マインドフルネスは仕事にどのような効果を与えるのか??

ポイント
  1. 人間は感情の生き物である
  2. 有能な人は決してマルチタスクではない!!
  3. マインドフルネスは選択肢を広げる
  4. 間違ってはいけない仕事とマインドフルネスの関係

マインドフルネスとは「雑念を取り払い」、「集中力を高める」ものです。集中力を高めるのですから、仕事に効果があることは誰しもが想像できるはずです。ただ、「具体的に説明してください」と言われたら、少し困る方もいるのではないでしょうか。

今回はマインドフルネスが仕事に与える効果を具体的にお話したいと思います。

1.人間は感情の生き物である。

一度や二度、聞いたことがある言葉だと思います。感情は、人が生きていく上で絶対に必要なものであり、また切り離せないものでもあります。

しかし、この「感情」というものはプラスに働くこともあれば、マイナスに働くこともあるというのが多くの方の認識ではないでしょうか。
そして、経営者や起業家にとって特に気をつけたいのがマイナス面です。

このような経験はないでしょうか?

  • 顧客から理不尽なクレームを受け、「怒り」を覚えた。
  • 急ぎの仕事をしている時に限ってプリンターが紙詰まりし、「イライラ」した。
  • 行き違いで友人と口論になり、「モヤモヤ」した気分で仕事を始めた。

このような「雑念」、「感情」は、仕事を行う上での「マイナス面」です。また、従業員は常に上司の言動に敏感です。上司の感情は、そのまま部下の感情の元になってしまうのです。経営者や起業家にとっての感情は会社全体に影響を及ぼすと言ってもいいでしょう。

「人間は感情の生き物である」⇒「感情は切り離せない」⇒「感情をコントロールすることが必要」⇒「マインドフルネス」といった流れをまず理解しておきましょう。

こちらも合わせてお読みください
世界最高峰のマインドフルネスを起業家が受講してみて

2.有能な人は決してマルチタスクではない!!

有能な経営者、起業家といえば、「マルチタスク」で仕事に取り組んでいるというイメージはないでしょうか。有能であるが故に、様々な重要案件が舞い込み、それを「見事に処理している」と考えている人は多いと思います。

しかし、近年の調査では「マルチタスクは身体に悪影響を与える」という結果が出ているのです。もっと具体的に言うと「脳が疲れる」のです。脳の疲れがパフォーマンスに直結することは容易に想像できますので、マルチタスクは「身体への悪影響」と同時に「パフォーマンス低下」の要因にもなるということです。

それでは、なぜ有能な人のパフォーマンスは高いのでしょうか?実は彼らが行っているのは「シングルタスク」です。

多くの仕事に優先順位を定め、シングルタスクに変換しているだけです。ただし、その優先順位の見極めが絶妙なのです。この「絶妙な優先順位の見極め」に貢献するのがマインドフルネスです。

「あれも、これも」という状況は明らかに雑念だらけ、感情にとらわれてしまっている状況です。これでは、脳の働きが感情に支配され、仕事を推進する力になってくれません。パフォーマンスは低下するばかりです。

マインドフルネスで雑念を取り払い、フラットな状態で絶妙な優先順位をつけることができれば、仕事への集中力が高まり、パフォーマンス向上につながるのです。

ピーター・ドラッガーは次のような言葉を残しています。

効果的な経営者の共通点は、ひたすらひとつの作業に集中する点にある。彼らは最も大切なことのみを行い、そのことが完了するまで、他の事に目を向けないという集中力を持っている。

3.マインドフルネスは選択肢を広げる。

突然ですが、最近歯医者さんに行った方はいますか?昔、歯医者さんと言えば「虫歯を治してもらいにいくところ」でした。しかし近年では「虫歯にならないためにいくところ」に変わりました。

また、絶滅危惧種と思われていたカセットテープも「電子機器が苦手な高齢者を中心に売上を伸ばしている」といったニュースを聞いたことがある方もいると思います。

これは何を表しているのでしょうか?
「思い込み」や「先入観」を無くし、フラットな状態で考えることの重要性です。

「仕事がうまくいかない」、「売上が伸びない」と悩んでいる経営者や起業家もいると思いますが、その原因の一つに、「思い込み」や「先入観」はないでしょうか。

  • 以前は、このやり方でうまくいったから、今回もうまくいくはずだ。
  • ネット時代に、こんなアナログ方式ではモノは売れない。
  • あの社長とは考え方が合わないから、うちのサービスにも興味を示さないだろう。

もちろん、予測・推測は経営上必要かもしれませんが、自らが選択肢を狭めていることにもなっているのです。実はこれも「雑念」、「感情」にとらわれている状態であり、パフォーマンスを低下させている結果ではないでしょうか。

マインドフルネスで雑念、感情を取り払い、不必要な思い込み、先入観をなくすことで、「うまくいかない原因」、あるいは「うまくいく方法」に辿りつくことができるのです。つまり、マインドフルネスは選択肢を広げ、自分が本来持つ「アイデア」を顕在化させる手助けをしてくれるのではないでしょうか。

4.間違ってはいけない仕事とマインドフルネスの関係

第1章でも申し上げましたが、「人間は感情の生き物」です。マインドフルネスは「雑念や感情を取り払う」と何度も申し上げておりますが、感情は取り払ったとしても、またすぐに顔を出すものです。つまり、マインドフルネスとは感情と「うまく付き合う」、「バランスを取る」ことでもあるのです。

経営者や起業家には多くの雑念、感情が生まれますが、その一つに「プレッシャー」が挙げられます。では、このプレッシャーも取り払うべきものなのでしょうか?

答えはノーです。プレッシャーはありすぎても困りますが、なくても困るものです。著名な経営者が全くの「ノープレッシャー」で仕事をしているとは到底思えません。むしろ、より大きなプレッシャーを感じているのではないでしょうか。

しかし、彼らは一年中プレッシャーを感じているわけではありません。オンとオフとをうまく活用しているのです。マインドフルネスで言うところの、「上手く付き合う」、「バランスを取る」ことではないでしょうか。

プレッシャーを感じながらも、冷静に的確に判断し、ひとつの仕事を終えると一旦落ち着きを取り戻すように、感情をリセットさせているのです。そして、来るべき次のプレッシャーに備えることを繰り返しているのではないでしょうか。

5.まとめ

いかがでしょうか。なぜ、多くの企業でマインドフルネスが取り入れられているかをお分かりいただけたのではないでしょうか。

日本でも「働き方改革」というスローガンのもと、生産性の向上が求められています。マインドフルネスがひとつのヒントを与えてくれるかもしれません。

おすすめの関連記事

ーグーグルやアップルも取り入れていますー
なぜ、今マインドフルネスが経営者・起業家の間で注目されているのか??

ー実際に何したらいいのか?ー
マインドフルネスな状態になるための具体的な方法!!

- 本気で年商1億円を達成したい人のために -

すでに6,000人以上の経営者が購読中のメルマガ『ゼロイチ マガジン』。
本気で年商1億円を達成するために行動する意志がある人だけ、登録してください。

メールアドレスで登録

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事