星野リゾートの新業態にみる、マーケティングの神髄について

ポイント
  1. お客様の求めるもの
  2. 自分たちが何をすべきか

先日星野リゾートが比較的安い業態の新業態を東京の大塚にオープンするというニュースをみました。星野リゾートといえば、その地域ならではのリソースを最大活用することで、お客さんに価値提供するということをしてきました。

ビジネスホテルくらいの金額感の新業態は、旅行客向けということで、随所に、非日常を体験していただくための仕掛けを室内等に施しています。ただ、一番の目玉は、従業員が宿泊者に対して、地元の大塚を案内するというサービスがあることです。
2時間1,000円で、大塚周辺の飲食店を一緒にアテンドしてくれたり、

一緒に散歩をしながらガイドしてくれたり、ナイトマーケットを案内してくれたりと、5種類のコースを用意しています。わざわざその地域に泊まる人というのは、そこに何をしにきているのでしょうか?マーケティングの答えや一番の出口である、お客さんの求めるものを考えた結果の、素晴らしいサービスだと僕は思いました。

その地域をわざわざ選んだ人というのは、安いからそこにせざるを得なかったというケースもあるかと思いますが、意図してその地域を選んだ人は何を求めているのでしょうか?どんな時間を過ごしたいと思っているのでしょうか?何を体験したいと思っているのでしょうか?

この記事には続きがあります

続きを読むにはメルマガ登録(無料)が必要です。
入力はメールアドレスだけ!10秒で登録完了!

メルマガ登録がお済みの方はこちらからログイン

メルマガ登録

登録することで、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものと見なされます。

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

慶應大卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、 資本金5万円で起業。 お金がなかったため、知恵を絞った伊藤独自のマーケティング手法を多数考案。 8年間で、累計10,000件を超える起業・その後の事業支援に関わり、 全国、北海道~沖縄までコンサル先累計500社超を抱えるまでに成長。 全然売れていない(月商0-100万円)小さい会社や個人事業主の売上を 数か月~2年の間で、年商数千万円~10億円を超えるところまでに持ち上げた実績でいえば 国内でも間違いなくトップクラス。  2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書5冊 NHK、日経新聞、エコノミスト、夕刊フジ、日刊工業新聞、CCTVなどメディア出演多数。