8,000人以上の起業家支援の決定版!誰でも商売上手になれる!? 「01アカデミア」とは

小さい会社や個人事業主など起業家の0から1を創る支援で、日本トップクラスの実績を誇る株式会社ウェイビー。

のべ8,000人以上の起業家支援から得た経験を、詰め込んでつくった『01アカデミア』という起業家の01支援のためのサービスを展開しています。

今回は『01アカデミア』についてよく質問されることを、代表の伊藤がインタビュー形式で回答しました。

academia-728×90

01アカデミアとは?

『01アカデミア』って一言で言うとなんですか?

助っ人編集部

伊藤 健太

01アカデミアとは、0から1を生み出すことにコミットをした、起業家のための売上アップのサービスです。

とくに、起業からすぐに黒字を目指す起業家や、 新しい事業を生み出そうとしている起業家、事業承継で代替わりした地方の2,3代目の起業家をメインにサポートしています。

スクリーンショット 2019-03-01 18.18.23(1)伊藤健太 累計10,000件を超える起業、起業家のアクセラレーションに関わるようになり、日本屈指の起業家支援の会社と言われるまでに成長。2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。2018年には徳島大学客員教授に就任。「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書5冊やメディア出演多数。

 

具体的にはどんなサポートを提供しているんですか?

助っ人編集部

伊藤 健太

大きく分けると次の3つです。
1. 起業家マインドのアップデート
2. 1on1 目標や行動の管理
3. マッチング


1つずつ簡単に説明していきますね。

01アカデミアのサービス内容

スクリーンショット 2019-03-01 18.25.53

起業マインドのアップデート

 

伊藤 健太

まず、 「起業マインドのアップデート」について解説します

いままで8,000人以上の起業家支援をしてくる中で、蓄積された圧倒的な勝ちパターンをレクチャーします。
これをそのまま実行すれば勝てますというレベルの、実践的なノウハウです。

ぼく達が長い時間をかけてPDCAを回しているので、起業家にとってそのノウハウを知ることでGOALへの圧倒的なショートカットになって、ムダな時間を削減できますし、成功の確率を上げることができると思っています。

具体的には、参加者1人1人と四半期ごとの目標を設定します。次に目標達成に必要となる具体的な行動計画を立てます。行動計画の内容としては、売上を上げるために必要となる実際の行動になります。

たとえばyoutubeを入口にして、youtube経由で個別の相談を10件いただけるようにしましょうとか、
セミナー開催から3件依頼に繋げましょうとか、出版をして講演依頼をもらう中で依頼に繋げましょうとか、ブログから集客しましょうとかです。

youtubeやセミナー、出版、ブログというのは集客方法になります。 集客方法を早く、うまく使えるようになるかで、起業家の売上は決まるわけです。 集客方法を外注するという方法もありますが、起業家の予算的には実際は自分で手を動かすことになります。

問題は、この集客方法を自己流や適当にやっている起業家があまりにも多いということです。それぞれ間違いなくうまくやる方法があるにも関わらず、その方法を知ることなく自分で手さぐりでやっているのです。だから結果がまるで出ません。

行動計画の進捗を一緒に確認したり、独自システム上にアップした売上を伸ばすためのコンテンツから、その人に必要なもの選び実践してもらっています。2019年3月時点のコンテンツのボリュームは、合計400時間以上で、動画が21カテゴリーで266本、音声が15カテゴリーで223本と細分化されています。

すでに結果が出ていることを学んで、実践した方が圧倒的に早いですよね!ムダな努力をしている起業家が多いですから。

助っ人編集部

伊藤 健太

はい、そうなんです。全国どこにいても、日本の最先端のノウハウを入手することができるのが好評で、地方のメンバーも多いですね。

1on1 目標や行動の管理

 

伊藤 健太

次は、「1on1 目標や行動の管理」ですね。

これは、起業家と年間700回以上MTGしている専属トレーナーがついて、個別に事業の進捗や相談などの時間を提供しています。地方在住の人はオンラインで実施しています。

起業家は客観的に自分のことをみることができずに、閉じこもりがちです。客観的な視点で他の起業家との比較や、アドバイスを受けることで雲が一気に晴れることがあります。

3(2)

academia-970×250

マッチング

伊藤 健太

最後が、「マッチング」です。

事業をスケールさせていくために必要な人や企業を紹介します。見込み客のご紹介はもちろん、仕事の依頼、メディア露出など、参加者がゴールに近づくチャンスを、どんどんつくります。 たくさんのネットワークがあるので、年間で1万件を超えるマッチングを生んでいます。

自分でネットワークする人を決めるとなると、今の実力と目線で人を選ぶから、スケールしないことが多いんですよ。 そうじゃなくて僕たちが選ぶので、大きくビジネスが広がる人を選んでマッチングさせます。

4(1)

 

お客さんになりそうな人や、協業できそうなパートナー企業を紹介してもらえるんですね!起業家は一人では何もできないですもんね。

助っ人編集部

伊藤 健太

はい、その他には四半期に1度の経営合宿、伊藤主催の飯会、海外や地方視察、ビッグゲストをお呼びしてのイベントを開催しています。

500人以上の起業家メンバーがいて切磋琢磨しあうので、めちゃくちゃ刺激をもらうことができますよ。起業したての個人ではつながれないレベルの人も紹介していくので、うまく活用して欲しいですね。

起業支援をやるようになった経緯

そもそもなぜ起業支援を専門でやるようになったんでしょうか?

