サラリーマンの副業に!今こそ始めやすい「仮想通貨取引」

「仮想通貨に興味はあるけれど、今から始めても遅いのではないか?」と、最初の一歩を踏み出せずにいらっしゃる方も多いのでは?

2017年に盛り上がりを見せた仮想通貨取引。投資の手段として、仮想通貨で多額の富を築いた「億り人」が注目されるなど、さまざまなメディアで取り上げられたため、一時のブームだと思っている方も多いかもしれません。しかし、仮想通貨取引は副業としてお馴染みの手段になりつつあります。

ここでは、今だからこそ始めた方が良い仮想通貨の投資方法や、それぞれの仮想通貨の特徴、成功を掴むための方法についてご紹介致します。

仮想通貨取引の今

Bitcoin(時価総額8兆3010億)、Ripple(時価総額1兆7038億)、Ethereum(時価総額1兆3914億)を始め、さまざまな仮想通貨が市場で取引されています。

現在は、市場拡大や価格高騰が話題になった2017年と比較して、価格は落ち着きを見せています。一方で、RippleやEthereumなどは、さらなる成長も見込まれており、法律面や税制度、さらには送金方法などの整備によって、今後は成熟した市場に変化していくものと推測されます。

価格が停滞、もしくは下落傾向にある仮想通貨もなかにはありますが、仮想通貨市場自体は徐々に拡大しつつあると言えるでしょう。

安定傾向の今なら、初心者でも難しくない

「投資は難しい」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。そのなかでも仮想通貨は、価格の動きが激しく、初心者には難しいという印象がまだまだ根強い商材です。

 かつては、価格の変動が激しい商材であった時期もありましたが、数年前に比べると価格の変動は安定傾向。長期的な運用の見通しも立てやすくなりつつあるため、初心者であっても、投資によって収益が得られやすい状況に変化しつつあります。

「積み立て投資」の人も増えている

 価格相場の安定に伴い、これまでのような一攫千金を狙うような投資手法に加えて、積み立てによる投資で収益を得る人も増えてきました。少額から始められるので、投資運用プランを大幅に変更するリスクも少なく収益に繋げられます。

「億り人」が騒がれていた時代

一時期、仮想通貨で資産1億円を達成した人が「億り人」と呼ばれ、話題になりました。まだまだ流通して間もない時期の仮想通貨は、価格の上下変動が大きい傾向にあったため、購入時の価格から、数十倍、数百倍と価格が上昇した場合には、急激に資産を増やしやすい傾向にありました。

「億り人」は、新規で導入された仮想通貨の価格が安定する前に購入し、リスクを背負った状態で保有し、価格が実際に上昇後に売却して富を築いたケースがもっとも一般的なパターンです。価格が安定している場合は起こりにくい傾向にある現象ですが、 もっとも取引されているビットコインであっても、現在市場で取引されている量は全体の約3%。まだまだ価格の上昇や投資の可能性を秘めています。

もしあなたがこれから「億り人」を目指すのであれば、一般的に広く流通している仮想通貨よりも、これから新規で取引が開始される、もしくは取引されて間もない仮想通貨を購入する方が可能性が高い傾向にあります。

しかし、流通量の多い仮想通貨を購入するよりも、リスクを背負う可能性もあるので、リスクマネジメント策は必須と言えるでしょう。

各仮想通貨の特徴

仮想通貨には、さまざまな種類があります。ここでは代表的な仮想通貨をご紹介させていただきます。

 ビットコイン

ビットコインは、時価総額がおよそ8兆円。現在最も多くの取引が行われている仮想通貨で、実際にショッピングに使える店舗も登場するなど、実用性にも優れている点が特徴です。

ビットコインが広く流通した理由としては、仮想通貨の決済や送金時の取引データを管理するために使われている「ブロックチェーン」と言う技術にあります。

仮想通貨におけるブロックチェーンとは、取引履歴を管理するデータベースのようなもので、中央に大きなサーバーを作らなくても管理できる高い技術力や、仲介人なしで金銭をやり取りでき、送金コストが安価である点などから広く浸透してきました。今後も銀行の送金管理や不動産取引の管理など、幅広い分野への応用が期待されています。

リップル

近年、非常に高い将来性から、注目されているのがリップルです。後述のイーサリアムを抜いて時価総額2位になった注目の仮想通貨で、仮想通貨のメリットでもある国際送金の速さと手数料の安さに、とりわけ優れている点が特徴です。この取引手続きから完了までの「速さ」から、銀行などの金融機関で使われるケースも増えつつあり、さらなる成長や、流通規模の拡大が見込まれています。

イーサリアム

これまでご紹介させていただいた仮想通貨が、決済や送金に主軸が置かれているのに対し、イーサリアムは「スマートコントラクト」という技術を備えたプラットフォームとして発展し、契約を自動で効率よく行うために作られた仮想通貨です。

将来的には例えば自動販売機などのように、これまでお店で人間同士の契約や取引売買によって成り立っていたものを、機械的に行うことで効率化することを目指しており、不動産契約などの大型契約まで自動でできるように調整が進められています。

仮想通貨取引所

仮想通貨は、仮想通貨取引所で取引されています。ここでは、仮想通貨の購入や取引に使われている取引所をご紹介させていただきます。

GMOコイン


引用:GMOコイン

仮想通貨の売買と、仮想通貨FXサービスを行っているサイトです。取り扱いはビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムなどで、仮想通貨の取引や購入をする際の入出金手数料が無料で、システムのセキュリティの信用性が高いことが大きな特徴です。ユーザーとGMOコインが直接仮想通貨をやり取りする販売所形式と呼ばれる取引形式をとっており、初心者向けの解説アプリなども用意されており、初めての方でも取り扱いやすいシステムです。

DMMビットコイン


引用:DMM.Bitcoin

DMMビットコインは、2018年1月から株式会社DMMの関連会社が開始した仮想通貨取引所です。展開しているサービスは仮想通貨の売買と、仮想通貨FXサービスで、開設まもない市場でありながら、早くも人気市場になりました。

DMM BitcoinとGMOコインの大きな違いは取り扱い通貨や取引の違いにあり、販売所の取引銘柄が充実しているGMOコインに対し、DMM Bitcoin はFXの銘柄が多く取り揃えられているのが特徴です。

仮想通貨を購入する際の出入金手数料や、取引手数料も無料で、初心者向けにLINE上にサポート窓口も用意されているなど、手厚いサービスも魅力的です。

仮想通貨の購入方法

どうすれば、実際に仮想通貨を購入できるのでしょうか?まずは、ビットコインの取引所に登録し、取引所の口座に入金する必要があります。入金は、銀行やコンビニエンスストアからの振込、またはクレジットカードが一般的ですが、なかには仮想通貨を使った売買が可能なケースもあります。

高額取引ばかりが注目されている仮想通貨ですが、実際には数百~千円あたりから購入ができます。

価格変動が、一時期よりも落ち着きを見せてきた仮想通貨市場では、あなたのご予算にあった投資運用も可能。空いた時間のお小遣い稼ぎや副業にも優れています。もし仮想通貨に興味をお持ちでしたら、今回掲載させていただいたこれらの情報を参考に、仮想通貨取引の第一歩を踏み出されてみてはいかがでしょうか?

おすすめの関連記事

ー仮想通貨以外の投資なら
サラリーマンの副業に!初心者でもできる投資5選【用語集付き】

ー副業は投資以外にもたくさん。ほかの投資についても知っておこう。
在宅で稼げる副業10選|自分にあった仕事の見極め方

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事