これから副業を始める人が成功するために最初にやるべき4つのこと

ポイント
  1. 自分が副業をする目的を明確にする
  2. 自分が使える武器を認識する
  3. 会社の就業規則を理解する

はじめに

副業を解禁する企業が続々とニュースで報じられ、副業人口も増えています。しかし、今まさに副業を始めようと考えている方の中にも「何から始めていいかわからない」という方はいらっしゃると思います。そこで、筆者自身が副業を始めた経緯なども踏まえて最初にやるべきことをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

自分が副業をする目的を明確にする

なぜあなたは副業を始めようと思ったのでしょうか。その理由こそが何よりも大切です。なぜなら、その目的こそが働く原動力になるからです。副業とは、「会社の外に自分の商売を持つ」ということでもあります。会社から与えられる仕事とは違って、上司への報告義務はありませんし、ミスしても怒られません。

だからこそ、しっかりとした自分の目的観を持っていないと続けていくことは難しいでしょう。副業する目的は人それぞれですが、例えば以下のような理由が考えられます。

・収入を月々いくら増やして、旅行に行きたい
・本業で得たスキルを活かして、もっと多くの人の役に立ちたい
・やりたかった仕事をやってみたい
・将来独立できるように自分のビジネスを持ちたい

正解はありません。ここは自分で考えるしかありません。自分の中にある目的をより具体的にイメージすることで、やるべきことが見えてきます。また、その目的が具体的であるほど、達成するために最適な手段として副業を選ぶことができます。

自分が使える武器を認識する

副業を始める前に、自分の使える武器を知っておくことは大切です。それは本業で得たスキルや経験であったり、趣味で始めた楽器の場合もあります。中には「自分には取り柄がない」とか、「特別なスキルは持っていない」という人もいるかも知れません。しかし、そういった人にも必ず武器はあります。例えば、以下のチェック項目にそって探していただくと見つけやすくなるでしょう。

好きな分野、興味のある分野は何か

人には必ず、好きな分野や興味を持っている分野があります。スポーツが好き、グルメが好き、毎週映画を観ているなどといったことです。何でもいいですが、このような自分が好きなことが、仕事につながる武器となります。

好きな分野の仕事には、好きでない人よりも多くの情熱を持って取り組むことができるからです。例えば、ある中華レストランに関する記事を書く仕事があったとして、中華料理が好きな人のほうが、嫌いな人よりも伝わりやすい記事を書けるということはカンタンに想像できます。

持っているスキルや、得意なことは何か

エクセルで表をつくるのが得意、文章を書くことが得意、美味しい店を探すのが得意など、得意なことも武器となります。自分ではよくわからない人は、よく人から頼られるようなことや、長時間やっていても苦にならないことを思い出してみるといいかも知れません。得意なことはその中にあります。

確保できる空き時間がどれくらいあるか

特に副業を始めたばかりの人にとって、時間こそが最大の武器です。逆に、どれだけすごいスキルを持っている人でも時間がなければ何もできません。1日1時間を副業に使える人と、2時間使える人ではできる仕事の幅が明確に違います。そもそも本業が忙しくて、会社から帰ってすぐに疲れて寝てしまうような人や、よく休日出勤しているような人が副業を始めるのは危険です。

そのような人は、まず本業での労働時間を見直した方がいいかも知れません。平日になかなか時間が取れない人は土曜日の午前中など、自分で決めた時間帯をあらかじめ副業のための時間として確保しておくなどの工夫が必要です。

会社の就業規則を理解する

勤めている会社とのトラブルを避けたい人は、就業規則を理解することが大切です。なぜなら、副業を容認している企業はまだまだ少数派だからです。株式会社リクルートキャリア(東京都千代田区)が2017年に発表した調査によると、兼業・副業を容認・推進している企業は全体の22.9%、禁止している企業が77.2%という結果がでています。副業禁止の会社で副業がバレると、最悪の場合、解雇されることもあるので注意が必要です。

副業が禁止されている場合

副業が禁止されている場合でも、例外はあります。会社の情報をもらさない形でブログを書くことや、書籍の出版、不動産の賃貸、自宅にある不用品の転売などは副業に当たらない場合があります。調べてみて副業に当てはまらないものであれば、一度やってみることをお勧めします。

副業が禁止されていない場合

副業が禁止されていなくても、就業規則の確認をしておいたほうが無難です。例外的に禁止されている仕事があったり、事前に申請が必要な場合があるからです。稼ぎ始めてから心配するよりも、事前に知っておいた方が心おきなく副業に集中することができるはずです。

5秒以内に実行に移す

副業においては、準備よりも、小さなことからでも即実行することが大切です。CNNのコメンテーターで、ベストセラー作家のメル・ロビンスさんがTEDスピーチの中で、「5秒ルール」について語っています。「5秒ルール」とは、人は何かを思いついてから5秒たつと、緊急ブレーキを引いてしまい、やらないための言い訳を探し始めるという習性があるそうです。ですから、あなたが副業を始める時は、まず5秒以内に小さなことを実行してみてください。

書籍を購入してみる。セミナーに申し込んでみる。クラウドソーシングサイトで気になる仕事を探してみる。インターネットで仕事に応募してみるなど。小さくてもすぐにできることがたくさんあるはずです。筆者の経験でも、実際に副業をする中で、気づいたことや学ぶことが多くありました。まず小さな一歩を踏み出すことができれば、あなたの目的に近づくことができます。

参考:メル・ロビンスさんのTEDスピーチ(英語)

終わりに

いかがでしたか。一昔前までは、サラリーマンが会社の外で自分の商売をすることは難しいことでした。しかし、インターネットの普及でそのハードルはどんどん下がっています。また、副業を通じて、稼ぎを増やすだけでなく、スキルを磨いたり、自分だけの商売を始めたり、多くのことが実現できる時代になりました。

おすすめの関連記事

―サラリーマンができる副業の具体例を見るなら―
サラリーマンにオススメの副業13選と稼ぐための5つのルール

―主婦にできる副業の例をみるなら―
2018年、主婦にオススメの副業15選と注意点3つ

関連記事

著者プロフィール

林聖人

林聖人