白根陸夫
株式会社キャリア・ブレーン 代表取締役

【第22回】シニア起業で勝ち組になる秘訣〜「事業案内」を考える

ポイント(この記事は3分で読み終わります)
  1. 事業創造への思いを載せる
  2. 何を目指すのかを明確に
  3. 社名・屋号・ロゴを早く決める

シニア起業支援家 白根陸夫の「事業案内」

前々稿では、シニア起業支援家 白根陸夫が指導する7点のワークシートを使ってのセールスツールづくりのプロセスを解説しました。この作業の成果物はレジメ(履歴書・職務経歴書)、添え状(標準型/DM型)、「事業案内」の三点でした。前稿ではレジメ見本を公開しましたので、本稿では、私共の事業を例にとり、「事業案内」見本を公開します。

事業内容【見本】

【ご挨拶】

21世紀は情報ネットワーク社会がますます加速し、マネジメントスタイルは効率性の追求から創造性の追求へと急速に変化しています。人事管理の在り方も従来の集団主義、単一管理から個性尊重、複線型人事管理へと転換が図られています。

これに対して働く側の意識の変革はいかにも遅々として進んでいないように見受けられます。元来人間は保守的で、変化に対してはできるだけ身を守りたいと考えるからです。頭では分っていても、なかなか具体的な行動に移すことが出来ないというのが現状ではないでしょうか。働く者にとって、今日のような経済の大構造変革期においては、自身を的確に分析・評価し、自らの人生を再設計し、夢や希望を実現する戦略を一日も早く構築する必要があるのではないでしょうか。

このような問題意識のもと、〇〇〇〇〇は、組織依存型人材が自立型人材へ自ら意識して変わり、自己実現へと向うことについて、情熱を傾けて支援させていただきたいと考えております。

キャリア・ビジョン

私共はクライアントの皆様の自らの「気づき」を尊重し、長い職業人生において、自分は「なにができて」「なにをしたいのか」というキャリア・ビジョンの策定を支援し、自己実現を図るためのサービスを提供していきます。

事業内容

[再就職支援事業]
〇〇〇〇〇の再就職支援事業部の人材コンサルタントがレジメ制作・面接指導・売り込み

残り1043文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事

著者プロフィール

白根陸夫

白根陸夫

株式会社キャリア・ブレーン 代表取締役

自分らしく働き生涯現役で活躍するための「顧問塾」主宰 株式会社キャリア・ブレーン 代表取締役 プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー® エイジング・アドバイザー®/認定エグゼクティブ・コーチ 人材能力開発・雇用創造支援(業)日本におけるキャリア形成のパイオニア。 「生涯現役」を全うするための、独創的で最強のノウハウを提供しています。 日系・外資系企業数社を経験し、人事・総務並びに関連業務に関する豊かな経験と知識を蓄積。その間、社会保険労務士、産業カウンセラー、行政書士等多数の資格を取得。株式会社キャリア・ブレーン設立後、再就職支援サービスとキャリア・カウンセリングを数多く実施。アウトプレースメントビジネス立ち上げのコンサルティングの実績も豊富。 就職・転職ノウハウを確立した本邦における第一人者である。(外資系アウトプレースメント会社の日本での立ち上げ6社にノウハウを提供) 1996(平成8)年8月、株式会社キャリア・ブレーン設立、代表取締役に就任。2000(平成12)年8月、NPO/特定非営利活動法人 日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会を設立。理事長に就任。 2008(平成20)年11月、NPO/特定非営利活動法人日本エイジング・アドバイザー協会を設立。理事長に就任。