起業と結婚のタイミングについて

起業を考えている起業志望者の方がとても多くいると思います。
そのような人の中でまだ結婚をされていない人も多くいると思います。

起業をするタイミングと結婚をするタイミングはいつがいいのでしょうか?

またどのように相手に伝えたりすることがうまくいく方法なのかについてここでは解説をしたいと思います。

起業して成功したい方は下記をご覧ください。
2019年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業
起業・独立・開業で失敗するパターン62選【起業支援の専門家が指摘!】

起業をする前に結婚をするメリットとデメリット

kekkon1

起業する前に結婚をするメリットとデメリットについては説明をしたいと思います。

起業する前に結婚をするメリットとは?

kekkon3

起業する前に結婚するメリットとしては、起業をする前にそのタイミングで将来起業をすることを伝えて、相手の方がオーケーと言うことで結婚することができる可能性があります。
あなたの結婚相手からするとこの日あなたはいつか起業する人だということを認識をしているわけです。
起業をいざしようと思った時にもタイミングはあるかもしれませんが、根本的に反対をされる可能性は低いと思います。

これは少数意見かもしれませんが、起業をした後に大成功をしてその後で知り合う女性とは異なり、あなたが起業する前からあなたのことを好きで結婚をしている女性になります。
ですからあなたの外見的なものであなた自身を判断をしているわけではないのです。
起業をする前に起業をすることを伝えた上で、結婚をすることができると言う事はとても2人の関係が強いと言う事が言えるかもしれません。

結婚をする前に起業をすることを女性の方に伝えておくことによって、将来の起業を予想させることが出来ます。
その間に結婚相手に十分な準備をする時間を削ってあげることができます。
リスクヘッジとして貯金や女性が働くといったような選択を考えることができ、成功する確率が上がります。

女性側のご家族にあなたが事前に結婚の前に起業をすることを考えていることを伝えることも出来ます。
そこで結婚を承諾してくれた場合には、いざ起業をするといった場合にも基本的には反対をせずに応援をしてくれる可能性が高くなります。
結婚前から起業をすることを伝えておくことによって、親族はじめ多くの方があなたの起業に関して応援をしてくれる仲間になってくれる可能性があります。

起業する前に結婚をするデメリットとは?

起業をする前に結婚をするデメリットとしては、結婚相手がものすごく保守的で堅実的な女性であった場合です。
あなたが起業をすることを考えていたり、または将来確実に起業すると言う意思を持っていた場合には結婚すること自体に対して不安や心配をすると思います。
最悪の場合には結婚すること自体ができなくなってしまう可能性があります。

これは相手の女性の問題もあるかもしれませんが、ご家族からの反対と言う可能性もあると思います。
またあなたがいつか起業することが決まっていた場合、女性としてはいつ起業するのかということを常に考えながら家計のやりくりや生活のやりくりをしないといけなくなるため、贅沢がしにくくなったり常にストレスやリスクを考えた形での家の生活が強いられることになってしまいます。

実際に起業をした後であなたや女性側も想像していたよりも大変な生活や起業自体がとても不安定なわけです。
その環境に2人ともなじめないと言う事は十分にあり得ると思います。
またどちらか一方が起業をする前との生活とあまりにもかけ離れた生活になる可能性もあります。

あなたも女性もどちらも一生懸命にやっているわけなのですが、それぞれが自分の受け持ちで自分の役割に精一杯になってしまうこともあります。
お互いが当たり前ですが、初めての事なので想像力が働かず、相手への配慮や思いやりが欠けてしまい喧嘩になってしまう可能性はとても高くなると思います。

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事