Question
税・会計・法律に関するQ&A2019/03/01

権利侵害だとして訴訟トラブルに発展してしまいました

矢印

質問に回答する

ペン質問に回答する
Answer

権利侵害と訴訟トラブル

回答日時:2019/03/01 19:46:20

色々サービスがあるので、似たようなサービスもあると思います。
実際にサービスを始めたところ他の会社が商標登録をしていたケースもあると思います。

もしくは自社サービスと同じようなサービスがあったので差し止めしたいですなどもあると思います。 こういったトラブルが増えてきていると思います。
自分が権利侵害してしまう側に回ることもあるので、サービスの提供時点で他のサービスに抵触していないのか?

権利関係の調査はしっかりとした方がいいです。
相手からいきなり差し止めをしてくださいと言う場合で、サービスなら最悪いいですがプロダクトを売っていて工場が回っている場合には多額の損害賠償になります。

そもそも事業が停止になることがあります。 そういった部分は気をつけた方がいいと思います。
権利の侵害などは難しいと思います。 同じサービスじゃなくても似たようなサービスの名前などをぱくってしまった場合でもダメです。 (白い恋人と面白い恋人など) サービスを考える場合には、パクリじゃないですが真似をするのも大事な要素だと思います。

真似をしすぎるとトラブルにもつながりますので気をつけてください。

オススメの関連記事

2019年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業

個人事業主と法人とは?違いを超わかりやすく解説

回答者プロフィール

荒川香遥

荒川香遥

東京弁護士会。弁護士であり僧侶(浄土真宗)としても活動。

業界向け執筆(交通事故2冊、宗教法人3冊)。不動産法務。交通事故単独主任700件突破。お坊さんとしてお坊さん向けの法知識も不定期配信。


矢印

質問に回答する

ペン質問に回答する

回答するためにはログインしてください。

メールアドレス
パスワード

パスワードの再発行はこちら


新規登録はこちら

削除します。よろしいでしょうか?