総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

サラリーマンにオススメの副業13選と稼ぐための5つのルール

ポイント
  1. なぜ今、サラリーマンに副業が必要なのか
  2. サラリーマンにオススメの副業実例
  3. サラリーマンが副業で稼ぐための5つのルール

目次 [非表示]

はじめに

この記事ではサラリーマンにオススメの副業をご紹介します。2016年に安倍政権が働き方改革を打ち出し、徐々に副業が広まっています。大手企業でも副業を認める企業が増えており、2017年11月にソフトバンクが副業解禁したことは大きな話題になりました。そこで、サラリーマンができる副業をまとめました。これから副業を始める方の参考になればうれしいです。

副業を始めたいならこちらの記事もおすすめです。
副業で稼ぎたい人にオススメの副業45選!〜メリット・デメリットを掲載〜

なぜ今、サラリーマンに副業が必要なのか

そもそも、なぜサラリーマンが副業をする必要があるのでしょうか。かんたんに言うと、これからは今よりも「家計が苦しくなるから」です。これからサラリーマンの家計が苦しくなる要因は主に以下の4つです。

  • 給料が上がらないから
  • 税金が増えるから
  • もらえる年金が減るから
  • 平均寿命が伸びるから

サラリーマンの給料は上がらない

サラリーマンの給料はここ10年間でほとんど変化がありません。以下の図は、国税庁が発表している「民間企業に属する給与所得者の平均給与」の推移をグラフ化したものです。

リーマンショック前の2007年でも、平均給与は437万円です。徐々に回復基調ではありますが、2016年でも421万円と、10年間でほとんど変化していません。仮にあなたが、昇進や転職に成功すれば一時的に給料が上がるかもしれません。しかし、サラリーマンの枠組みの中で、ずっと給料を上げ続けることはかなり難しいのではないでしょうか。10年後、20年後に大きくサラリーマンの給与が増えるとは考えにくいです。しかし、副業であれば、全体の収入アップを実現できる可能性は高くなります。

支払う税金が増える

給与が増えなくても、支払う税金は確実に増えていきます。東京オリンピックがある2020年までに、以下の増税が決まっています。

・2018年10月からタバコ1本あたり1円増税
・2019年1月から国際観光旅客税が1人1000円かかる(国籍に関係なく、日本から出国するたびに一人1,000円徴収される)
・2019年10月から消費税率が8%から10%にアップする
・2020年1月から所得増税が実施される
・2020年10月からワインや第3のビールを増税

このように、何もしなくても徴収される税金は上がっていきます。たとえ給与自体があがったとしても、増税の影響は避けられませんだから今と同じ収入を維持した場合でも、買えるものは増税された分だけ減っていきます

もらえる年金が減る

年金の平均支給額は年々減っています。直近の平均支給額(月額)は以下のようになっています。

・2016年度国民年金 55,464円(2011年度から782円増加)
・2016年度厚生年金 147,927円(2011年度から4,469円減少)

上記は月額なので、5年間で年間平均支給額は44,244円減少している計算となります。仮にこのペースで減少すると、現在30歳の人が65歳で年金を受け取る頃には、年間支給額が今より年間で30万円ほど少なくなります。それだけ減ると、孫にお年玉をあげるのも難しくなるかもしれません。また、将来的に年金の支給開始年齢が70歳以上になる可能性もあります。これからは個人が、定年退職後も一定の収入を維持するための仕事が必要になる可能性があります。副業をしていれば、月々の収入が一定のレベルで維持しやすくなります。

平均寿命の増加

平均寿命も年々長くなっています。2017年に厚生労働省が発表したデータによると、日本人の平均寿命は男性80.75歳、女性は86.99歳で過去最高を更新しています。また、2016年に発刊されベストセラーとなった「LIFE SHIFT」(著者:Andrew Scott, Lynda Gratton)では2007年に日本で生まれた子供の50%は107まで生きると試算されています。現在30歳の人でも、90歳以上まで生きることが今よりも珍しくなくなるはずです。寿命が延びると、年金の支給開始年齢が65歳から先延ばしにされる可能性や、支給金額が減額される可能性が出てきます。また、老後の生活費や、親世代への介護費用も今より大きくなります。