助っ人編集部

伊藤 健太

起業家支援がはじめからやりたかったわけではなく、結果的にここにたどり着いた部分が大きいですね。本当は自分自身が他の起業家の支援でなく、カッコいいベンチャーをやろうと思っていました(笑)

はじめは収益には全くなっていなかったけど、お客さん同士をマッチングとか、勉強会とかセミナーをやり始めて、数年後には、数千人規模の起業家イベントを主催するぐらいまで発展していきました。

なるほど、そうやって起業家のコミュニティができていったんですね。この業界や業種は結果が出なかったというものはありますか?

助っ人編集部

伊藤 健太

業界や業種でうまくいかなかったというカテゴリーはないですね。人しだいです。今でも人によっては、結果が出せない人もいます。

うまくいく人、いかない人の違いは?

助っ人編集部

伊藤 健太

言われたことを素直にそのままやる起業家はうまくいきます。でも、教えられたことを全く本質をずらしてやってしまう起業家はうまくいきません。

何が当たるかわからないんだから、成功するまでPDCAを回すのは当たり前だし、これがよいと思ったら聞いた瞬間にすぐやる、結果が出るまでやる。それが起業家として当たり前で、起業家というのはみんな、同じ感覚だと思っていました。

でも実際は、そこに取りかかる速度や感覚には個人差があるんですよね。ぼくが言っている理屈は正しけど、それを実際に行うというのはまた違う力なんだということ。ここにものすごい個人差があるんだと気づくまでに時間がかかりました!

スクリーンショット 2019-03-01 18.55.47

だれであっても結果がでる仕組みづくり

だれでも行動に落とし込めるように、そのあたりが今の01アカデミアに反映されているんですか?

助っ人編集部

伊藤 健太

はい、なのでマーケティング的な圧倒的な勝ちパターンを伝えながら、だれであってもちゃんと結果が出るような仕組みづくりに力をいれています。

チームで声がけをしながら運用するとか、一人に専任の担当者をくっつけて進捗を追いかけるとか、性格に沿った指導をできるような仕組みづくりといったことを行っています。

 

6

 

なるほど、それで今のようなサポート内容になっているんですね。わかりやすい成功事例みたいなものがあれば教えてもらえますか。

助っ人編集部

伊藤 健太

はい、基本は全員同じ構図で、まずはしっかりと自立できる売上をつくることを大切にしています。売上を上げる顧問サービスを展開(チャレンジャーズの前身も含め)して、6年経ちますが全くの0からスタートした起業家の売上でいえば10億円は超える売上をつくっています。(当然ですが参加してくださった起業家個人の努力の賜物です。)

また、自分のいる環境の中で得られることしか知らないんですね。だからその人の外側にある知らないことで、できることを教えて差し上げます。

結果、日経新聞、エコノミスト、各種TV、ニューズピックスなどで取り上げられたり、20名近い参加者が商業出版を実現しています。ベンチャーキャピタルからの投資を受けることができた参加者も10人以上います。

方法論だけなら世の中にいくらでもありますが、重要なのは確信をもってそれに取り組めるかどうかなんですよ。この人がそういうなら信じてやってみようと思ってもらうには、圧倒的な実績や経験が大事です。 

たしかに、知っていることと、実際にやることの間には大きくて深い溝がありますよね。ここまで話を聞いても、一歩を踏み出せない人はどうしたらいいですかね?

助っ人編集部

伊藤 健太

別にムリして踏み出さなくていいと思います。正直そういう人は相手にしていない。一緒にやりたいのは、もうやっている人。

教えるとか、教えられるという関係でなく、あくまでも僕たちはやっている起業家の成功確率を上げるための1つの独立した協力者だと思ってもらえるとよいかもしれません。

起業家自体の存在とぼく達が掛け合わされることで圧倒的にレバレッジが効くようになります。

自分ひとりで起業や事業なんて絶対にできないし、スケールしない。「繫栄」という言葉がすごく好きで、繋がって栄えると書きますよね。繋がらないと栄えることはできないんですよね。

起業家の一番の仕事は繋がる力。それが理解できる人だけきてくれればいいと思うし、気になる人は一度セミナーに来て、僕の話を聞いて判断してもらえればいいと思います!

セミナーの詳細をみる

academia-600×500

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事