白根陸夫
株式会社キャリア・ブレーン 代表取締役

【第14回】シニア起業で勝ち組になる秘訣〜カウンセリングとコーチングスキルはコンサルタントとして必須

ポイント(この記事は4分で読み終わります)
  1. コンサルタントの定義
  2. 相談の五つの型
  3. カウンセリングとコーチングの使い分け

コンサルタント起業にはカウンセリングスキルとコーチングスキルの修得が必須

「顧問(経営コンサルタント)」とは、企業やその他の団体の経営陣が業務執行に関わる意思決定にあたり、未知の情報・技術・ノウハウ等の提供、指導、助言を受けることによって、的確に正確に経営判断が下せるようアドバイスする役割を果たす組織外より招聘した者と定義します(「シニア起業支援家」の定義)。

この定義から顧問(経営コンサルタント)に期待されている機能を考えてみましょう。

 企業やその他の団体の経営陣が業務執行に関わる意思決定にあたり、未知の情報・技術・ノウハウ等の提供、指導、助言を受けること。これが一つ目の機能。

 このことによって、的確に正確に経営判断が下せるようアドバイスする役割を果たすこと。これが二つ目の機能です。

 そして、組織外より招聘した者。これが第三の機能です。第三は機能というべきではないかも知れませんが、組織内に顧問に比肩するほどの人材がいないので外部から招聘せざるを得ないのですから機能と言わざるを得ません。

コンサルタント起業家であるあなたは幸いにしてある企業の経営陣に気に入られこの組織の課題解決のコンサルティングを委嘱されたと仮定します。所与の条件を総合的観点から検討し最適と考えられる解決策を提言しました。経営陣もなるほどさすが「餅は餅屋」だと言って大喜びしました。

コンサルティングの実際

実行計画まで添付して提言しましたが、しかし、結果は誰も手を付けずコンサルティングはこの時点で終わってしまった。これは、よくあるはなしです。「シニア起業支援家」の長い組織人経験においてもしばしば見聞きしてきた事実です。

なぜか、コンサルタントは経営者とは相互理解ができていましたが、現場の従業員は冷めた目で見ていた。「現場を知らない人が言ってきた提言なぞ知りません。こんなことできません」。コンサルタントは解決策を見出すべく現場の従業員と面接調査(ヒアリング)をしました。このときが相互理解のチャンスなのですが一方的に上から目線で質問を連発していなかったでしょうか。

ここでもうお分かりのことですが「課題解決策」は現場の人が持っているのです。現場の人がどうすればいいかは分かっているのです。諸般の事情からそれが実行できない状態にあるのです。一口に相談といってもいろいろな言葉があります。

大きく分けて五つあります。

①コンサルティング
②アドバイジング
③身の上相談
④カウンセリング
⑤コーチング

です。コンサルタント起業家はクライアント(委嘱先の経営者・管理者・現場従業員等々、協力会社の経営者等々を含む)との対話においてあらかじめこの五つの違いをしっかりと理解して適時適切に会話する必要あるのです。

クライアント組織の人たち一人一人全員と良好な関係を築くことができないコンサルタントはプロになれません(事業として成功しないということ)。五つに分けた相談のうち、コンサルタントにとって特に重要な①コンサルティング④カウンセリング⑤コーチングに絞って説明します。

こちらも合わせてお読みくだ

残り1598文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事

著者プロフィール

白根陸夫

白根陸夫

株式会社キャリア・ブレーン 代表取締役

自分らしく働き生涯現役で活躍するための「顧問塾」主宰 株式会社キャリア・ブレーン 代表取締役 プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー® エイジング・アドバイザー®/認定エグゼクティブ・コーチ 人材能力開発・雇用創造支援(業)日本におけるキャリア形成のパイオニア。 「生涯現役」を全うするための、独創的で最強のノウハウを提供しています。 日系・外資系企業数社を経験し、人事・総務並びに関連業務に関する豊かな経験と知識を蓄積。その間、社会保険労務士、産業カウンセラー、行政書士等多数の資格を取得。株式会社キャリア・ブレーン設立後、再就職支援サービスとキャリア・カウンセリングを数多く実施。アウトプレースメントビジネス立ち上げのコンサルティングの実績も豊富。 就職・転職ノウハウを確立した本邦における第一人者である。(外資系アウトプレースメント会社の日本での立ち上げ6社にノウハウを提供) 1996(平成8)年8月、株式会社キャリア・ブレーン設立、代表取締役に就任。2000(平成12)年8月、NPO/特定非営利活動法人 日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会を設立。理事長に就任。 2008(平成20)年11月、NPO/特定非営利活動法人日本エイジング・アドバイザー協会を設立。理事長に就任。