Question
起業に関するQ&A2019/03/14

レスが早いのは当たり前で予見可能性を示せ

矢印

質問に回答する

ペン質問に回答する
Answer

起業やビジネスの世界ではレスポンスが早い人になるべき

回答日時:2019/03/14 18:42:59

起業やビジネスの世界でレスポンスが早い人になるべきだという話はよく言われますが、それ以上に評価されるためにはどのようなことをしていけばよいのかということについて話していきたいと思います。

そもそも、起業したての起業家にとってコミュニケーションが早いことは当たり前に必要なことだと思います。

そして、さらにその上があるとすればレスポンスが早いだけで雑になってしまわないようにし、相手が何を求めているかを逆算してコミュニケーションをとることではないでしょうか。

仕事ができないと思われたり、一緒に仕事したくないなぁと思われる起業家は、自分の目線や自分の時間の中で生きています。

つまり、相手がいることを意識していないです。

自分の仕事がひと段落した時点でレスポンスをする人です。

例えば、仕事を頼まれてすぐにどのくらいで終わるのかというメッセージをもらい、仕事がどのくらいで終わるかの見通しが立たないときがあったとします。


この時、仕事がある程度終わってから連絡するのは良くないです。

仕事を渡した人っていうのは、別に仕事が終わってから聞きたいわけではなく、後どのくらいの時間がかかるかっていう予定を聞きたいんですね。

これは予見可能性というものなんですけど、相手が「この後任せた仕事がどのようになっていくか予測できる」ように返信して欲しいんですね。

なので、この場合はどのくらいで終わるかという見通しがたってなくても、ここからどうするのかをすぐに伝えるべきなんですね。

実際にメッセージを送るとすると、「今はまだたてこんでいるので今日の18時までにまた改めてご連絡します。」という返信でいいんです。

こうすれば相手は18時までにまたメッセージが来ることが分かるので、安心感が生まれるんです。

なぜこのような話をするかというと、僕の感覚的に起業家の7.8割はこれらの基本が絶対に出来てないです。

なので実際、この基本ができる起業家に仕事は集中しています。

つまり、商品やサービス自体の価値と起業家のコミュニケーションっていうのがセットになって、商品やサービスになっていると消費者は感じているんです。

なので、商品やサービスを良くしようとするならば、商品自体の価値をあげようとするだけでなく起業家自身の人間力やコミュニケーション能力もあげるべきだと思います。

先程述べた基本ができていれば、ほかの会社との違いがつくれるレベルで多くの人ができていないことなのです。

みなさんにはこれらの基本がきちんとできる起業家になって欲しいと思います。

 

オススメの関連記事
 

2019年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業

起業・独立・開業で失敗するパターン62選【起業支援の専門家が指摘!】

 

回答者プロフィール

伊藤 健太

株式会社ウェイビー 代表取締役CEO伊藤 健太

慶應大卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、 資本金5万円で起業。 お金がなかったため、知恵を絞った伊藤独自のマーケティング手法を多数考案。 8年間で、累計10,000件を超える起業・その後の事業支援に関わり、 全国、北海道~沖縄までコンサル先累計500社超を抱えるまでに成長。 全然売れていない(月商0-100万円)小さい会社や個人事業主の売上を 数か月~2年の間で、年商数千万円~10億円を超えるところまでに持ち上げた実績でいえば 国内でも間違いなくトップクラス。  2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書5冊 NHK、日経新聞、エコノミスト、夕刊フジ、日刊工業新聞、CCTVなどメディア出演多数。


矢印

質問に回答する

ペン質問に回答する

回答するためにはログインしてください。

メールアドレス
パスワード

パスワードの再発行はこちら


新規登録はこちら

削除します。よろしいでしょうか?