しかし、65歳で定年退職してしまうと、年金以外の収入を得ることは基本的にありません。また定年退職せず、そのまま会社で働き続けることができるとは限りません。会社の都合もありますし、そもそも今の会社が倒産や買収などされずに残っている保証もないからです。だから、定年退職後も月々の収入を維持できる副業を持つことが有効な対策の一つです。

この章での結論

以上の理由から、これからのサラリーマンは一つの会社からの収入だけに頼っていると生活が苦しくなることが予想されます。節約のために、食費、家賃、教育費などを削るのは大変です。だから、会社以外にも複数の収入源をつくることが重要です。その手段として「副業」があります。

サラリーマンにオススメの副業実例

では、実際にどのような副業があるのでしょうか。サラリーマンにオススメの副業と、オススメの理由をご紹介します。また、持っているスキルや使えるリソースは人によって違います。自分にあった副業を見極めることが大事です。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、企業などが特定の業務をインターネット上で不特定多数の人に外注する仕組みです。例えば、システム開発の会社が、特定のシステム開発の仕事をしてくれる人を、クラウドソーシングサイト上で募集します。仕事を探している人は、そのクラウドソーシングサイト上で、仕事を受注することができます。受注した人が仕事を完了すると、報酬がはいります。報酬の5%〜20%がサービス利用料としてかかります。また、仕事の種類はシステム開発以外にも数え切れないほどあります。

●オススメの理由
・得意なスキルを活かせる
・働く時間を自由に決めることができる
・仕事量をコントロールしやすい

1.サグーワークス

引用:サグーワークス

ポイント
1.テキスト作成とアンケート作成案件がある
2.プラチナライターテストに合格すれば高単価案件も可能
3.ポイントは現金の他にAmazonポイントにも交換可能

→サグーワークスの詳細を見る

2.CrowdWorks

引用:CrowdWorks

ポイント
1.データ入力・ライティング・ロゴ作成・開発と案件が多様
2.事前仮払い制度あり
3.30秒で登録完了

→CrowdWorksの詳細を見る

3.ココナラ

引用:ココナラ

ポイント
1.知識・スキル・経験の売り買いが可能
2.出品無料
3.出品カテゴリは200以上

→ココナラの詳細を見る

●主なクラウドソーシングサイト
・ランサーズ(総合大手)
・ビズシーク(実名登録制)
・99designs(デザイン系)
・Yahoo!クラウドソーシング(他のクラウドソーシングサービスの案件まとめ)
・Job-Hub(運営会社からの業務委託もあり)
・Skillots(クリエイター向け)
・PIXTA(写真・動画系)
・ARTISTCROWD(音楽系)
・Gengo(翻訳系)
・タックスラビット(経理・税務系)
・kakutoku(営業系)
・STUDIO UNBUILT(建築系)

こちらも合わせてお読みください。
クラウドソーシングサービスは単価が安い仕事しかない?

・不動産投資

「副業には最適」といわれながら、なかなか難しい印象がある不動産投資です。
 不動産投資といえども何を求めてどこまでの利益を求めるかでリスクも変わってくると思います。
 ネットで切り開く大型不動産クラウドファンディングなども登場しています。


不動産投資クラウドファンディングCREAL(クリアル)


 

ポイント
1.少額で投資可能・ネットで完結
2.クリアな物件詳細情報
3.安定的なリターン提供が可能

株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営する「CREAL」のクラウドファンディングサービスは、
不動産に特化し、1口1万円から投資が可能で、申込や契約、分配金支払いなどのやりとりがすべてオンライン上で完結できるサービスです。
数多くの異なる不動産タイプから投資家自身が投資物件を選択することができ、
投資家自身が自ら投資ポートフォリオを組むことができます。

