主婦でも起業する時代!ビジネスで自分の人生をランクアップさせよう!~メリット、失敗、制度など徹底解説!

ポイント(この記事は12分で読み終わります)
  1. 旦那さんのお給料への不安を解消
  2. やりたい形や時間を有効に使う選択肢としての起業
  3. 低リスクでできる起業のポイントを解説

今、主婦の方で、「旦那様のお給料が低くて不安がある」と言う方や、少しでも家計を支える為にパートやアルバイト等をし、家事もこなしながらハードな生活をされている方も結構いらっしゃると思います。

現代の日本においては、旦那様がいくら必死に頑張ってくれていたとしても、ブラック企業が多かったり、何かしらの理由によって、旦那様の給与だけでは生活が厳しいと言う方も多いのが現状です。

また、旦那様のお給料に余裕があり、パートやアルバイト等に出ていない方でも、日々の家事や子育て等に追われ、社会との接触があまりない方等にとっては、自分の人生と言う視点で考えた時、「自分も何かしてみたい!」や、「毎日子育てと家事だけで、私の人生って何なんだろう・・・」と考えている方も意外に多いのではないでしょうか?

一見、難しいと感じやすい主婦の起業ですが、そう感じてしまって何も行動に移せないと言うのは、実は、大変勿体ない事なのです。

今回は、主婦の方でも、ビジネスや仕事として起業する事を、少しでも身近に感じて頂けるよう、様々な視点から見る、「自分らしい起業」を提案させて頂き、諦めていた方や、起業する方法がわからないと言う方、また、考えた事が無かったと言う方にとっても、主婦が起業すると言う事を少しでも身近に感じて頂き、実際の起業に繋げて頂ければ幸いです。

1.主婦の起業~自分でも仕事やビジネスはできる!

一昔前であれば、妻は自宅で家事や子育てを行い、夫が社会で稼ぎを持ってくると言うのが一般的だったかもしれません。

しかし、実際には、働き方、稼ぎ方が多様化し、選択肢も広くなっています。

もちろん、主婦だって例外ではありません。比較的働くことのできる時間が制限されてしまいがちな主婦の方でも、起業できる時代となっているのです。

1-1.主婦がパート、正社員で勤務している場合

主婦の方が働いている場合、多い形態は、パート・アルバイト・正社員ではないでしょうか?

パート・アルバイトの場合は自由度が高いのに対し、賃金が少ない傾向にあります。

また、正社員で勤務している方も、給料はある程度貰えていたとしても、正社員であると言う観点から見れば、責任が重く、拘束時間なども長いのではないでしょうか?

拘束時間が長くなればなる程、家事や子育てに費やす時間は限られてきますから、体力や精神力が必要な上に、気持ちに余裕を持つ事が難しくなってきます。

そこで考えて頂きたいのが、ご自身でやりたい仕事や、やりたい形で、使いたい時間を有効に活用する為に起業すると言う事です。

主婦だから・・・経験が・・・と尻込みする必要はありません。なんでもやってみなければ道は開かれないのです。

2.主婦でもできる!起業のポイントを徹底解説!そのメリット・デメリットとは

「主婦の起業」と言うと、かなり特殊なケースであり、ハードルが高く感じられる方も多いかもしれません。

ですが、近年では主婦の方が働き方に悩んだ結果、起業するというケースも出てきました。

では、主婦の方が起業する場合、どんな点を押さえればいいのでしょう?ここでは、さまざまな角度から主婦の起業についてお話してみたいと思います。

2-1主婦起業のメリット

主婦の方が起業をする上では、どのようなメリットがあるのでしょうか?

それぞれで見て行きましょう!

自由度が増し、今までの仕事よりも収入が増える可能性も!?

単純に月々の収入を増やせるだけでなく、誰かに雇われて仕事をするわけではありませんので、職場での人間関係に悩まされるようなこともほとんどありません。また、出勤する必要もなく、シフトに縛られることもありませんので、家庭での時間をしっかり確保することもできます。

また、時給制や月給制の仕事と違って、かなり大きな収入を得ることも期待できるでしょう。もしかすると、夫の収入を大きく超えるなんてこともあるかもしれません。そして、何よりも自分で事業をすることによって、仕事にやりがいを感じられるでしょう。

気持ちに余裕が出来る

また人によっては、これまでアルバイトやパートをして共働きだった主婦の方で、子育てにイライラしながら悶々と日々の生活を送られていた方も、自分が起業する事によって、逆に気持ちに余裕が出来た方や、専業主婦でズボラな生活が当たり前だった方なども、起業によってメリハリのある生活を楽しまれていらっしゃる方も沢山います。

また、日々の生活の中で、育児、家事、仕事を全てこなし、やっている仕事も特に楽しいわけでもなく、自分の時間も持てない上に、給料も低い。子供からは「ママいつも疲れているね、楽しそうじゃないね・・」と言われる日々の方も少なくないと思うのです。

そんな方こそ、是非自分でやりたい事を見つけ、自分の時間を有効に活かし、起業する事によって自分の人生を変えるチャンスでもあるのです。

自分自身の輝く原石を活かそう!

また、主婦の方は、身近な物に触れる事が多い事から、これがあればいいのに・・・などの希望を胸に抱いて、そのままになっているケースも少なくありません。この気づきやアイディアは輝く原石とも言えます。

例えば、これがこうなっていればもっと便利に使えるのに・・・誰か発案して売ってくれないかな・・・と言う、このアイディアこそが輝く原石かもしれないのです。自分が欲しいと思っていたり、これでは使いにくいから困るな・・・などの希望は、自分だけではなく、他の方が思っている事も少なくありません。

誰かが作るのをひたすら待つのではなく、これをチャンスにし、ご自身で作ってしまい、事業にすると言う事も可能なのです。これこそがあなたの輝く原石になるかもしれません!

2-2.主婦起業のデメリット

では次に、主婦が起業をする上で、どのような事がデメリットとなってくるのか?を見ておきたいと思います

主婦が起業するには環境が左右する!?

主婦の方が起業する場合、問題になるのが、家庭環境がどう変化するのか?と言った所ではないでしょうか?

起業される業種にもよるのかもしれませんが、まず1番大切な事は家族に理解して貰う事です。

家族は協力し合い、日々生活をしています。

妻が起業をする事により、今まで家事をしていなかった、もしくはしていたが、少ししか手伝っていなかったと言う夫からすれば、いきなり起業されて、家の事もおろそかになった!どういう事だ!ともなりかねません。

家庭が落ち着いた環境でなければ、仕事に影響が出るのは、夫だけではなく、起業する主婦の方も同じ事なのです。

また、お子さんがいる場合はどうでしょうか?

近くに、仕事をしている間に面倒を見てくれるおじいちゃん、おばあちゃんがいれば良いですが、そのような都合が良い環境が全ての人に当てはまるわけはありません。

近くにいたとしても、おじいちゃんやおばあちゃんにも面倒を見る事ができる時間がないかもしれません。

このような場合には、子供を預かってくれる施設を探したり、シッターを雇う等の対策を取る必要性が出てきます。

例えば、公立の保育園等では、待機児童の数が多く、起業するからと言う理由では中々入れない現実もあるでしょう。

更に、シッターを雇うとなれば、それなりのお金がかかります。

子育て世代の方々が、主婦として起業をする際に、どうしてもこのような事が現実問題として直面してくると言うのは避けられません。

こういった様々なケースを自身の環境によって予測し、事前に相談や、話し合いを設ける事はとても大切です。

起業し、成功する為にも、是非皆さんで先に話し合ってみられてはいかがでしょうか。

類似記事

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事