鹿児島県でIUJターン・移住・起業する方必見!押さえておくべき基礎知識

ポイント(この記事は4分で読み終わります)
  1. 簡単な概要
  2. 鹿児島県を知る書籍

簡単な概要

鹿児島県は、九州地方南部に位置し、北部を熊本県と、西部を宮崎県と接しています。鹿児島県の九州島の部分は県本土と呼ばれ、薩摩半島・大隅半島という2つの半島を有しています。そして、九州島の南側には、薩南諸島が点在しています。中でも、屋久島は世界遺産として名高く、その地に生育する特別天然記念物の縄文杉は、樹齢2000年を優に超えると言われています。

種子島には種子島宇宙センターがあり、ロケット打ち上げ施設を有している日本唯一の県でもあります。日本有数の火山地帯であり、特に桜島は鹿児島県のシンボルとも評され、観光地のメッカとしても知られています。薩摩半島と大隅半島に挟まれた錦江湾も、姶良(あいら)カルデラという火山の噴火によって出来たとされています。

県庁所在地は鹿児島市。令制国では、鹿児島県の県域には薩摩国・大隅(おおすみ)国・多禰(たね)国の3 国が置かれていました。江戸時代の幕藩体制では薩摩藩が置かれ、幕末には雄藩の代表格として、長州藩とともに明治維新の大事業を成し遂げたことはあまりにも有名です。明治維新後の廃藩置県で鹿児島県が置かれます。宮崎県との離合を経て1896年に現在の鹿児島県となりました。

現在、県庁所在地の鹿児島市は人口約60万人で、福岡市、北九州市、熊本市に次ぐ九州第4位の大都市に成長しています。

面積:9,187.01平方㎞
人口:1,625,434人

気候

鹿児島県本土は冬も温暖で、夏は日照時間が多く、その一方で降水量は多いという特徴があります。真夏日は長い期間続く傾向がありますが、猛暑日は意外に多くはありません。南国のイメージとは裏腹に、薩摩半島は大陸からの寒気の影響を受けやすく、冬は厳しい寒さに見舞われることがあります。このため、鹿児島市の中心部でも、積雪が観測されることも稀ではありません。また、屋久島の山岳部や種子島屋久島地方の平野部でも降雪が観測されることがあり、積雪観測地では日本最南端の地となっています。

夏から秋にかけては台風の影響を受けやすく、特に奄美群島・トカラ列島・大隅諸島付近は多くの台風が通過します。そのようなわけで、鹿児島は日本でも有数の台風銀座と呼ばれているのです。

産業

鹿児島県の2015年度の県内総生産は5兆3,885億円(名目)で、2014年度と比べて3.2%の増加でした。産業別の構成比は第一次産業が4.56%、第二次産業が19.9%、第三次産業が74.9%となっています。日本有数の農業県であるため、第一次産業の比率が全国平均より高くなっています農産物の生産に関しては、サツマイモ・さやえんどう・球根類の生産量全国1位など、多くの特産物があります

また、畜産においては養豚業が盛んで、その生産量は全国1位を誇っています。水産業では鰹節の生産とウナギの養殖が盛んで、特にウナギの養殖の生産量は全国1位。第二次産業は電子部品・デバイス関連の企業が進出していることにより、その生産額は増加傾向にあります。第三次産業については、特に商業活動において、伝統的に地元資本の影響力が強いという特徴があります。例えば、地元資本の百貨店山形屋は多数のグループ企業を持ち、その売り上げはかなりの規模となっています。

有力企業

1.

残り1681文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事