カイロプラクティックサロンを開業するには!?

ポイント
  1. カイロプラクティックサロンの仕事・ビジネスモデル
  2. カイロプラクティックサロンの開業を徹底解説
  3. カイロプラクティックサロンの売上と利益の仕組みを徹底解説

最近話題のカイロプラクティック、柔道整復師、あんまマッサージ指圧師と混同されるケースもありますが、その範囲は治療だけに留まらず、予防医学も含めた第3の医療として大きな注目を集めている業界です。

もう一つ、注目を集める理由として挙げられるのは、短期間で技術を習得できる点です。
例えば、鍼灸や整体は平均1年の研修期間を要しますが、カイロプラクティックは約10日間の研修で開業が可能となります。
つまり、OLやサラリーマン、あるいは専業主婦(主夫)の方々は、仕事を続けながら、家事をこなしながらカイロプラクティックサロンを開業することも十分可能なわけです。いわゆる週末起業が可能なのも、この業界の特徴といえるでしょう。

開業には様々なリスクを伴いますので、従来の仕事を続けながら開業できる点は大きなアドバンテージです。
このように大変魅力的なカイロプラクティックサロンですが、「どうすれば技術を習得できるの?」、「実際に開業するには?」など、既に開業されている方へのインタビューを元にいろいろと調べてみました。

カイロプラクティックサロンの仕事・ビジネスモデル

カイロプラクティックサロンのビジネスモデルは大きく2つです。
施術
物販
施術は1回で〇〇円、物販は治療用商品を販売して〇〇円となります。

と言うことは、イメージとして、こんな感じでしょうか。
・施術料 → 風邪の症状を診てもらった際の診察料
・物販代 → 風邪薬代
ただ、風邪の症状を診てもらった場合は大体、風邪薬を処方されますが、カイロプラクティックにおいては必ず物販が発生するわけではなく、あくまで「患者の症状に応じて」ということになります。

それでは施術料っていくらなんでしょうか。
開業当初は概ね1回(20~30分)で5000円前後というケースが多いようです。

カイロプラクティックサロンの開業資金

項目 初期投資額(円)
設備備品 治療用マット 150,000
骨格模型など 100,000
パソコン・ソフト一式 300,000
インターネット等工事費 50,000
開業費 ホームページ制作費 200,000
運転資金 100,000
合計 900,000

※事務所およびオフィス機器・会社設立費用は除く。

カイロプラクティックサロンの売上と利益(損益シミュレーション)

項目 初年度(円) 2年目(円) 3年目(円)
売上 施術料 1,000,000 2,000,000 4,000,000
物販 1,000,000 2,000,000 4,000,000
売上合計 2,000,000 4,000,000 8,000,000
経費 加盟団体年会費 20,000 20,000 20,000
損害保険 15,000 15,000 15,000
広告費 240,000 120,000 120,000
通信費 240,000 240,000 240,000
その他 360,000 360,000 360,000
営業利益 1,125,000 3,245,000 7,245,000

※人件費は除く。上記シミュレーションはあくまで一例です。

カイロプラクティックサロンの業種格付けチェック

項目 ランク
安定性 B
成長性 B
収益性 B
実現性 A
競合性 B

※業種ごとにAからCの3段階で助っ人編集部の格付担当(元信用調査会社出身)のランキング

  • 安定性・・・起業してすぐ安定して収益を出すことができるか。中長期維持発展の指標。
  • 成長性・・・事業がスケール(拡大)しやすいか。短期発展可否の指標。
  • 収益性・・・利益率は高く設定しやすいか。差別化可能か。一人あたりの売上、利益など。
  • 実現性・・・起業・開業・独立のハードルは低いか(資格・資金・その他条件)
  • 競合性・・・市場としての需要に対し、同業他社は多いか。

考察は最後に記載。

カイロプラクティックサロンの開業を徹底解説

日本カイロプラクティック連合会のホームページを見ると、カイロプラクティックの本場アメリカでは18の専門学校があり、約6万人のカイロプラクターが活動し、年間延べ2700万人の方々へのケアを提案しているとのことです。

一方、日本ではまだまだ認知度が低い面も否めません。しかし、高齢化社会健康寿命リハビリなどカイロプラクティックと密接な関係にあるキーワードがますます注目されてくることは想像に難くないでしょう。

カイロプラクターになるには!?

カイロプラクティックは身体に直接触れる施術であることからも、見よう見まねで行えるものではありません。ただ、セミナープログラムも整備されているので誰でもカイロプラクターになることができます。
カイロプラクターになるための一例は以下のとおりです。
※詳細は今回お話をうかがった「カイロプラクティックエステサロンinfini」のウェブサイトをご覧下さい。

  1. 日本カイロプラクティック連合会主催の1日セミナー受講
  2. 同連合会主催の初級カイロ技術養成スクール受講(7日間)
  3. インターン教育

この3ステップを踏むことで開業に必要な知識・技術を習得することができます。
なお、更なる技術向上を目指す方には中級、上級スクールもあります。

自宅でも開業できるの!?

カイロプラクティックサロンを開業するためには専用の店舗が必要なのでしょうか。それとも自宅開業が可能なのでしょうか。

結論から言うと、自宅開業が可能です。開業当初の様々なリスクを考慮すると自宅開業の方がベターかもしれません。
ただ、お越しになる患者は治療目的はもちろんですが、サロンならではの快適な空間を求めるケースもあるため、自宅とは言え、より清潔感のある部屋作りには注意を払う必要があります。

その他、考えておくべきこと

最近はプライベートサロンという概念が広まっています。自宅、あるいは専用の店舗での開業であっても、敢えて屋号や店舗名を掲示せず、一見すると普通の家やマンションの一室といった形態で営業しているケースです。

施術ができるのはあくまで開業した方、一人であるケースがほとんどなので、施術できる人数にも自ずと限界があります。また、患者サイドから見ても、第三者の目を気にせず、より安心して治療に専念できるというメリットがあるのかもしれません。

一方、あまりに誇大な掲示はしないものの、多くの方々の目に触れる機会を増やすという考えのもと、開業しているケースもあるでしょう。ホームページやSNSを活用するケースがこれに該当します。カイロプラクティックという言葉の認知度を上げることにも貢献できるでしょう。

いずれも、どちらが正解という性格のものではありませんが、考え方の選択肢として知っておくのも良いでしょう。

関連記事