西田 隆行

シニアのスキルが新たな事業を産む!シニア起業が増えている背景とは?

ポイント(この記事は3分で読み終わります)
  1. 働き方改革がもたらす環境はシニアにとって住みヅライ?
  2. 大廃業時代でシニアのスキルは垂涎の的
  3. 人生100年時代…安定をとるか自己実現をとるか?

シニア起業のススメ

私は大学を卒業後、地元の信用金庫に入職し60歳で定年を迎えた。そこでは、健康で働きたいと思えば65歳まで働くことが出来た。私自身も定年後半年ほどはそのまま働かせてもらった。その時点では私の中に“起業する”というアイデアはまったくなかったのに…

あるとき、とある事業承継セミナーに参加した。そこで語られていたこと…地域を支える中小企業がなくなる、事業承継の場面に起こる親子間の断絶…長年、中小企業に向き合ってきたものにとって歯がゆいアルな現実がそこにあった。私のスイッチが入った瞬間だった。その1か月後、私は退職し起業した。セミナーから3か月後のことだった。シニア真っ只中での起業である。

働き方改革がもたらす環境はシニアにとって住みヅライ!?

「シニア」とはウィキペディアによれば“相対的な概念でいうところの年上の人”“高齢者”等とあるが、企業に勤めるサラリーマンにとって、「シニア」はどのような年齢層を指すのだろうか。

労働政策研修・研究機構が公表している企業従事者の賃金カーブを見ると、1976年、1995年、2017年の各調査のいずれも50~54歳で賃金カーブのピークが見られる。賃金の対価=仕事のパフォーマンスの視点に立てば、サラリーマンは入社後30年余でキャリアピークを迎えることになる(賃金カーブ表はこちらを参照して下さい)

では、サラリーマンのキャリアは55歳以降ピークアウトするのか、といえば決してそうではない。誰しも入社後、基礎的な業務スキル→専門スキル→マネジメントスキルといったキャリアを積み重ねていく。それぞれのスキルは簡単には失われない。

変化があるとすれば、企業とそこで働く従業員の関係性である。企業が考える社会との関わり方は時代とともに変化する(しなければならない)。昨日まで提供してきたサービスを、今日からまったく別のサービスを取扱うことはよくある話だ。企業の経営判断による既存スキルの陳腐化が生じ、これまでのスキルが求められなくなることがある。こうした企業のドラスティックな経営判断を、そこで働く社員が皆、受容するとは限らない。

企業と従業員の関係性に関して言えば、シニア世代のキャリア形成期と今とでは労働環境が一変している。サービス残業、ハラスメント対策等々従業員の権利保護が手厚くなっている。これは大変喜ばしいことだが、企業の経営効率で一人当たりの生産性が過度に追及されると、管理職に掛かる負荷がこれまでに増して高くなる。制限時間内に業務の達成と部下教育、また社内外からのクレーム処理などをこなしていかなければならない。自らの仕事に対する夢や理想と忙殺される日常業務での狭間で、シニア世代の

残り1488文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事

著者プロフィール

西田 隆行

中小企業診断士。1980年大学卒業後信用金庫に勤務。中小企業や小規模事業者へ資金繰りや財務のコンサルティングを行っている。また地域の中核企業、老舗企業の再生に深く関与。「事業を継続するための財務戦略」をメインテーマに活動している。2017年12月から、日本最大の起業・開業・独立者向けポータルサイト「助っ人」(www.suke10.com)の編集チームで、主に「銀行とのつきあい方、資金調達、事業承継」をテーマとしたコラムを担当している。