたいと思っているのに、回転率のいい安価なカフェのフランチャイズに加盟してしまうと自分の考えているカフェのイメージと合わなくなります。フランチャイズをする際には本部の方針を確認するようにしましょう。

6)契約書の中身


説明会も聞いて納得したので契約をしようという時に、内容は理解しているからと中身を読むことなく契約書に判を押すオーナーさんがいらっしゃいます。知らなかったでは済まされない項目がたくさんあるというのに。例えば、契約期間もその一つ。期間内に廃業して、違約金を請求されるという事例もあります。

7)利益・売上の根拠の検証


フランチャイズ本部が提供する利益や売上の予測は、あくまで予測であり、確約されたものではありません。ですから、どうしてこの数字になったのか、根拠を確かめる必要があります。本部や加盟店、直営店といった内輪に聞くだけではなく、同業他社のフランチャイズの予想値と比較するなどしましょう。

こちらもあわせてお読みください
低コストでできるフランチャイズ!カテゴリー別ランキング

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事