起業家に求められるマインドフルネス的なリーダーシップとは??

更新日:2017.11.17

起業家に求められるものとして、「コミュケーション能力」、「分析力」あるいは「判断力」など、いろいろな能力が挙げられますが、「リーダーシップ」もその中の一つではないでしょうか?
ただし、「リーダーシップ」は諸刃の剣という面も持っています。誤った使い方をしてしまうと、「人の話を聞かない」、「独断専行」となり、事業遂行に悪影響を及ぼすことも考えられるのです。

最初は一人でスタートした起業家も、事業の発展とともに従業員を雇用する機会が生まれ、リーダーとしての立場を迎えることになるのです。
その時に求められる本当のリーダーシップとはどんなものなのでしょうか?
また、マンドフルネスとはどのような関係があるのでしょうか?

1.本当のリーダーシップとマインドフルネス

起業家の場合は一人でスタートすることも多いでしょう。自らのモチベーションを高く保ち、奮い立たせることで、「自らの目標達成」に邁進していたのではないでしょうか。

目標が達成した結果、事業が順調に拡大すると従業員を雇用する機会が生まれます。事業だけでなく、「雇用」という面でも社会に貢献することができるのです。
一方、従業員の雇用と同時に起業家は「チームを率いるリーダー」になり、その時点で起業家の究極的な役割は「チームとしての目標達成」に進化するするわけです。

つまり、従業員の可能性、能力を限りなく引き出すことが起業家に求められるようになるのです。
では、どのようにして従業員の能力を限りなく引き出すのでしょうか?

この記事には続きがあります

続きを読むには会員登録が必要となります。

新規登録はこちら


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる