田舎で起業をする時に知っておきたい!失敗しないための情報

ポイント
  1. 地方暮らしを、どう思っている?
  2. 地方での暮らし方とは?
  3. 田舎での暮らしが成功しやすい人の特徴3つ

近年では、生き方や働き方といった言葉が世の中に浸透し、同時に私たちの選択肢の幅が広がってきています。

“暮らし”という点においても同じ。

地方で過ごすことを希望する人や将来の目標として思い描いている人たちが多くいます。とりわけ、移住や田舎暮らしを選択肢のひとつとしているのは若者世代で高まっているようです。

今、サテライトオフィスの設置や複数拠点で活動するといった働き方の幅も広がり、地方で事業展開する会社や起業をする人も増えています。

自分にとってベストな暮らし方を見つけやすい時代になってきたといえます。しかしながら、都会から田舎での暮らしにギャップにかえってストレスを感じたり、地元の人とのコミュニケーションがうまくいかず移住に失敗するなど、現実にはネガティブな声も聞こえてきます。

地方で仕事をする、生活をするとなったときに一体どんな点を意識して検討していったらいいのでしょうか。ここでは、実際の地方での暮らしの現状を知りながら、あなたらしい暮らし方を見つけていきましょう。

地方暮らしを、どう思っている?

東京をはじめ、大都会で日々忙しなく働く人たちにとって、地方生活を夢とする人も少なくありません。「たくさんの自然に囲まれて、のんびりと過ごしたい」「都会と田舎の二拠点での暮らしに憧れている」「UターンやIターンで地方移住を考えている」といった思いを持っていたり、また、のびのびと成長できる環境を求めて地方を選択する子育て世代も増えています。

実際に株式会社クロス・マーケティングが調査したアンケートによると、全国47都道府県に在住する20歳~69歳の男女のうち、地方移住・二拠点居住の実行意向について、「意向がある(実行予定がある・関心がある・検討している)」と回答した人は全体の24.8%と、4人に1人が移住に関心があることがわかっています。【田舎暮らし】クロスマーケティング移住意向(出典:株式会社クロスマーケティング「地方創生に関するアンケート」)

そのうち、検討する移住パターンについては「二拠点居住」(19.6%)が最も多く、次いで「Uターン居住」(15.1%)という結果でした。一方で移住に関心が高い人でも「まだわからない」とする人が約4割いて、具体的な移住方法が決まっていない人も多いようです。また、移住や二拠点居住を検討する理由のうち5つ出され、のんびりとした生活を求めていることがわかっています。
 

検討している人の理由としては、「スローライフを実践したい」(30.3%)、「自分の故郷で暮らしたい」(28.2%)、「美味しい水や食べ物、空気の中で暮らしたい」(26.3%)など、ゆっくりした暮らしを求める傾向がみられた。
(出典:株式会社クロスマーケティング「地方創生に関するアンケート」)

【田舎暮らし】クロスマーケティング移住検討理由

UIJターンについて知りたい方は、こちらも合わせてご覧ください。
地方での起業を考えている人必見!今更聞けない、U・I・Jターンとは?

地方での暮らし方とは?

生活
地方での暮らしにあたって、仕事のこと、家族のこと、お金のことといったさまざまなクリアすべき課題があります。実際に、アンケート調査でも移住希望者の不安点として、「働き先が少ない」「日常生活の快適さ」「医療・介護・福祉の充実度」などがあげられています。きちんと考えておくべきことを整理して、移住に向かうようにしましょう。【田舎暮らし】クロスマーケティング不安点

【暮らしのパターン】

地方での暮らしにおいては、主に以下のパターンが考えられます。最近では、働き方の幅が広がったことによって二拠点居住などをする若者も徐々に増えています。

1.移住
住居ごと田舎に移すパターン。
2.多拠点居住
自宅は都心部、週末のみや月の半分は田舎で過ごすといった、拠点を行き来するパターン。

4つのメリット

では、実際に地方で暮らすにあたり、どんな点にメリットがあるのでしょうか?

1.豊かな自然環境がある
山・川・海がいつも近くにあり、四季折々の見事な変化を楽しみながら、都会にはない自然に寄り添った生活ができます。都市部の喧騒とは異なり、深呼吸して新鮮な空気も味わいながら、心も身体も常にリフレッシュした暮らしが実現できます。
2.家賃が安い
生活をするうえで、お金は非常に大切になってきますよね。特にコストとして大きく占める家賃は、できるだけ安く抑えたいところ。そんなとき、田舎暮らしでは、家賃の安さも大きなメリットと言えるでしょう。だいたい都内と比べて、2~3割程度は安くすることができそうです。地域によっては、無料や数千円程度の賃料で住むことが可能な物件もあったりします。
空き家物件情報を地方公共団体のHPで発信している「空き家バンク」という仕組みもあるので、ぜひチェックしてみてください。
(参考)一般社団法人 移住・交流推進機構「空き家情報」
3.新鮮な食材が手に入る
旅行で出かけた際によく見かける、農産物直売所や新鮮な野菜などを購入できるお店があります。大都市にいると流通してきたときには、採れたての食材をいただくのは難しいでしょう。しかし、田舎での暮らしであれば、常に新鮮で、旬な食材を手に入れることが可能です。都会ではコンビニ飯や即席のものでご飯を済ませる人もいますが、健康面においても食は大切です。田舎では、健康な身体を保つ暮らしができます。
4.都会と比較して、ゆったり
効率やスピードを求められたり、電車のように分単位で動く慌ただしい都会生活とは違って、気持ちに余裕のある過ごし方ができ、同じ時間の中でもゆったりとしている感覚があります。自分の時間に向き合いながらの生活ができます。

家はどうする?

田舎暮らしにおいて、住居は外せないですよね。方法としては、都会と同様賃貸や中古、新築物件の購入などがあります。

1.賃貸物件
大都会と比較して賃料が安いのが地方の魅力です。そのため、自分自身が仮にその土地に合わなかったり、生活環境場合なども考慮すると賃貸という選択は、物件購入よりは比較的資金準備もしやすいので、いいかもしれません。公営住宅を検索したり、最近ではUIJターン移住者の受け入れに力を入れている自治体もたくさんあります。各自治体HPや特設サイトで情報掲載されているので、参考に見てみるとよいでしょう。戸建てタイプより、アパートや集合住宅タイプが多いようです。
2.新築物件
「目的に合った家で暮らしたい」「環境に合う家づくりをしたい」という方は、少し予算としても高くはなりますが、新築物件で検討してみましょう。さまざまなところから情報収集を行うと思いますが、よりその土地への愛着を持った過ごし方につながる方法として、それぞれの地域に根付く地元の工務店さんや大工さんに相談するのもよいでしょう。
3.中古物件
「可能な限り出費を抑えたい」「古民家を改修した家で過ごしたい」といったこだわりのある方は、中古物件をおすすめします。ただし、周辺環境や物件の状態などもそれぞれ異なってきますので、自治体が紹介する空き家情報や、中古物件の不動産屋さんなどに相談してみるとよいでしょう。

移住にあたっては、各自治体で諸条件をクリアすれば支援金や助成金を活用して暮らすこともできます。自分自身がどんな環境で、どのように過ごしたいのか、家族や共に住む人たちの状況、生活費などをしっかり把握して移住先も検討していくとよいでしょう。

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事