【2018年版】お金の増やし方22選 種類別まとめ

ポイント(この記事は8分で読み終わります)
  1. お金を増やす方法を一挙紹介
  2. それぞれのメリットとデメリットを比較
  3. これからの生活のヒント

お金を増やすためにやるべきこと

あなたはこれまでに「もっとお金が欲しい」と考えたことはないでしょうか。これは誰もが一度は考えるテーマだと言えます。これからはお金と向き合い、増やしていかなければ生活が苦しくなります。「今の生活には困っていないから大丈夫」と考えている人でも、この先どうなるかわかりません。今後、経済環境が劇的に変わっていくことが予想されるからです。今より多くのお金を得るためには、当然ですがお金を増やすために行動する必要があります。

今後収入が増える見込みもないのにこれまで通りの生活を続けても、将来勝手にお金が湧いてくることはありえません。今のうちに対策を講じることが必須です。しかし、「自分には投資なんて難しい」とか「頑張っているのになかなか給料が上がらない」といった悩みをお持ちの方が多いのも現状です。色々悩むものの、なかなか行動に移せていない人もいるのではないでしょうか。実は、お金を増やす手段は投資や給料を増やす以外にも多く存在します。

ここではお金を増やす手段をまとめてご紹介します。それぞれにリスクや制約があるので、自分に合ったものを探してみましょう。できそうなものがあれば是非チャレンジしてみてください。参考になれば幸いです。

お金を増やすための4つの手段は節約、副業、投資、起業

お金を増やすにはどのような方法があるのでしょうか。大きくは以下の4つに分類されます。

節約する・節税する

普段使っているお金を減らすことで、自由に使えるお金を増やす方法です。今の支出を減らせば、当然より多くのお金を残すことができます。買い物を我慢するだけではなく、家賃や保険、車、スマホ代などの固定費を見直すことで無理なくお金を浮かせる方法もあります。また、サラリーマンであってもふるさと納税などを利用して、所得税や住民税を節税することが可能です。節約はスキルや経験に関わらず、誰でも取り組むことができます。

副業する

本業以外のビジネスでお金を稼ぐ方法です。クラウドソーシングや転売、代行業、不動産など、副業の種類は多岐にわたっており、自分に合った仕事を選ぶことができます。得られるお金はスキルや経験、労働量によって変動します。慣れないうちは、自分でビジネスに取り組むことは難しいかもしれません。しかし、うまく軌道に乗せることができれば本業以上の収入を得ることも可能です。

投資する

自分のお金を投資して、お金に働いてもらう方法です。この方法は、最初に元手となるお金が必要になります。定期預金や株式、FXなどがここに含まれます。投資判断さえできれば、自分の労働時間は必要ないことがメリットです。また、短期間で大きな収益を得ることもできます。しかし、運用を誤るとお金を減らしてしまうことも十分にありえます。また、毎年継続して収益を出し続けることが難しいことも特徴です。

起業する・ビジネスオーナーになる

自分のビジネスを持って、他の人やシステムに働いてもらう方法です。起業して上場を目指すような人、飲食店のオーナーや、フランチャイズ店の経営者などが含まれます。元手となる資金や、人のマネジメントが必要となります。投資と比べると、自分の裁量である程度コントロールできますが責任の範囲も広がります。しかし、他人のビジネスに対しておこなう投資よりも、自分のビジネスに事業投資する方が当然リターンは大きくなります。いきなり本業をやめなくても、週末起業などから始めることもできます。

お金を増やす具体例と特徴まとめ

それでは実際にお金を増やす方法をご紹介してきます。それぞれのメリットやデメリット、するべき準備や、必要な知識やスキルを事前に確認してみましょう。

ソーシャルレンディング(投資型)

お金を借りて事業に充てたい会社と、お金を貸して運用したい人をつなぐサービスです。投資する案件の性質を見極めることが必要となります。人気の案件はすぐにいっぱいになってしまったりすることも。ただお金をだすだけではなく、タイミングなどを的確に読むことが求められます。また、ソーシャルレンディングの運営会社への手数料がかかります。一度投資すると、途中解約ができないので注意が必要です。仕組みを十分に理解した上で始めるようにしましょう。

●メリット
・銀行預金に比べ利回りが高い(8パーセント前後)
・1万円から始められる
・投資先の企業が選べる
・自分が労働しなくてもいい

●デメリット
・元金が必要
・元本割れするリスクがある
・手数料がかかる
・途中解約ができない

●こんな人におすすめ
・本業が忙しく、時間がない人
・事業内容を見極めることに長けている人
・すでに貯金が十分にある人

●始め方
まずは口座開設が必要になります。代表的なサービスは以下のようなものがあります。

TATERU Funding
1口1万円から投資できる不動産投資型クラウドファンディング
SBIソーシャルレンディング
「1万円 から投資可能」「予定年利 3.2~10.0%」「利益は 毎月分配」
OwnersBook
不動産のプロが厳選する案件に投資
LCレンディング
◼️少額から始められる不動産投資
◼️運用利回り5.0~10.0%(年率・税引前)
■利息は原則毎月分配
■運用期間は短期から長期まで

自動積立定期預金(投資型)

普通貯金口座からあらかじめ決まった金額を毎月、自動的に積み立てる定期貯金です。およそ1年〜5年で期間を選ぶことができます。また金利は銀行によって異なりますが、良くて年利0.2%ほどのようです。仮に100万円を預けても1年で2千円しか増えません。その代わり、よほどのことがない限り元本が減らないという特徴があります。

●メリット
・原則、元本割れしない
・誰でも簡単にできる

●デメリット
・利率が低い
・途中解約が難しい

●こんな人におすすめ
・とにかく元本を減らしたくない
・使う予定のない現金が余っている

●始め方
各銀行の金利などの条件を調査した上で、口座開設をおこないましょう。

円定期預金

毎月の積立方式ではなく、一括で現金を定期預金する方法です。上記の自動積立定期預金とは違い、初めから預入金額が大きい人が対象です。

ステップアップ定期預金

満期を繰上げる権利を金融機関側に付与することが条件の定期預金です。金利は募集開始時点で決定されます。若干高めの金利を得ることができます。

純金積立

毎月決まった額のお金を積み立てて、金を購入する投資です。金は金融商品の中でも比較的値動きが安定しています。しかし、大きく増やすことは困難です。為替変動に備えて資産を守るという意味合いの方が強いかもしれません。

●メリット
・少額投資が可能
・保管コストがかからない

●デメリット
・売却益を出すことが難しい
・損する可能性もある
・手数料がかかる

●こんな人におすすめ
・大きな損をしたくない人
・初心者で何から始めていいかわからない人

●始め方
純金積立を取り扱っている証券会社で口座開設をしてみましょう。

類似記事

関連記事