白根陸夫
株式会社キャリア・ブレーン 代表取締役

【第27回】シニア起業で勝ち組になる秘訣〜人脈拡大の秘訣

ポイント(この記事は3分で読み終わります)
  1. 人脈はつくるものではなく”できる”もの
  2. 暑中見舞いはがきの威力
  3. 付き合いたいと思われる人間になれ

人脈拡大の秘訣

第20回で解説した「自分の“ウリ”の見つけ方と売り込み方法」の第3段階は「人脈棚卸」でした。現有人脈の実態解明は「人脈リスト(WS⑤)」によって行います。人脈棚卸によって自分自身の社会的存在を客観的に認識することができます。人脈リストの左右・上下の拡がりを概観することによってこれからの人生の協力者となるべき人脈の方向性も見えてきたはずです。

そこで、次の作業として人脈を拡げるための方策や配慮を「シニア起業支援家 白根陸夫」が伝授します。顧問契約のほとんどは人脈で決まります。顧問(将来の顧問希望者も含む)は人脈拡大に不断に努力を傾注するとともに必ず成果を上げ続けることが要請されます。人脈拡大の勢いが鈍ることは、即受注減、競合に後れをとることに繋がります。地道な努力の積み重ねこそが繁盛する顧問への途なのです。

人脈はつくるものでなく”できる”ものである!

人脈づくりの第一歩は、「あの人は顔が広い」といわれている人たちの行動をじっくり観察すること。そういう人は決して人脈づくりにあくせくしていないものです。そもそも人脈とはつくるものではなく”できる”ものなのです。自分の能力や魅力を高め、他人から「この人と付き合いたい」と思われるようになったうえで、積極的に行動することによって人脈はいくらでも増やすことができるのです。

●誰と何のために付き合うのか予め自分の目標を明確にする。
⇒闇雲に人に会っては、お互いに時間の無駄。

●情報を一方的にとる態度は長続きしない。
⇒お互いがそれぞれ相手の人脈となれるかどうかがポイント。
⇒ギブ、ギブだけでは何も生まれない。

●時間泥棒とはだれも付き合わない。
⇒「何をしに来たのか結局わからなかった」と思われては、次からは会ってもらえない。
⇒相手の貴重な時間をいただいているんだと考えよ。

相手から何を得られるかではなく、相手に何を提供できるかを考える。
「この人と会っていると貴重な情報が得られる」と相手に考えられればよし。
⇒自分の貴重な時間を割こうということに

残り1232文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事

著者プロフィール

白根陸夫

白根陸夫

株式会社キャリア・ブレーン 代表取締役

自分らしく働き生涯現役で活躍するための「顧問塾」主宰 株式会社キャリア・ブレーン 代表取締役 プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー® エイジング・アドバイザー®/認定エグゼクティブ・コーチ 人材能力開発・雇用創造支援(業)日本におけるキャリア形成のパイオニア。 「生涯現役」を全うするための、独創的で最強のノウハウを提供しています。 日系・外資系企業数社を経験し、人事・総務並びに関連業務に関する豊かな経験と知識を蓄積。その間、社会保険労務士、産業カウンセラー、行政書士等多数の資格を取得。株式会社キャリア・ブレーン設立後、再就職支援サービスとキャリア・カウンセリングを数多く実施。アウトプレースメントビジネス立ち上げのコンサルティングの実績も豊富。 就職・転職ノウハウを確立した本邦における第一人者である。(外資系アウトプレースメント会社の日本での立ち上げ6社にノウハウを提供) 1996(平成8)年8月、株式会社キャリア・ブレーン設立、代表取締役に就任。2000(平成12)年8月、NPO/特定非営利活動法人 日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会を設立。理事長に就任。 2008(平成20)年11月、NPO/特定非営利活動法人日本エイジング・アドバイザー協会を設立。理事長に就任。