Question
起業に関するQ&A2019/02/13

いま会社員ですが起業の準備はどれぐらい前からすればいいですか?

いま会社員ですが具体的に起業の準備はどれぐらい前からすればいいですか?

矢印

質問に回答する

ペン質問に回答する
Answer

キャッシュフローをつくりましょう。

回答日時:2019/02/13 16:22:35

会社員の方が起業する前の準備として絶対にやっておいたほうが良いことは、すごくむずかしいことに思えるかもしれないが、起業した後一番困ることとして、キャッシュフロー。

お金を実質的に稼ぐということに一番困ってしまうわけなので、矛盾して聞こえるかもしれないが、起業前の準備で一番大切なのは、お金を稼ぐということを起業の前段階、準備段階でできるだけたくさんやっておけるととても良いと思っている。

皆さんがどういう形の起業家になりたいかということもあるが、自分のなかで、これは間違いなく売り上げが立つということがわかってその売り上げが自分が想像している売り上げ、または自分が起業したあとに必要なお金を超えているのであれば何の問題もなく起業することができるという意味で、早い人でいえばもしかしたら1か月でできるかもしれないし、できない人は半年かかるかもしれない。

明確に期間という枠組みでとらえるというよりは、難しいものを起業の前段階でできる限り終わらせておくことが大切だと思っている。なので、売り上げといっているが、見込みになるお客さんをたくさん作っておくことだったり、自分の商品やサービスを紹介してくれるとか宣伝してくれるという人を増やしておくとか。

闇雲に人脈を増やしていけば良いというわけではなくて、ダイレクトに一番の問題である売り上げをあげるということに関して解決する準備をされると良いと思っている。 その他の準備ももちろんいろいろあるが、まずは皆さんが勘違いしがちで一番どこで躓いているかというと手続きの準備は正直いらないと思っている。

専門家がいるので任せてしまえばよい。あなたがやることは売り上げをつくること、ということで準備をとらえていただくと良いかなと思う。

オススメの関連記事

2019年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業

個人事業主と法人とは?違いを超わかりやすく解説

回答者プロフィール

伊藤 健太

株式会社ウェイビー 代表取締役CEO伊藤 健太

慶應大卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、 資本金5万円で起業。 お金がなかったため、知恵を絞った伊藤独自のマーケティング手法を多数考案。 8年間で、累計10,000件を超える起業・その後の事業支援に関わり、 全国、北海道~沖縄までコンサル先累計500社超を抱えるまでに成長。 全然売れていない(月商0-100万円)小さい会社や個人事業主の売上を 数か月~2年の間で、年商数千万円~10億円を超えるところまでに持ち上げた実績でいえば 国内でも間違いなくトップクラス。  2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書5冊 NHK、日経新聞、エコノミスト、夕刊フジ、日刊工業新聞、CCTVなどメディア出演多数。


矢印

質問に回答する

ペン質問に回答する

回答するためにはログインしてください。

メールアドレス
パスワード

パスワードの再発行はこちら


新規登録はこちら

削除します。よろしいでしょうか?