弁護士の集客方法はこれだ!~弁護士が学ぶべき集客力~

 司法試験制度の改正に伴い、弁護士の数も増えていく中、今まで以上にライバルに打ち勝つ集客方法が必要になってきます。試験制度の改正により弁護士事務所の数は急増していくことは目に見えています。正直なところ、現在でも安定した売り上げをあげている弁護士事務所はそれほど多くありません。

 そんな中でも継続的な売り上げを上げている弁護士事務所が多くあります。何が他の事務所と違うのかというと、それは、集客が安定しているからです。
集客が安定しない、つまり見込み客を定期的に持てない事務所は、売り上げが安定しません。売り上げの安定している事務所は、例外なく、安定した集客を行う方法を持っています。

集客の内容

集客方法といえば、色々ありますが以下に具体例を列挙してみましょう。
・チラシ
・ポスティング
・折り込み広告
・テレマーケティング(電話)
・ダイレクトメール(DM)
・テレビCM
・ラジオCM
・街中広告(看板)
・インターネット

 これらの集客方法の中で、チラシや看板、ポスティングやDMなどだけを使って集客できるというのは過去の話です。今の集客方法はどこに軸足を置くべきか、というとインターネット集客。これにつきます。いまやインターネットの影響力は図りしれません。SEO対策や検索されやすいキーワードなど、その道の専門家に依頼したインターネット戦略が必要になっています。

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事