経営
マネジメント/人材育成
セールス&営業
マーケティング
仕事のできる人
副業/起業
会社設立/資金調達

採用は人材像を明確にして戦略的に行うことが大切!〜採用で成功する求人の出し方・考え方のポイント〜 

ポイント
  1. 今の求職者の傾向
  2. 成功する求人票の記載のポイント

目次 [非表示]

成功する求人票の記載のポイント

成功する求人票の記載のポイントは、まずは正しい情報が記載されているかという点です。誤字や脱字があるとそれによって信用が落ちることをよくよく理解しておきます。 

さらに、会社の特徴や方向性を示し、将来のイメージを与えることが出来る内容を心がけます。そして応募から採用までのフローを、求職者の立場に立って作ることも大切です。入社してからの仕事や周囲の環境についても、イメージが出来るように記載を進めましょう。 当然、会社名や住所、連絡先などは一つですので、ここで特徴を出すことは不可能です。それらの項目以外で、自由に記載できる項目は、会社の特徴や想いを出すことが出来る貴重な機会だと捉え、自社の特徴をアピールしていきましょう。 

職種の記載

職種については、専門用語を使用してもよいですが、経験者を募集する時だけとします。未経験者の場合には、その言葉自体が分からないため、言葉を変えて記載をしましょう。 

学歴

学歴については、なぜその学歴が必要なのかを明確にしましょう。 

仕事の内容

応募する人がイメージがわくような内容を記載します。また、業務について説明を入れない場合は、経験者のみを対象とするときだけです。情報量は多い方がよいですが、読みやすさも心がけましょう。 

賃金

給与面は人材像を明確にしたうえで、その人に支払う予定の金額を記載します。〇〇円~〇〇円という幅が大きいこともありますが、幅が広いと逆にイメージがしにくくマイナスとなります。 

昇給や賞与

この項目も対象とする人材を設定してその範囲の額を記載しましょう。 

会社の特徴

経営理念やビジョン、業績や規模などを記載しましょう。

こちらも合わせてお読みください。
経験値の高い人材を採用できる小規模企業とは?

まとめ

このように採用をするにあたっては採用したい人材像を明確にするところから始めることが肝となります。そこが明確になってからその人材にアピールできるような採用活動を戦略的に行うことが出来るのです。 

おすすめの関連記事

ー会社が大きくなる前にしっかりおさえておこう!ー
従業員を雇ったら必ず押さえる就業規則のポイント③記載内容編 

ー採用についてはこちらもお読みくださいー
初めて人を雇用する際に知っておくべきコトのまとめ

関連記事