白根陸夫
株式会社キャリア・ブレーン 代表取締役

【第23回】シニア起業で勝ち組になる秘訣〜売り出しに必須アイテム・名刺代わりの著作本

ポイント(この記事は4分で読み終わります)
  1. 名刺代わりの著作本とは
  2. なぜ著作本が必要か
  3. 出版の4パターン

売り出しに必須アイテム・名刺代わりの著作本

シニア起業支援家 白根陸夫の創業時の体験談です。

レジメ(履歴書/キャリア式職務経歴書)が出来上がった。「事業案内」もつくった。ロゴを決めた。名刺もつくった! 
「さあ、顧問先開拓だ!」と喜び勇んで街に飛び出しました。かねてからの馴染みの中小企業オーナー社長のもとへ数社ご挨拶に伺いました。相手は、はなしを聞いてくれました。提案時宜もよく、かなり乗り気になってきました。しかし最後にどこの会社でも異口同音に「ところで社長<人事コンサルタントであれば先生と呼ばれる>」なにかご著書は?」と聞いてきます。つづいて「こういう商売をするときは名刺代わりに著作本を置いてくものだよ」ともいわれました。

「人と同じことをしない」「人と違ったことをする」「どこにもない商品/サービス×どこにもない売り方」「既存市場で戦うのではなく、競争相手のいない領域を切り拓け」がマーケティングの鉄則です。新規商材や新規サービスの売り込みの時、買う方は不安です。失敗したらどうしよう。保身への恐怖です。ここで買い手を決断させる切り札著作本なのです。

これによって売り手に対する信用と信頼が一気に醸成され、この人物の言うことに賭けてみようという決断をさせるのです。稟議書をもって上司の前で、或いは社内幹部会議の席上で起案者は著作本を掲げ「こういう高名な先生にお願いするので間違いありません。ぜひこのプロジェクトの推進を私に任せてください!」と堂々と発言することができる、「著作本」はこのために必須のアイテムなのです。

オーナー社長自身が「顧問」を幹部会で紹介するときも同じです。
「縁あってこのたび先生を当社の顧問にお迎えして、先生の得意分野である『生産技術革新による生産性向上』にお力添えをいただくことにした。

幹部の皆さんは先生がお持ちの知見、経験、理論、ノウハウなどをよく伝授してもらい工程改善、購入資材の見直し、歩留り向上、品質検査合格率向上を図ることによって、今期目標利益の確保に全力で取り組んでもらいたい。」オーナー社長ここで「顧問」の著作本を右手で大きく掲げて、こう述べる。「先生のお力のほどは、先生の自著である『三現主義徹底でコスト削減、生産性向上の極意』に記されている。これから幹部に回覧するのでよく読んで、できることから即日実行せよ」。

だから「顧問契約」を取りたい者には名刺代わりに「著作本」を、売り込み活動前に用意してかからねばならないのです。逆に言えば「著作本」を持たず「顧問契約」を取りに行く売り込み活動はムダ、徒労なのです。このことは立ち位置を変えて考えてみれば、自身がオーナー社長になったとした場合、容易に理解できることです。幹部社員は「この顧問はどれほどの者だ、まあお手並み拝見と行こう」。これが全員に共通する心の内です。

これを一気に払拭させるのが、オーナー社長が右手に大きく掲げたあなたの「著作本」なのです! 

シニア起業支援家白根陸夫の創業時の体験談です。そこで早速、著作本制作に取り掛かりました。資料を整理しまとめてライターに渡しました。数度の打ち合わせののち入稿となり著作本を出版しました。

【シニア起業支援家白根陸夫の最初の出版物】

残り1562文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事

著者プロフィール

白根陸夫

白根陸夫

株式会社キャリア・ブレーン 代表取締役

自分らしく働き生涯現役で活躍するための「顧問塾」主宰 株式会社キャリア・ブレーン 代表取締役 プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー® エイジング・アドバイザー®/認定エグゼクティブ・コーチ 人材能力開発・雇用創造支援(業)日本におけるキャリア形成のパイオニア。 「生涯現役」を全うするための、独創的で最強のノウハウを提供しています。 日系・外資系企業数社を経験し、人事・総務並びに関連業務に関する豊かな経験と知識を蓄積。その間、社会保険労務士、産業カウンセラー、行政書士等多数の資格を取得。株式会社キャリア・ブレーン設立後、再就職支援サービスとキャリア・カウンセリングを数多く実施。アウトプレースメントビジネス立ち上げのコンサルティングの実績も豊富。 就職・転職ノウハウを確立した本邦における第一人者である。(外資系アウトプレースメント会社の日本での立ち上げ6社にノウハウを提供) 1996(平成8)年8月、株式会社キャリア・ブレーン設立、代表取締役に就任。2000(平成12)年8月、NPO/特定非営利活動法人 日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会を設立。理事長に就任。 2008(平成20)年11月、NPO/特定非営利活動法人日本エイジング・アドバイザー協会を設立。理事長に就任。