外国人を雇用する際のビザと在留資格について理解しよう

ポイント(この記事は7分で読み終わります)
  1. 外国人が日本にいるには在留資格が必要
  2. 在留資格やビザをプロが解説

日本を始めとして、ある国の国民が他の国に入国するためには何もチェックもなくフリーパスというわけにはいきません。

ここでは日本に入国するための在留資格をビザの説明も絡めてしていくことにします。

外国人労働者を雇用する際には在留資格についての理解は必須ですのでしっかりと理解したうえで外国人労働者の雇用を始めていただければと思います。

ビザは入国前に在留資格は入国後に必要となる

まずはビザと在留資格の違いについては理解しておくようにしましょう。ビザと在留資格はどちらにしても日本に入国する外国人には必要なものですが、違いがよく分からないこともあるかもしれませんので間違えないように覚えておきましょう。

ビザと在留資格は効力の発生時期が異なることを理解しよう

ビザと在留資格はどちらも必要なものですが、必要となる場面が異なるのが大きな特徴であると言えるでしょう。ビザ(日本語では査証と呼ばれます)というのは、日本に行きたいと考える外国人に対して、その国にある日本大使館や領事館が外国人本人が所有しているパスポートをチェックしたうえで、日本へ入国を許可しても問題はない人物であると判断した場合に押印されるものになります。

ビザは許可をされた本人のパスポートに貼り付けられることになります。ビザの運用に関しては日本人が海外に訪れる場合でもそこまで変わっているわけではないので、海外旅行に言ったことのある方は日本のビザは見たことはなくても日本以外の国のビザは何度も見たことがあるかもしれませんね。

外国人の入国を定めた入国管理法には有効なビザを持っていることが日本へ入国申請することのできる条件とされています。ちなみに法律では外国人が日本に上陸すると表現しますが、ゴジラでもない外国人が日本に来ることを上陸と表現するのはあまりにもおかしいので入国と変更してここでは表記します。

日本では空港や港などで入国審査官が入国を希望する外国人のパスポートに押されているビザを確認したうえで、そのビザに対応する在留資格を与えることで、ようやく外国人は日本への入国を許可されることになるのです。

そしてこの段階でビザは役割を終えることになり、今後外国人が日本で行動を行うにはビザに代わって登場する在留資格に代わることになるのです。

つまりビザは外国人が自国から日本へ入国を認められるまでに効力を発揮し、在留資格は日本に入国してから効力を発揮するものであると覚えておくといいでしょう。

外国人が日本へ入国するには本国のビザの発給条件をクリアし、さらに日本の空港や港などで入国に問題ないかどうかといった2つの条件をクリアしなければいけないことになっているのです。

そして2つの条件をクリアした外国人に与えられるものが在留資格ということになります。

ただし、ビザが不要な特殊な例として3つ存在していますので、ここで紹介しておきます。

ビザが不要な3つのケース

◆ビザの相互免除取り決め国の国民
査証免除協定に伴う査証相互免除取決め国の国民が「短期滞在」の在留資格を利用して観光などの目的で日本に入国する場合にはビザは不要となります。

◆再入国許可を持つ人
既に日本に入国した経験を持っている方で、日本から出国する以前に再び入国する再入国許可を取得している外国人が同じビザで日本に再入国する場合には新しいビザを取得する必要はないとされています。

◆特例上陸許可の場合
特例上陸許可というのは飛行機の乗り継ぎといった都合によって日本に一時的に滞在することになる外国人が、72時間以内の間で買い物などを行うケースのことです。特殊上陸許可以外にも観光通過上陸や周辺通過上陸といったものもありますが、日本に入国する目的ではないものの日本に一時的に滞在することになる場合と考えておくといいでしょう。

短期滞在の場合にビザが不要な国家・地域を大陸別に紹介

ここでは短期滞在の場合にビザを取得する必要のない国家に関して紹介していきます。以下で紹介しているビザが不要な国家は現在で68か国になっており、滞在期間は基本的には90日となっていますが、例外としてインドネシア・タイ・ブルネイは15日、アラブ首長国連邦(UAE)は30日となっていることに注意しておくようにしましょう。

◆アジア(9か国)
インドネシア・シンガポール・タイ・マレーシア・ブルネイ・韓国・台湾・香港・マカオ

◆北アメリカ(2か国)
アメリカ・カナダ

◆中南米(12か国)
アルゼンチン・ウルグアイ・エルサルバドル・グアテマラ・コスタリカ・スリナム・チリ・ドミニカ共和国・バハマ・バルバドス・ホンジュラス・メキシコ

◆大洋州(2か国)
オーストラリア・ニュージーランド

◆中東(3か国)
アラブ首長国連邦(UAE)・イスラエル・トルコ

◆アフリカ(3か国)
チュニジア・モーリシャス・レソト

◆ヨーロッパ(37か国)
アイスランド・アイルランド・アンドラ・イギリス・イタリア・エストニア・オーストリア・オランダ・キプロス・ギリシャ・クロアチア・サンマリノ・スイス・スウェーデン・スペイン・スロバキア・スロベニア・セルビア・チェコ・デンマーク・ドイツ・ノルウェー・ハンガリー・フィンランド・フランス・ブルガリア・ベルギー・ポーランド・ポルトガル・マケドニア・マルタ・モナコ・ラトビア・リトアニア・リヒテンシュタイン・ルーマニア・ルクセンブルク

こちらも合わせてお読みくださいー海外で働くにはー
今起業するならタイがアツい!?〜タイの動向を探る〜

残り3486文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

関連記事