総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

行政書士を起業するという考え方

目次 [非表示]

行政書士は起業家です。

極端なことを言えば、行政書士を法律家だと言うと、思うと、認識すると失敗します。

行政書士は紛れも無い起業家なのです。

起業家的な行政書士の必要性

  当たり前ですが、行政書士の売上、年収、収入を決めるものは、事務所の売上です。

行政書士事務所の売上は、代表である行政書士の力で決まります。
 

imasia_16624837_M-300x200

  飲食店、不動産会社、 ホームページ制作会社など   全ての業種で全く同じです。

士業は、士業と言われ、行政書士は法律家と言われます。

確かに、普通に起業する人とはちょっと違う感じもします。
(法律家であり、国家資格のため、守られているような気がするということ)でも、売上がないと潰れます、売上を出すのは、代表の力であることは全く普通の起業と変わりません。

あなたが起業家になるのです。  

起業家とは

起業家として必要なことを勉強していなくてはいけせん。

起業家の大きな役割は、事業構想を企画し、実際に構想を具現化することです。

行政書士も、この起業家の大きな役割を実際にやってみる。

これに尽きると思います。  

昨日、お会いしました成功されている公認会計士の方も お客様と、会計事務所の業務でシナジーのある事業を立ち上げたことが、会計事務所の成功の大きな理由となっているというようなお話をされていました。  

行政書士、士業のお客様は、経営者や起業家ということが多いです。

実際に 「起業家である士業は、お客様に共感をされる」と思います。これは実体験でございます。

  是非、事業を考える癖をつけるといいと思います。

まずは、自分が起業家になったということを強く認識する。

そして、起業家として成功するための勉強をする。

また、商品である法律についてもしっかりと勉強する。この役割を知っている行政書士は強いです。  

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事