不動産投資クラウドファンディングCREAL(クリアル)の詳細を見る

・投資

・投資/SBIソーシャルレンディング株式会社/ソーシャルレンディング


 

ポイント
1.SBIが運用している
2.「投資したい人」「お金を借りたい人」を インターネットを通じて結びつける新しい金融マーケット

SBIソーシャルレンディングの詳細を見る

せどり(転売)



せどりとは、物を安く仕入れて、高く売ることです。古本や、古着、家電製品などをヤフオクやアマゾン、メルカリを通じて転売する仕事です。仕入先は、古本屋、ネット通販、リサイクルショップ、フリーマーケット、量販店のワゴンセール、展示会、旅行先などです。書籍などで効果的な仕入れ販売の方法を勉強しながら実践することをオススメします。

●オススメの理由
・ビジネススキルが上達する
・自分が詳しい商品に特化できる
・軌道にのれば売上予測がたつ

せどり(転売)のコツを学ぶ方法

せどり(転売)のコツをしっかり学び、確実に売上を出したいならすでに確率されている方法を学んでみましょう。

オークファンが開催しているAmazon国内物販ビジネスは流通をAmazonにしぼり、売れる商品の見分け方と売り方を教えてくれます。

説明会は無料で参加することができる上に、5時間の大ボリュームとせどり(転売)を始める上で役立つマニュアルも特典としてついているため、気になる方は申し込んでみましょう。

セミナーの詳細を見る

●主な販売用サイト
・ヤフオク
・メルカリ(匿名でできる)
・アマゾン
・CASH(即時換金)
・KANTE(ブランド品。コメ兵が運営)
・モバオク
・BASE(ネットショップ作成)
・ラクマ(楽天が運営。旧フリル)

代行業

誰かの代わりになるサービスを供給することです。代表的なものでは、運転代行や、家事代行などがあります。珍しいものでは、墓参り代行やクレーム処理代行などもあるようです。

●オススメの理由
・働いた分だけ確実に報酬がもらえる
・すぐに始められる

●主な代行サービス
・運転代行「メビウス21」
・運転代行「Justavi(ジャスタビ)」
・「家事代行ひろば」
・家事代行など「ANYTIMES」
・ベビーシッター「キッズライン」
・ベビーシッター各種まとめサイト
出前代行「ウーバーイーツ配達パートナー」※東京23区と横浜エリア限定(2018年3月時点)

タイムチケット

あなたの時間を利用者に直接売ることができるサービスです。サービス内容は、個人レッスンや、翻訳、占い、恋愛相談など様々です。直接会わなくても、電話やスカイプのチャットでやり取りする設定もあります。売上金額の30%をサービス利用料として支払い、残った70%のうち1%以上を寄付金として支払った残りを収入として得ることができます。

●オススメの理由
・自分で価格設定ができる
・得意分野を伸ばせる

ビザスク(スポットコンサル)

現役のビジネスパーソン、企業OB、コンサルタントなどと、特定のビジネス領域での「聞きたい」テーマを持っている依頼者とをつなげるサイトです。電話や対面でのスポットコンサルが実現すれば、依頼者から報酬がもらえます。

●オススメの理由
・本業の経験やスキルを活かせる
・得意分野を伸ばせる

こちらも合わせてお読みください
これから副業を始める人が成功するために最初にやるべき4つのこと

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事

著者プロフィール

林聖人

林聖人

フリーランスライター。 大学卒業後、商社で輸入品の流通事業に8年間携わる。 月100時間を超える残業や、生産性の低い働き方を続けることに疑問を抱き、2018年に「働き方」専門のライター・ジャーナリストとして独立。 また独立前に8つの副業を経験し、自身でも「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2017年から、日本最大の起業・開業・独立者向けポータルサイト「助っ人」(www.suke10.com)の編集チームで「働き方・副業」に関する記事を担当している。